エージェントスプーンオブイービルの人事ファイル
470758225_0ff0f91d14_o.jpg

求めに応じて提出されたエージェントスプーンの写真の一つ。管理部はこれを面白く思っていません。

氏名: ██████████ █████

コードネーム: エージェントスプーン

セキュリティクリアランス: 編集済み

役職: SCP封じ込め、集積、および回復

所在: 編集済み

来歴: エージェントスプーンが公開することを決めた情報は、公式の文章を含めてもあまり多くありません。生まれはカリフォルニア州の███ ██████で、カリフォルニア大学██████████████ で法律と土木工学を専攻し、また兵役期間中████ で米軍の訓練を中途退役し、サイト██ に放出されるまでの██年間こなしました。彼は後に、民間と軍事機関への独立コンサルタントとして再び現れました。彼の受けた訓練とその経験によって彼は現在いるCAR (確保、集積、回復)ポジションにふさわしいエージェントの一人となりました。

人物: 任務中、エージェントスプーンはプロトコルを順守しており、スタッフや一般人との対話において、非常に厳格な業務倫理にしたがって行動します。彼はまた、現場での熟練した分析と戦闘技術を持っています。しかし多くの場合、彼は自身から進んで戦闘行為に参加することはなく、財団の現場部隊や、ほかのエージェントに従います。

公共のイベントで財団職員と交流することは恐れませんが、プライベートにおいてエージェントスプーンは謎めいた反社会的、および偏執傾向を示します。繊細な話題について話しているとき、エージェントスプーンはわざとあいまいな態度をとり続け、彼についてあまりに多くの質問を投げかけた場合、彼はいらいらし始めます。しかし彼が本気でイラついて怒っているのか、見せかけだけのものなのか判断するのは、おおむね彼が常に怒りや恐れを笑ったり冗談を言うことで発散させてしまうために困難です。

彼は財団のプロトコルに従いますが、唯一の例外と入してエージェントスプーンがSCPの集積と回復を行う際に、彼が権限を使い(たとえその権限を持っていなくても)財団や一般人の助けを獲られるように手配することは珍しいことではありません。


付録1: [データ削除済み]


関与したSCP:
SCP-024
SCP-034
SCP-115
SCP-204
SCP-240(Dr Rogetにより改稿)
SCP-301
SCP-376
SCP-413
SCP-487
SCP-492
SCP-514
SCP-589
SCP-615
SCP-617
SCP-710
SCP-802
SCP-903
SCP-1254
SCP-051-ARC
SCP-503-ARC


関与した文書:
エージェントスプーンオブイービルの人事ファイル
Retirement Policy
Scratches
Lullaby
Exit Strategy
Observations
Memorandum 10/31


Sandbox:
http://sandbox.scp-wiki.net/spoonofevil-s-sandbox

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。