エージェント・ウクレレ

{注:この文書は機動部隊Omega-7(パンドラの箱)によって、世界オカルト連合 の隠れ家として知られている所へ急襲を仕掛けた際、回収されました。文章の断片は銃撃戦とその後の火災によって破損し、消防活動により水害を受けました}

フィールド工員UK-17

コードネーム: "ウクレレ"

GOC識別番号: 09976657-Cobalt-Triplet-Finnegan
活動記録
  • 1981:[断片損失]からGOCに採用。
  • 1982:初めて殺害を確立させる。(既知の実体脅威)KTE-5988-Red(『ヒルズボロウの獣/Hillsborough Beast』)多数のフィールドエージェントが酷敗する中にも関わらずKTE-5988-Redの殺害に成功した事に対して銀の神盾に賞された。死亡した工員モーティマー.Xも受賞に含まれる。
  • 1986:KTE-7859-Silver(『異生命出血プリオン/Xenobiological Hemorrhagic Prion』)の収容に失敗し、[断片損失]の死亡という結果に終わった。
  • 1988:研究休暇。
  • 1989:特殊工員に昇進。

[断片損失]

  • 199█:英国コーンウォールにてKTE-9927-Black(『女神/The Goddess』)と交戦、破壊。KTE-9927-Blackchild(『娘/The Daughter』)の殺害は確定されていない。

[断片損失]

  • 20██:KTE-10734-Green (『ミスター・ナイスガイ/Mister Nice Guy』)で99例目の殺害確立。現役引退を申し出る、辞表を受け取った。

[断片損失]

  • ████:財団特別収容プロシージャから「アルト・クレフ博士」の別名が浮上。1級脅威(観測にとどめ交戦はしない)として分類。
技術評価
  • 基本的な火器類に適切であると証明する。(ピストル,ショットガン,スコープ有、無のライフル,サブマシンガン,軽機関銃)
  • 重火器類に熟練していると証明する。(重機関銃,グレネードランチャー,肩撃ち式ロケットランチャー)

解体の専門家であると証明する。

  • A,B,C級車両の上級ドライバーであると証明する。
  • ランタニド・ヒル・トレーニング施設の(Type Green KTEsの専門分野に関しての)インストラクターと許可する。
TRENCH
KTE-4622-Yellow(『歩く死人/Dead Man Walking』)をワシントンD.C.メトロシステムにおいて、追跡するエージェントウクレレ
変性と才能
  • 標準光学装。
  • 標準長命処置。
  • 標準写真抵抗技術。
  • 多形態顔。
  • LevEL 1 T[断片損失]
特筆すべき殺害記録
  • KTE-9927-Black: レベル6脅威(即時の全世界脅威)。対象はKTE-9927-Blackchildを交渉策略として用い、気化爆弾を起爆する事で抹殺。"ウクレレ"工員は重傷を負い、9927-Blackchildの殺害を確かめられなかった。
  • KTE-0467-White(『洞穴男フィル/Caveman Phil』):隔世遺伝的ヒューマノイドであり、現地の野生動物(500ポンドのマウンテンライオン)を用いて抹殺。
  • KTE-9245-Pink(『マシュークリーの潜水[断片損失]/Frogman of Marsh Cree
付録

誰がこの男が何者で何処から来たか知っている?良くやってくれた、だが彼の過去を尋ねる度に、全く別の答えが得られた。- リチャード・アダムズ大佐。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。