10分間
評価: 0+x

— D-1019?D-1019、返事をしろ。

ドアをノックしていた警備員は、ちょうど10分の休憩を取るつもりだった。彼はビュッフェに行き、新しいコーヒーマシーンでコーヒーを煎れてのみ、ちょうど彼が警備しているこのおぞましい物体の保管室に戻るつもりでいたのだ。しかし、いつものように、そう決めたとき、問題が発生した。ビュッフェまではわずか100mだというのに!

彼は財団の警備員として何年も働いてきた。たくさん。彼はDNA検査を何度受けたか覚えてはいなかったし、彼のことを記した書類は、文字よりも黒い塗りつぶしのほうが多かった。基本的に、彼は施設を警備するに当たってきちんとした準備と定期検査をおこたらなかったので、彼が何を警備しているのかを知る由は無かった。さもなくばー懸命な科学者たちが忠告したとおりー彼の精神に不可逆な影響を及ぼしただろう。当然ながら。

彼は、コーヒーを飲むことができると思い起こしただけでうれしかった。しかし、突然問題が発生したのだ。

— D1019、とりあえず落ち着いて、ここを開けてくれないか。 — 彼は2回ドアをノックした。

おい、他のやつはどこだ? — 彼は、時計を眺めながら思った。 —このくだらないことにつき合わされている間に残りの休憩時間は8分になっている。
彼は歯軋りをした。

— D-1019、私はここをこじ開ける道具を持っているんだぞ。 — 彼はできる限り感情を抑えて話しかけるよう勤めた。

— こんなことで — 彼は不穏でイラついた声でつぶやいた。 — このドアには電子ロックがかかってて、そのロックは彼らだけが空けられるものだ。このクソッタレはそれを理解してるのか?

D-1019 — 警備員は苦りきった思いで繰り返す。彼はあたりを見渡した。みんなどこに消えやがった?— と彼は思案した。彼は自分の心臓の音を聞くことができた。ビュッフェからも、いつも聞こえるスタッフの騒がしい物音が聞こえてこない。— D-1019、おい…

— あんた、どうやって俺の番号を知りやがった!? — 彼の声が呼びかけを中断させた。 — 俺はてめえのクソッタレな一挙手一投足を監視してるぞ!

— D-1019 — 警備員は目を細め、ドアに手を突くと、こめかみを指でもみしだいた。 — 俺はお前が「おい!」と呼ぶのを聞いたから来たんだ。お前のユニフォームの背中に書いてある番号はお前が補給室にいるのを見つけた時点で目に入ったよ…

— そのとおりだ! — 彼は再び叫んだ。 — ここは補給室だ!俺はここだ…ここにいて、クソッタレ、銃を持ってる!わかるか!すげえ銃をな!てめえが何をしようとしても…その前にてめえを撃ってやることができる!

— D-1019、俺はこの仕事を長年やってる。俺はこの部屋が空っぽなのを知ってるんだ。お前にもわかってるはずだ。なんせお前はいまそんなかにいるんだからな。それに、暗いとこじゃクリアランスレベル1以上のやつだけが電気をつけて、棚を開けることができる。反対側の緑色の光が見えるか?

— あぁ。あれは顔認証か?クソみてえな、顔認証か!

— そいつは顔認証じゃない。でもなD-1019、そいつはカードリーダーだ。 — 警備員は言ってから、彼が口を滑らせたのを後悔した。私が顔認証であるといい続ければ、おそらく彼はあきらめただろう。クソッタレが。 — 彼は少し考えた後に続けた。 — てめえが最低限のクリアランスと素敵なカードをもってりゃそいつを空けることができる。だが、お前は少し幸運だった。誰かがここを開けっ放しにしてたからお前はそこに入れたんだ。ちがうか?

— あんたは私が入るところを見たはずだ。なぜそんなことを聞く必要がある? — D-1019はますますヒステリックに応答する。

— それは、 — 警備員はチャンスが来たと踏んだ — これが不正な進入であるからだ。そうだ。この城はてめえが逃げ出した素敵な紳士様しか開けられねえってことだ。またはその同僚だけだな。だが…ドアノブの少し上にあるボタンを押せば、お前にもそれができるぞ。

— あぁ、畜生、知ってるさ。もし俺がここからでたくなったら、使わせてもらうさ。 — D-1019はもはや動揺をうまく隠せていなかった。

— それがポイントだ… — 警備員はますます圧力を強めた。 — もしお前がセキュリティレベルとカードを持っていなければ、そう遅くないうちに警報がなるだろう。んでしばらくしてカードを持ってる誰かが来て、ここを開けてやるまでお前はそのままだ。しかしそのときにくる俺の仲間のketer配属警備員や、博士ははたして寛容で紳士的かどうかは約束できないとだけ助言しておくぞ…

— いやだ!博士には連絡しないでくれ!やつらに知られるのはいやだ! —

警備員は一息ついた。

— じゃあこっちへ来い — 彼は言った。4分か、とかれは思った。コーヒーにありつけるだろうか。 — D-1019 — 彼はさらに続けた。 — あと4分たったら私はここから去るぞ。

