ASP-173
評価: +14+x
SCP-173.jpg

収容中のASP-173

アイテム番号: ASP-173

オブジェクトクラス: Euclid

アノマリー保全プロトコル: ASP-173は施錠されたセルに収容されます。ASP-173のセルには通常の入り口からではなく、天井のハッチを利用してのみ入ることができます。このため、上記のハッチには伸縮性の梯子が取り付けられています。MFU-Dアンドロイドのみがセルに入ることが許可されます。メインエントランスはASP-173を移転する際のみ開くことが許可されており、輸送ユニット内へと誘導する必要があります。

説明: ASP-173は1993年にサイト-19へ収容されました。ASP-173の素性は不明です。ASP-173はコンクリートと鉄筋で構成されており、クライロン社製のスプレーを吹き付けられた痕跡があります。ASP-173は極めて俊敏な動作が可能であり、生命に対し極めて敵対的です。しかし、ASP-173は高等生物に直視されている限り動くことができません。ASP-173は頸部の圧断や絞殺といった方法で殺害します。アンドロイドやその他の機器にはASP-173は反応しないものの、動作の際に時折衝突し、通常は問題のユニットの破壊という結果になります。これらの理由により、対象が即座に脱出しようとするため、ASP-173のセルのメインエントランスを開くことは許可されません。ASP-173が意図的に攻撃を始めた場合、職員はハザードクラス4の収容プロトコルに従うことになっています。

セルに誰も入室していない間、セルの中から石を擦る音がすることを職員が報告しています。これが正常な状態とみなされており、いかなるASP-173の振る舞いの変化も当直のHMCL主任代理に報告すべきです。

セルの床の赤褐色の物質は排泄物と血液の混合物です。これらの物質の起源は不明です。職員はセルを定期的に隔週で清掃してください。
























製作者に関する情報

この記事に使用されている画像は加藤泉氏の作品である"無題 2004"を撮影したものです。写真はKeisuke Yamamoto氏によって撮影されました。これらに関する全ての権利は各著者の方々が有しています。

注意: SCP-173は加藤泉氏の作品である"無題 2004"およびその写真を二次利用して生まれたものです。SCP-173のコンセプトは元作品である"無題 2004"のコンセプトとは全く関係ありません。

この彫刻及び写真はクリエイティブ・コモンズライセンスの元では公開されていません。記事の文章のみがクリエイティブ・コモンズライセンスの元で公開されています。いかなる場合においても、この彫刻および画像を営利目的で利用してはいけません。加藤泉氏は"無題 2004"の画像の利用を、非営利に限るという条件のもとでSCP Foundationおよびそのファンに対してお許しくださいました。これは加藤泉氏のご厚意によるものです。

1.加藤泉氏に "SCP-173"に関連するものは連絡したり、交渉したりしないでください。

2. 「SCP-173画像の商用ライセンス」を交渉しないでください。

3.加藤泉氏との「"無題 2004"商用ライセンス交渉」をSCPwikiに依頼しないでください。

4."無題 2004"の画像はSCP-173に関連して使用するために商業的に利用することはできません。例外はありません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。