アンダーソン・ロボティクスハブ
評価: +4+x

グループ名 #: GOI-1115, "アンダーソン・ロボティクス"

構成員: 世界中1に~200人。

資金: 年7億5000万ドル(USD$)、異常な能力です。

状態: 活動中。

AndersonLogo1.jpg

1998年頃のアンダーソン・ロボティクスの商標です。

説明: アンダーソン・ロボティクスは異常なロボット、アンドロイド、人工知能、コンピュータープログラム、そしてサイバネティクスの販売を専門とする超技術の商社です。アンダーソン・ロボティクスは1990年代から事業を始めたと考えられています。この団体が財団の注意を初めて引いたのは2007年、シアトルの超技術違法売買倉庫の襲撃でSCP-1360が捕獲された後でした。この初期接触から、アンダーソン・ロボティクスはロボット超技術の主要なディーラーだと認識されています。

anderson_robotics_by_sunnyclockwork.png

2014年頃のアンダーソン・ロボティクスの商標です。

アンダーソン・ロボティクスは世界的な存在となり、とりわけ2014年にマーシャル、カーター・アンドダーク株式会社と流通提携を結んだ一方、現在の事業の本拠地はアメリカ大陸の太平洋沿岸の北西部です。主要な製造、流通、管理施設はオレゴン、ワシントン、カリフォルニアで発見されています。最近はニューメキシコ、アリゾナ、ルイジアナでも拡張施設が発見されています。

この団体の発見から、多様なSCPオブジェクトがこの団体によって生まれたと考えられています。職員は"アンダーソン"のタグで関連文書を参照することができます。

機動部隊ガンマ-132によるアンダーソン・ロボティクスの内部構造についての最近の調査は、この商社の経営の中心は以下にリストアップされた6人の会議で成り立っていると明らかにしました。:

  • ヴィンセント・アンダーソン: 最高経営責任者。タイプ・ブルー異常人型存在です。
  • アルバート・"フィニアス"・フロストマン: 最高執行責任者。タイプ・ブルー異常人型存在です。
  • メデア・コントス博士: 研究開発共同代表です。
  • ジェーソン・コントス: 研究開発共同代表です。
  • ジェフリー・ウィルソン博士: 高度ロジック部門部長です。
  • アイザック・ディラード: 役員です。

上記の人員を詳しく調査しようとする試みは組織の注目すべきスパイ活動の手腕、施設の異常な性質、外部要注意団体3の強力な支援によって阻止されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。