エージェント・クラインの人事ファイル
Incident.jpg

エージェント・クラインの関与した事件████-██の現場。SCP-████の危険性は排除されました。チームは15km南西で復帰。犠牲者ゼロ。

氏名: イマニュエル N. クライン

別名: "インク", "正確な時間の間違った男"

セキュリティクリアランスレベル: 2

役職: 機動任務部隊所属エージェント

現在の所属: 機動部隊ロー8 (通称 "ロードサイド・ピクニッカーズ")

経歴: 財団に参加して以来、エージェント・クラインは有能なプロフェッショナルであり、所属してきた全てのチームに貢献することができる、適応性のある人物であるということを自ら証明してきました。

昇進あるいは専門化の一歩手前で失敗していますが、彼は絶望的に見える状況下で奇抜な解決策を生みだす常人離れした能力を見せています。彼の思考回路について説明を求められてもエージェント・クラインはそれができず、「ただの勘です」あるいは「ただそのときそうすべきように思った」などと答えます。公式報告は、エージェント・クラインが23の事故で救出活動を行ったことを裏付けています。

エージェント・クラインは自身の評判のため現在、レベル4監督者の承認未決のままでどの機動部隊からも臨時招集されうる、「浮動」エージェントという立場にあります。彼はたいていの場合、高度に不確実な任務に駆り出されます。特定の任務に従事していない時には、彼は機動部隊アルファ-2 (通称 "郵便配達員")に所属しています。

再三の試みにも関わらず、エージェント・クラインは研究職には不適であることが証明されています。複雑な科学知識に基づき頻繁な論理の飛躍を作り出す能力の欠乏により、成功よりもずっと多くの失敗をもたらしています。彼の技能は、分析や熟考を行う時間の余地のないような強いプレッシャーの状況下に限定されているようです。

エージェント・クラインは特別部隊O-23 (通称 "ザ・キッチンシンク") への参加を勧められています。評定は保留されています。

エージェント・クラインは以下のSCPの収容に関与しました:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。