実験記録241-L02:SCP-241の追加実験
評価: 0+x

初期実験と同様に、SCP-241の全ての実験は特に明記されていない限り、サイト-19の実験調理室でDクラス職員を使って実施されました。


実験241-21, ██/██/20██

被験者: 被験者241-Jは標準的な人間の中から選びました。健康診断で被験者はピーナッツアレルギーが示されました。アレルギーの程度は[削除済]実験で調べました。

手順: 被験者はSCP-241を一旦閉じ、指定されたページ数を複数回開くよう指示されました。SCP-241を開くたびに、その内容を記録して書き写し、被験者は[削除済]実験を受けました。

結果: 被験者がSCP-241を開くたびに[削除済]実験でのアレルギー反応が悪化して行きました。被験者のアレルギー反応が最も強かった料理は最初にSCP-241を開いたページのレシピで、SCP-241を開くたび反応を薄くなっているように推察されます。しかし被験者のアレルギー反応は[削除済]指数で"軽度"から"重度"へと変化しました。

被験者がSCP-241を閉じ、再び開くと、ほとんど同じレシピが現れました。SCP-241を開き直すたび11から17(含む)の新しいレシピが現れました。入れ替わったレシピは再び現れませんでした。"エキゾチック"なレシピは4回目のSCP-241の開き直しでたった一度だけ入れ替わりました。今実験のSCP-241の全内容は[削除済]で見ることができます。

考察: SCP-241の影響力は収穫逓減の法則に従っていると推測されます。SCP-241のレシピは目標の特定の条件に合わせて現れるようですが、それを証明するには非常に多くの実験をする必要があります。SCP-241の通常実験で出されるレシピを解析することを提案します。


実験241-22, ██/██/20██

被験者: 被験者241-Kはアカゲザルです。健康診断において食物アレルギーやその他健康上の問題も見られませんでした。

手順: 被験者にSCP-241を紹介し、調教師に開かせるよう促しました。調教師は被験者にSCP-241を再び閉じることから指示しました。

結果: 被験者がやっとSCP-241を開くと、調教師は分析のために開いた状態にしました。 目標が珍しい動物にもかかわらず、SCP-241の内容は以前実施した甲殻類アレルギーでの実験のように一貫して甲殻類を示しました。実験で被験者は甲殻類アレルギーになったことが確認されました。SCP-241の料理は被験者241-Fによって調理されてから被験者241-Kに与えられました。被験者241-Kは躊躇なく料理を食べ、9分後、以前の実験と同様にアナフィラキシーショックで死亡しました。

考察: SCP-241は(特定の)非人間に対しても人間と同様の効果を発揮します。現在判明しているSCP-241の働きは、SCP-241を開いた対象のすべて潜在的なアレルギーに働きかけるということです。


実験241-23, ██/██/20██

被験者: 被験者241-Lは危険物用の遠隔操作ロボットです。

手順: 被験者は[削除済]によって遠隔操作でSCP-241を開くよう指示されました。

結果: 被験者は遠隔操作によってSCP-241を開きました。SCP-241の内容は閉じる前と同じでした。

考察: 非有機体ではSCP-241は反応しないようです。


実験241-24, ██/██/20██

被験者: 被験者241-M/859-Eは標準的な人間の中から選びました。健康診断でアレルギーは示されませんでした。

手順: 被験者はSCP-859に触って晒されます。それから被験者にはMOPP-4収容スーツを着てもらいます。被験者にSCP-241を開いてもらい、開放したままにします。

結果: 被験者の肌のサンプルにより通常SCP-859に触れた時と同様の重大なクモ毒アレルギーが確認されました。[削除済]に軽い焼け跡ができました。SCP-241は以前のレシピのまま保持します。

考察: SCP-241は物理的接触を必要とします。


実験241-25, ██/██/20██

被験者: 被験者241-M/859-E

手順: 被験者に通常のDクラスのユニフォームが渡されます。被験者にSCP-241を渡し、開くよう指示します。

結果: 被験者はSCP-241を床に落とすと叫び始めました。SCP-241は[削除済]で静止しました。被験者には簡易の鎮静剤が与えられました。SCP-241はクモ型動物ベースのレシピが載っていました。被験者241-FにSCP-241から"Mr.スケルトンのハロウィーン・スパイダー・スナック"を選択してもらい、調理してもらいました。被験者241-M/859-Eは重度のクモ恐怖症に陥り、[削除済]。2分以内に被験者は呼吸困難と部分的なしびれを引き起こしました。この後も典型的なアナフィラキシーの症状は続きました。直ちにエピネフリンを投与しましたが被験者の死亡を阻止することはできませんでした。

考察: SCP-241の写真は通常、愉快で美味しそうのものですが、今回はそのような写真は見られませんでした。検死によりハラグロシボグモの神経毒が確認されました。選択した料理のバナナのかごを調べると[削除済]。ヘリコプター███████ ██████。地元農家は[削除済]。


SCP-241に戻る

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。