アーキビストの述懐
rating: +8+x

 我々は保存するWE ARCHIVE.

 我々は記録を残す。

 世界が終わったって、歴史が途絶えたって、我々は忘れない。

 忘れられたときに、物は死ぬ。生きた証が消えたとき、存在を忘れ去られたときに、存在は、生涯は、生命は、世界は、死ぬ。

 だからこそ。我々は忘れない。

 例え何もなくたって。例え価値がなくたって。つまらなくたって、ありきたりだって、それでも心惹かれるものがあるんだから。

 宇宙が消えゆこうとも、すべての命が死にゆこうとも、我々が憶えてる。

 何でもなくたって、意味がなくたって、興味深い物がある限り、我々はそれを保存する。

 ほとんど何もないかもしれないけど。ほとんどに価値はないかもしれないけど。それでも我々の心を魅了する物があるのなら、それを守る理由になるのだから。それはそうするに足るだけの尊さを持っているのだから。

 例え2349年を乗り越えて、人類がかつての支配主と和解して、彼らがいつか来る技術の限界を解決したとしても、免れえない宇宙の限界、生じたものはいつか無に還るという定め、エントロピー増大の結果の熱的死は訪れるけど。

 我々は保管する。我々が保管する。

 時と共に、あるいは突然に。生命が消え去って、惑星が終わって、宇宙が焼け落ちていって。

 そんな宇宙を何個も見てきた。

 それでもやめてなるものか。だからこそやめてなるものか。

 世界は終わる。生命は消える。歴史は潰えるし文化は廃れる。

 宇宙は弾ける。時間は絶える。そこには何も残らない。

 世界なんてそんなものだ。文明なんてそんなものだ。生命なんてそんなものだ。宇宙なんてそんなものだ。

 だからこそ、だからこそ。

 私たちは保存する。彼らが生きた証を、そこに何かがあった印を。

 忘れないでくれと叫んだ彼らの、死にたくないと足掻いた彼らの疾走が、我々を魅了した。

 己の証を刻もうとした彼らの、笑って死ぬために走り抜けた彼らの瞬きに、我々は魅入られた。

 我々は記録する者アーキビスト、見ているだけの存在だ。我々に有限の概念はない。我々に肉体というべきものはない。それ故に、生も死も等しく観測する我々に、生命の尊さは宿らない。

 だからこそ、いずれ滅びる肉体で死に抗うように、何かを残そうと必死な彼らに惚れ込んだ。

 だからこそ、我々はそこに残った命の火花の残光を手元に残そう。

 そこにいた存在を残すために。そこにあった宇宙を殺さないために。

 確かにそこにあった、我々を引き付けてやまない物を、死なせないために。

 例え全部が終わったって、誰も彼もが忘れたって、何もかもが消えたって。私たちだけは、憶えてるから。そう、伝えるために。

 ――我々はWE 、忘れない。ARCHIVE.

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。