ファイル-061-B
評価: +1+x

実験記録SCP-ES-061-33
再生したテープ: HBOのテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の第1章(テレビ放送の録画)
SCP-ES-061の再生: グレン・クックの小説を基にしたシリーズ「The Black Company」の第1章。Cuervo役をペドロ・パスカル、Un-ojo役をダニー・グローヴァー、Matasanos役をショーン・ビーンが演じる。

実験記録SCP-ES-061-34
Cinta a reproducir: 「007 ドクター・ノオ」、主人公はジェームズ・ボンド。
SCP-ES-061の再生: 「007 カジノ・ロワイヤル」、テレビ放送のため、全2章からなるミニシリーズになっていた。プロットはスパイ映画の要素と不条理なユーモアを組み合わせたもので、しばしば非常に幼稚なものも含む。 主人公は"ジェミー・ボンド"、MI6の中年女性エージェントであり、アルコール依存症を抱えている。

実験記録SCP-ES-061-37
再生したテープ: 「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」
SCP-ES-061の再生: 「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」、プロットはオリジナルとほぼ同じだが、最大の違いはキャラクターに関するもの。主人公は"ルーク・スターキラー"、16歳の青年で砂漠の惑星タトゥイーンで育った孤児。ビリー・ディー・ウィリアムズが演じる密輸業者のハン・ソロとロマンスを演じる。

エピソード7の方がよっぽど独創的だな。 - M.オザワ博士

実験記録SCP-ES-061-39
再生したテープ: 映画「プリティ・ウーマン」
SCP-ES-061の再生: 映画「$3000」オリジナルよりも暗く憂鬱な内容。脚本はJ・F・ロートン。ジュリア・ロバーツが演じる売春婦ビビアン・ワードは悪人でコカイン中毒者で、肝硬変を患っている性格の悪い億万長者エドワード・ルイス(俳優はリチャード・ギア)に週2000ドルで雇われる。この賃金は、同伴している間にビビアンのコカイン使用を禁止し、結果として3000ドルまで増加する。 映画は、エドワードが自分に惚れたビビアンをリムジンから押し出し3000ドルを投げつけるシーンで終わる。

注: 映画の前の予告編で、ジュリア・ロバーツが1990年に「$3000」で演じたビビアン・ワードの役によってアカデミー主演女優賞を受賞したことが伝えられた。

実験記録SCP-ES-061-41
再生したテープ: 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
SCP-ES-061 reproduce: タイトルは「冥王星の宇宙飛行士」、オリジナルよりもシリアスな雰囲気の映画。マーティ・マクフライ(エリック・ストルツが演じる)が、エメット・ブラウン博士(クリストファー・ロイドが演じる)によって作成された冷蔵庫型タイムマシンで1982年から1952年にタイムスリップする。オリジナルと同様に、マーティーは自身の将来の存在を維持するため、両親が恋に落ちることを確認しなければならない。映画はネバダの核実験と若い頃の博士の助けを含む壮大な場面で元の時代に戻り、自分の父が有名なボクサーであることを発見するシーンで終わる。

オリジナルの映画の方が面白いですが、犬の代わりにシェンプという名の素敵なチンパンジーが出演した点は非常に素晴らしい。私はお猿さんが大好きなんです。 - ██████ ██████ ██████

実験記録SCP-ES-061-42
再生したテープ: ロリータ(1997)、ジェレミー・アイアンズ、ドミニク・スウェイン主演。
SCP-ES-061の再生: ロリータ(1994)、ジェレミー・アイアンズ、ナタリー・ポートマン主演。このバージョンは、制限はあるものの近親相姦が法的にも道徳的にも認められている社会での物語のようである。主な対立は、ドロレス・“ロリータ”・ヘイズが12歳であり、父と娘の近親相姦が合法になるのが15歳からであるという事実と関係する。ジャンルはロマンチックコメディ。

実験記録SCP-ES-061-43
再生したテープ: 「La cholita condenada por su manto de vicuña1」(2012) 、マカカ一家主演。
SCP-ES-061の再生: オリジナルと全く同じ映像。変更は一切確認されなかった。

この映画がこれ以上悪くなることはないだろうと思っていたし、私は正しかった。 – フォン・ブラウン博士

実験記録SCP-ES-061-45
再生したテープ: コント番組「Bienvenidos2」、オリジナルは2000年に制作されており、使用したテープはDVD「Bienvenidos ベスト版」からのコピー。
SCP-ES-061の再生: 変化なし 詳細な調査の結果、冒頭のクレジットによると、現在の出演者マリア・アントニエッタ・デュケの代わりに、双子の女優マリアナ・デュケが出演している。コントの内容は同一だが、それらの順序はオリジナルに対して多少異なる。再生されたエピソード中の衣装は、オリジナルの衣装やプログラムの他のエピソードで登場した衣装のいずれとも一致しなかった。

