アンブローズ・レストラン ハブ
評価: +16+x


λ-14報告書類

優先目標:
GOI-116: アンブローズ・レストラン
ステータス: 活動中
脅威レベル: (非敵対的、正常性への脅威)

Bs0O0C1.png




機動部隊ラムダ-14(“一ツ星レビュアーズ”)は小売指向の場所や異常存在への対応に特化した機動部隊です。単一の料理店からショッピングモール全体まで、異常性を示すのであれば全てが対象となります。

とあるアンブローズ・レストラン店舗への初期調査以来、この特定団体がどのような形式を取るかに関わらず、MTF ラムダ-14はアンブローズ・レストランへの対処に注力しています。

ラムダ-14は収容チーム2班、機動エージェント50名、奇跡論スペシャリスト10名、異常芸術スペシャリスト20名から成ります。彼らの拠点はカリフォルニア州南部の収容サイト-34ですが、機動部隊としての性質上、そこに長居することはありません。

既知の活動拠点:

  • ポートランド
  • バックドア・ソーホー
  • ロンドン

交戦規定:
GoI-116に関連する人物らは非敵対的であり、典型的には財団職員に直面すると逃走を試みる。一部の人物は脅威を呈し得る異常特性を持つことが知られている。

注意深く接近し、挑発されない限り戦闘行為は慎むこと。

要注意人物:

  • チャズ・アンブローズ (Chaz Ambrose): 男性、年齢不詳。GoI-116の創業者と推定される。一般的な人間だが、軽微なクラス-5異常性を帯びていることが分かっている。
  • マリウス (Marius): 苗字は不明。GoI-116の事業方面を仕切っていると仮定される共同経営者。




3KNuBvH.png
「ご注文をどうぞ!」 - アンブローズGoIボール by DrAnnoyingDogDrAnnoyingDog
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。