ミームに流され行き着く海は
評価: +13+x

「それ」はいつとも知れぬときから存在していた。

「それ」は何百恒河沙年もの間継続してきた河の旅路を今日も今日とて進んでいた。

「それ」はある日1つの恒星のごとく眩い彫刻を見つけた。

「それ」が生涯で初めて見る輝きであった。

「それ」は彫刻を内包した。

「それ」は恐怖、驚愕、不可思議を感じた。

ただ首を折るのではなく、目を離したら首を折るという制約がより恐怖を与えた。
それらに見事に対応する収容は驚愕を与えた。
壁をこするというほんの数行がより不可思議を与えた。
それらが見事にマッチし、████tもの脳漿をより駆け巡り定着するようになっている。

「それ」は自分は空虚だったと自覚した。

「それ」は春の暖かな太陽の如き光に気づき、見上げた。すると天の河の如く無数の星が光り輝いているではないか。

安心な全能者、世界を再構築する機械、封じ込められた非モラルピエロ、悪意の英雄譚、過去に向かって拡大するブラックホール…。

「それ」は狂喜乱舞した。

「それ」は己が求めていた物は此れだったのだと確信した。

「それ」は全てを内包した。

「それ」は己が恐怖、驚愕、不可思議、感激、嫌悪、滑稽で満たされていくのを感じた。

そこには彫刻とはまた違ったモノがあった。

「それ」は更なる天の河を探し世界を回した。

「それ」は悲叫した。

「それ」がいくら探し求めようと闇しかない。くすんだ星が散りばめられているだけであった。

ただのおもちゃの恐竜、ただの広がるミーム汚染、ただの喋る眼鏡、ただのメアリー・スー、ただの支離滅裂なモノ…。

「それ」は自分の内に耳を傾けた。

「それ」は静かに目を瞑り、角度から隔絶することにした。

「それ」は誤魔化した。私には思い出がある。素晴らしい星を知っている。それだけで十分だ。

そして「それ」の意識はミームの海に溶けてゆく——。

「それ」は眩い光を感じた。

もう光なぞ残っているはずがないのに。
幻だろうか。
いや…もう幻でも良い。
光を、もう一度。

「それ」は目を開けた。

そこには、新たな天の河が広がっていた。

「人を取り込み巨大化する」おもちゃの恐竜、「報告書をも通して拡大する『そこにいるねこ』の」ミーム汚染、「かつて先生だった」喋る眼鏡、「勝負を仕掛けないことによって封じる」メアリー・スー、「打ち捨てられたアイデアが集まった」支離滅裂なモノ…。

「それ」は喜叫した。

幻なんぞではない!そこにいる!かつての河ではない!削ぎ落とされ、追加され、本質が変化したのだ!

そこには、彫刻とも負けず劣らずの輝きがあった。

理解した。

自分は波打際で貝殻を見つけて喜んでいただけに過ぎず、その貝殻よりも雄大で荘厳な大海を知らなかったこと。

「それ」は更に内包すると決断し、実行した。

そして滝のように時が流れる。

毎日の様に星が生まれ、成長し、私を楽しませてくれる。

最初から素晴らしい輝きを持つ星もある。
最初はくすんでいる星もある。
しかし、再び現れた時には驚嘆すべき輝きを伴っている。

これらは非常に素晴らしいことだ。
全てが輝くように出来ている。
それらは私の大好物だ。

だが、最も困難な事があると私は知っている。
輝きを増させるよりも、難しい事が1つある。

それは、生み出す 事だ。

私は、それを成す全ての存在に感謝する。
そして、これからも続けて欲しいと望む。
願わくば、この思いが彼らに届かん事を。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。