SCP-835 非検閲版
評価: +1+x

SCP–835

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-835は監視され、新たな成長をチェックされることになっています。SCP-835が敵対的な行動に出た際には、敵対的行動が停止するまで鎮圧戦術A-A6を執行して下さい。いかなる形式の監禁であっても、SCP-835は極めて敵対的な反応を示すため、収容エリアは常に外海との接触を維持しなくてはなりません。

SCP-835から排出される廃棄物は即座に収集され、収容されなくてはなりません。SCP-835に対しては[データ削除済](1)からなるエサを一日に二回給餌することになっています。提供された現在の地点ではこれ以上SCP-835を維持できなくなった場合、年に二度、新たな地点にSCP-835を移動させることがあります。移動にはサイト司令の許可が必要です。

職員はSCP-835に対して、最低5mの距離を維持しなくてはなりません。SCP-835付近で任務を行ういかなる職員も、巻き上げウインチに繋がった安全帯の着用が義務付けられています。SCP-835のコンタクトがあった場合、即座にすべての職員は撤退し、鎮圧戦術A-A6を執行して下さい。コンタクトが職員の完全な捕獲という結果に終わった場合、対象者が解放されるまでSCP-835は監視され続けます。

説明: SCP-835は8トンの重量を持つサンゴ様ポリプが集積した物体です。個々のポリプは既知のいかなる種のサンゴよりも大きく、幾つかのケースでは直径1m以上にまで成長することがあります。中央の集積体は卵型に近い形で、極めて大きな(直径3m以上)のポリプとそれぞれ"末端"で繋がっています。SCP-835には移動能力がなく、SCP-835のポリプから大きな触手を伸ばし、それ自身を固着させます。これらの触手は粘着性の物質によって覆われ、食餌にも利用されます。この触手は極めて大きな力を持っており、鉄板に損傷を与えた例も観測されています。

SCP-835の"サンゴ"は極めて固く、小さなサンプルを集めることにさえダイアモンドピットを備えた強力なドリルが必要です。SCP-835は極めて速い割合で成長します。増加した質量は一日あたり22.68kg(50lbs)に及びます。SCP-835は様々な化学物質の影響を受けます。これは、SCP-835を"封印"し全ての成長を24時間の間止める事が可能であり、研究が進められると同時に、鎮圧戦術A-A6にも用いられています。テストの結果[データ削除済](2)。

SCP-835は一日に数回、大量の半流動体の物質を大型のポリプの"末端"から排出します。この物質は、半消化状態の物体、糞便、精液から成っているものと思われます。この集積には幾つもの形態のウイルス、バクテリア、寄生虫が含まれており、これらの多くはSCP-835でのみ見られる種です。835-I5バクテリア(bacterium 835-I5)は封じ込めにおける大きな懸念を生み出す存在の一つです。その原因が[データ削除済](3)。この、SCP-935の持つ一組の極めて堅固な"殻"は無力化に対する主要な障害です。SCP-835を"こじ開ける"いかなる試みも、内部の"泥漿"をばら撒き、835-I5を感染させる事態を招きます。

――

削除済みデータセクション (1) - 警告:レベル2 クリアランスが必要です!

[(SCP-835に対しては)どのような現地の水棲種を与えても構いません。給餌は常に監視されるべきです。また、いかなる理由があろうとも予定外の給餌は行ってはなりません。SCP-835が"憤怒"状態に入った場合、より高度な哺乳類を与えるべき場合もありえます。これには、ホモ・サピエンスも含まれています。高度な哺乳類の生命を消化している間、SCP-835は高い従順性を見せます。また、前述のような種類の食餌を与える事は、実験フェイズを行うにあたって許可されており、推奨されてもいます。]

――

削除済みデータセクション (2) - 警告:レベル3 クリアランスが必要です!

[(テストの結果は)SCP-835が人間の生物学的構成要素から作られていることを示唆しています。外殻は超圧縮カルシウム、ポリプを覆う"キャップ"は歯エナメル、触手は変異した舌細胞から形成されていると思われます。人間の生物学的システムのほとんどが存在しますが、多く(神経系、リンパ系、循環器系、その他)は著しい変異と萎縮が見られます。消化系、及び生殖系は、ともに高度に発展し、結びついています。糞便と精液は同じ"チャンバー"に集められ、排出されます。

SCP-835は様々な大きさの、数百の"チャンバー"によって構成されており、一つの大きな中央"貯蔵庫"チャンバーがその中心にあります。それぞれのチャンバーは食物の消化と生殖子の生産能力を持っており、前述の物質やいかなる排泄物や未消化の食物も"貯蔵庫"チャンバーに送られ収集されます。一旦"貯蔵庫"チャンバーが一杯になると、一度の痙攣がチャンバーの収縮を誘発し、集められた"泥漿"を周囲の水へと排出します。これには生殖と排泄物の処分双方の意味がある事を示しています。]

――

削除済みデータセクション (3) - 警告:レベル4 クリアランスが必要です!

[(835-I5バクテリア(bacterium 835-I5)は封じ込めにおける大きな懸念を生み出す存在の一つです。その原因が)835-I5がSCP-835の生殖サイクルの一部を担っているからです。SCP-835に感染した脊椎動物は以下の特徴を経ることになります。

体重増加の上昇(一日あたり10-20lbs)。
不断の飢え。
通常不快/美味でない物(生肉、内蔵、草、木)を食べたくなる欲求。
肌の硬化/石灰化。
ポリプの肌からの発生。
知性と敏捷性の急激な減少。
攻撃性の増大。
海水に入りたいと言う欲求。
多くの主要な生物学的システムの萎縮

感染の最終段階では、感染者はSCP-835の分枝体の一つへと変わります。感染者になんらかの知性が残っているかどうかは未だ確定していません。しかし、SCP-835は一定の知覚を持っているように思われます。835-I5は極めて高い感染性を示しており、感染者の68%が感染の最終段階まで感染が進行します。835-I5の効果を停止、あるいは逆転させる治療法、抗生物質は存在しません。]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。