実験記録SCP-ES-061-48
再生したテープ: 1997年放送のメキシコのテレノベラ3「Nada Personal」の最終回。カミラ・デ・ロス・レイス役にクリスティアンネ・ゴウト、ルイス・マリオ役にホセ・アンヘルが出演。
SCP-ES-061の再生: カミラ役をアナ・コルケロが演じていることを除き、話は同じ。コルケロ氏は最初カミラ役だったが、製作会社との対立によってドラマの後半は別の女優と交代したことは注目に値する。

実験記録SCP-ES-061-49
再生したテープ: 1996年放送のメキシコのテレノベラ「マリア・ラ・デル・バリオ」
SCP-ES-061の再生: 元々、タリアとイタッティ・カントーラルによってそれぞれ演じられていたマリア・エルナンデスとソラヤ・モンテネグロの役が交代していることを除き、ほぼ同一のエピソード。

言いたい放題だ、しかしタリアが「いまいましい障害者4」のシーンをやっているのを見るのは最高だった。 – ██████博士

実験記録SCP-ES-061-50
再生したテープ: 1992年放送のマリア・アレハンドラ・マルティを中心とする俳優陣によるベネズエラの社会派テレノベラ「Por Estas Calles」のエピソード。TV放送から直接録画されており、CM映像も含む。
SCP-ES-061の再生: オリジナルと全く異なるテレノベラ「エヴァ・マリナ」。マリア・アレハンドラ・マルティ、フラビオ・カバイェロ主演。物語はより伝統的で「バラ色」だが、タイトルにもなっているエヴァ・マリナ(マルティが演じている)が冤罪で起訴されるのを避けるために素性を隠しているなど、オリジナルの脚本といくつかの共通点を持つ。、ロベルト・ラマルカが演じる「ロメロ博士」というキャラクターが登場。基本的には「Por Estas Calles」の「バレリオ博士」と似ているが、聴衆が彼の考えに耳を傾けるギミックはない。オリジナルに出演した他の俳優も登場するが、ラマルカを除き、全く異なる役割を演じる。CMは順番や宣伝する商品は同じだが、内容は異なる。エピソードは、挿入された内容によって突然中断され、以降[データ削除済] [データ削除済]が記録終了まで続くと報告された。

実験記録SCP-ES-061-51
再生したテープ: 「ライオン・キング」(1994)
SCP-ES-061の再生: 「ライオン・プレジデント」、ハゲワシのスカーとキツネの集団が共謀し、アフリカ大統領選の候補者であるシンバの政治的経歴を抹消し、選挙に勝利するのを防ぐというストーリーのミュージカル映画。

まるで現代社会だ。 - レンツ博士

実験記録SCP-ES-061-52
再生したテープ: 「シャイニング」(1980)、ジャック・ニコルソンがジャック・トランス役を演じる。
SCP-ES-061 reproduce: 「シャイニング」(1982)、ハリソン・フォードがジャック・トランス役を、カレン・アレンが妻のウェンディ役を演じる。俳優の変更に加え、このバージョンの脚本はオリジナルに比べ、スティーブン・キングによる原作小説にはるかに忠実であった。

ハリソン・フォードはニコルソンのような狂った表情はできないだろう、しかし、だからこそ、じわじわと蝕むような狂気の表現が素晴らしく繊細で、より信頼できるものになっている。私は怒りのスティーブン・キングがどうやってトピアリーの動物たちが歩き回るシーンを含めるようにキューブリックを説得したかが気になる。 - フォン・ブラウン博士

実験記録SCP-ES-061-53
再生するテープ: スティーブン・キングの小説を原作とするテレビミニシリーズ映画「It」。1990年放送。
SCP-ES-061の再生: テレビミニシリーズ映画「It」。1990年放送。脚本や他の俳優が演じるいくつかの副次的な役割におけるわずかな変更のみ。

巨大なクモのシーンはオリジナルと同様にばかげていた。しかし本当に驚いたのは、少年たち同士の█████のシーンがあったことだ。明らかに替え玉の俳優を使っていて、本当の子役が演じているわけではないが、非常に不快で、不要で、全然興奮できるものじゃなかった。 - フォン・ブラウン博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。