— いやだ、行きたくない。戻りたくないんだ。 — D-1019は悲痛な声を上げ、泣き出したように思えた。

もうコーヒーを飲みに行かないと間に合わんな。 — 警備員はそう考え、きびすを返し、ドアから数歩離れた。それから彼は無線をつかみ、通話を始めた:

— D-1019のためにだれかがここに来るよう手配しよう。

応答なし

— 誰か? — 警備員は繰り返し、不安を募らせた。 — おい?応答しろ。

彼はゆっくりとあたりを見渡した。白い廊下は、壁に立てられたいくつものハロゲンランプで照らされていた。彼は自分の影を見つめた。彼が見つめれば見つめるほど、それは小さく、薄く、弱く見えた。

何かあったに違いない。 — 彼は思った。数秒後、彼はそれが二重に見えることに気がついた。頭を動かすのも困難になっていた。廊下が長く伸び、ハロゲンランプの明かりが弱くなった。

— お前からコーヒーを取り上げてやる! — 突然無線に反応があり、警備員は飛び上がった。

— もしもし? — 彼は雷に打たれたかのように応答した。 — もしもし、いったい誰…

お前に名乗る名前はない。 — 彼は激しく考えをめぐらせた。 — 彼は大丈夫だ。俺はとにかく、マジでコーヒーを飲む必要がある。

彼は廊下の端に向かって歩き始めたが、2歩ほど向かった後もとの位置へと引き返した。

— D-1019 — 彼は彼が意図したよりも大きな声で、ドアに顔を近づけ言い放った。 — 私はさっき言った通り、もう行くよ。他人があんたを見つけたところで、お前の賃金はかわりはしないさ。

そして返答を待たずに、彼はビュッフェへと向かった。

彼がそこにたどり着いたとき、彼の最悪の想像は現実となった。-そこは空だったのだ。財団内無線すら動作しなかった。ひたすら「通信状況が悪い」時に流れる曲が流れるのみだ。彼はたった一人だった。しかし、彼にそのことについて考えるだけの時間はなかった。彼はコーヒーマシンまで一直線に突き進んだ。しかしながら、驚くべきことに、彼は味を選ぶ必要は無かった。ミルクと砂糖の入っていないエスプレッソの入った紙コップが、フィーダーから取り出されるのをまっていたのだ。警備員は夢にまで見た飲み物をつかむと、その温度を無視して一気に半分を流し込んだ。彼は、財団の博士2人が突然ビュッフェに入ってきたとき、痛みに震えていた。二人とも胸に掲げられている名札から、レベル4のクリアランスを持っていることが認識できた。

警備員はマシンのそばから飛び出し、信用にたる人物たちにD-1019が使用されていない補給室で閉じこもっていることを説明し、なぜ建物のどこもが無人で、無線にも何の応答も無いのかを確認したかった。しかし、のどのやけどは、彼にかすれた息を吐かせるのみだった。

2人の博士は彼に気がつき、そのうち背の高いほうの1人が警備員のほうへ向かってきた:

— 君の休憩時間は1分前に終わったはずだがね。君の犯したミスのせいで、君の警備しているオブジェクトが収容違反を起こし、サイト全体が大混乱になっていることを認識しているかね?

— 私は… — 警備員は、完全に混乱し、瞳孔が広がり、息が詰まるのを感じた。

— したがって、 — もう片方の博士が口を開いた — 君は解雇される。我々は君を降格させ、我々は再び君と合うことになるだろう…

警備員にはもはや何も聞こえなくなり、繰り返し鋭い耳鳴りがしていた。彼にはもう何をしているのか認識できなくなっていたが、博士はきびすを返し、廊下のほうへと歩き始めた。彼は、彼がどこから来たのかを考えていた。彼はオブジェクトが本当に脱走したのかを確認したかった。

何が望みだ?彼はどこへ行けばいいかわかっていたか?いいや。彼が理解していたのは、彼はとにかく速く逃げなければ鳴らないということだった。さもなければ、彼は生き残れないだろう。

彼は角を見逃した。彼の視界の端から、右に数十メートル離れたところに、別の警備員を見つけた。

きっと助けてくれる— 彼は良く考えもせずに叫んでいた:

— おおい!

彼は理解していた。しかし、やらずにはいられなかった。彼は注意深く辺りを見回し、別の機会が、幸運の申し子がないかを探しー部屋のドアが少し開いているのに気づいた。彼は警備員を呼んだことをすっかり忘れ、無我夢中で中に飛び込んだ。同時に、彼は意識を失った。

視界の暗転。

彼は酷い頭痛で、再び目を覚ました。彼は、彼の警備していた部屋にいることを知った。彼はここから出られないことを知っていたので、彼自身を博士に引き渡すことはできなかった。彼は、それ以外のことを忘れていた。

— D-1020? — 彼は、突然反対方向からの声を聞いた。 — D-1020、返事をしろ…


新しいループが開始されました。これは効率的なシュミレーションです。被験者は無意識の間にテストされます。続行しますか?
続行する。試験項目は100以上あるからな。 — ███████博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。