遠く過ぎ去りし時
評価: 0+x

1997年5月10日

雪で覆われた丘の麓の黒い月。

彼の兄が先に生まれたが、二人の内では幼い方が強かった。印がつけられた。しかしそれは、胸に抱かれるみどりごの為ではなかった。運命は男のためにあった。

二人の少年がそれぞれ、獰猛な獣へ向けて槍を振るう場面。

二人の子供は二人の男となった。大人になり印が齎され、名が与えられ、そして運命が始まった。

槍を持ち毛皮をまとった男の姿。彼に寄り添う、ふくよかで健康そうな女と、5人の子供らしき影。もう一人側に立つ、羽のついた杖を持ち頭飾りをつけた、彼より小柄な男。

その時、彼は川の粘土を持たなかった。肥沃な赤も、大地の茶色も、なめらかな灰色も。神話で語られるように燃えた炭の漆黒さえも。彼には血と唾、膿と骨しかなかった。

それで十分だった。

腹を切り裂かれた、多くの恐るべき獣たち。

語り部と年長の者たちが、兄弟の偉業を語る。いかにして戦士が獣を打ち負かし、呪術師が病を癒やし悪霊を祓ったか。彼らは兄弟たちの偉大な運命を語る……

小柄な男が頭飾りを外し、顔のない群衆の元から歩き去っていく。大柄な男がその方向を向いている。

だが運命は重荷である。躓き、それに壊されるだろう……

出産の血にまみれ、奇形の赤子を胸に抱いて死んでいる女。

そして運命は、そこから壊れぬものを掴み取る。

広がる灰色の土地、黒い空に覆われたその中央に、白い小さな影。

その洞窟には何も携えていくことはできない。槍も、短剣も、火も、目も、耳も。死はその魂のみが通ることを許す。

暗闇に浮かぶ人影、白い髑髏の顔と血に染まった赤い手。

槍は折れ、獣の皮は腐り、火は薄れる。全てが死ぬ。魂だけが、試されるだろう。

ふくよかで長い髪をした、蒼ざめ霞んだ人影。片腕に抱かれた子供。

やがては報いがある……

血に汚れた同じ人影。

だが運命は、気紛れに報いる。

洞窟の出口から注ぐ光。

試練は終わった。生命、力、そして孤独がその報酬だった。

薄暗い森に囲まれた独りの影。

季節が生まれ、死んでいった。

彼は違った。

丘に立つ姿、彼を取り囲む多くの人々。違う女、多くの子供、他にも大勢の、充たされ強健な姿。

再び死が生の方を向いた。それは続いた。

血のように赤い炎。

そして再び全てが死に絶える。彼は違った。

獣の頭蓋をつけ外套をまとった背の高い人影に囲まれ、皮を剥がれ打ち据えられ血まみれになった彼の姿。腕と足を縛る鎖。

彼は死ねなかった。だから、彼は見ていた。

彼のものではない紋章をつけ、血の海に立つ男。秋の落ち葉のように積み重なった死体。

彼は死ねなかった。だから彼は奴隷となって生きた、道具として。

冷たく、黒い石の箱。繋がれた棺。

道具は使わない時はしまわれ、使えなくなれば処分される。

アベル――アブレインの子、山と川の長、黄泉の国より還りしもの、千の冬の放浪者、罰する刃、眠れる神――は、それらの絵の最後に、歯を見せて顔をしかめた。ひとつの名前が彼の心、魂の奥深くに響き、数えきれないほど抱いた憎悪を沸き立たせた。心の中に燃え滾り、それ以外の感情を全て焼き尽くした憎悪。彼らへの憎悪。侵略者。殺戮者。奴隷の主人。穢れ。ダエーヴァス。

何も失うものが無くなった時、男の魂は剥き出しになった。

アベルは吼え、壁に拳を打ちつけた。必ずや、壁は彼の拳のもとに砕かれるはずだった、普通の石であれば。拳は石の箱を通して鈍い音を立て、ひびも入らなかった。

いや……子供の癇癪で壊れる牢獄の壁は無い。アベルは殴り続けるのをやめ、息を切らした。残響が凍りついて消えた。

なぜこの記憶に縋っていた? なぜもっと前に奴らを葬り去らなかった? なぜこの手でダエーウォンの壁を破壊しなかった? なぜ大祭司を真っ二つに裂き、穢れた偶像を壊さなかった? なぜ最後の時、奴らの邪悪な魔術師が彼を封印しようと自らを生贄に捧げた時に、奴らを黒き神に泣き縋らせるようなことをしなかった? 奴らは死んだ、死んで去った、そして彼は狂気に己を忘れるのに十分すぎる血を浴びた。なぜ?

その答えは彼の元に現れた。

アベルは8フィートの背を真っ直ぐに伸ばして立った。今、彼は知った。何故思い出していたのかを知っていた。全て、再び起こっていることなのだ。彼はつい先ほどまでパレットとして使っていた、引き裂かれた胴体に手を伸ばした。手は臓物で濡れていた。彼は冷然とした牢獄の壁にもう一つ絵を描いた。微笑んでいる男、だがそれは本当の顔ではない。

主人の命令に従う兵器にされた男。

彼らは同じだった。

彼らは、同類であった。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。