上工について

財団は中華異学会等の要注意団体の文献中に、「上工」の断片的な資料を発見し、資料を整理した後に得られた結果は以下の通りである。

「上工」の創始は紀元前2660年前後であり、初代指導者は岐伯である

要注意団体・The Doctorは、「病魔」は「病原体」の概念の具現化である可能性が極めて高いと考えている

「上工」は組織外の人間に医療技術を伝授することを厭ってはいない。事実上、彼らは何度も自分達の理解する医術を組織外の人間へ伝授し、何度も政府を助けて疫病に対処してきた。

「上工」の使用する道具は通常、異常な技術により作成された医療機器を使用する。

「上工」は秦王朝政府の助力の下、南方の「病魔」の集結地を制圧した。

後漢時代、「上工」は漢軍に伴い匈奴へ出征し、西方の死の騎士と初めて接触した。

後漢末期~三国時代の著名な医師華佗は「上工」の議会である「杏林衆」1構成員であると確認されている

唐王朝時代の「上工」の活動の一つに、唐王朝の軍とともにパミール高原付近で、黙示録の四騎士の一「疫病」とその軍団を迎え撃った

宋王朝時代、「上工」は正式に中華異学会と関係を結んだ。「上工」と中華異学会の関係の程度を示す証拠は無い

元の時代、「上工」の活動は地下に潜り、中華異学会との関係は一時的に失われた

元王朝末期、「病魔」の活動は徐々に増加し、要注意団体「上工」は前期の抵抗中に著しく損なわれ、その後朱元璋の助力の下、「上工」は改めて事態を収束させた

明王朝末期の「病魔」の大規模行動により、「上工」は一度壊滅寸前に陥り、大量の文献が散失した後、The Doctorの幇助の元で新たに発展した

清王朝末期、西洋勢力の進入に直面し、「上工」は一度極めて危険な境地に2陥った。その後、The Doctorと協力し、東北ペストの大流行中に伍連徳3博士へ協力して状況を鎮静した。

中華民国及び中華人民共和国時代、「上工」の活動は地下に潜り、内部の衝突などの原因により一部の異常物品が散失しました。中華民国時代における大規模な活動は一度のみであり、1931年-1945年の間、「上工」壊れた神の教会の一部構成員と協力し、更に戦場にも赴いた。

A possible connection between “Shang Gong” and SCP-CN-001 “Long Mai”4 is currently under investigation.

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。