カメラマン・甘梨の人事ファイル
カメラ

機器の状態を確認するカメラマン・甘梨

氏名: 甘梨 和明 (amanashi kazuaki)

セキュリティレベル: 2

職務: SCPオブジェクトの撮影任務、収容施設・実験施設における撮影環境の監督、カメラ関連SCPオブジェクト研究への助言 記念撮影 カメラ係

所在: 世界各地、オフィスはサイト-81██に所在

来歴: 高校卒業後、フリーカメラマンとして活動を開始。
財団との接触は20██年、██県████村での怪現象調査の最中、現場となった██山内でエージェント・██が事情聴取を実施しようとすると逃走。一度は財団を撒くも、宿泊場所を特定され身柄を確保される。所持していたカメラより、怪異の原因であった後のSCP-███-JPの活性化状態の写真が確認される。暫くは要注意団体との関係性の調査ために拘留されるが、写真が決め手となってSCP-███-JPの収容が容易に済んだためエージェントとしてスカウトされる。しかし撮影担当者とした方がポテンシャルを発揮できるとの本人の主張により、現在の職務配置に至る。

人物: 19██年██月██日生。身長170cm、体重68kgの体格の良い男性です。サングラスと迷彩柄のハンチングを着用しており、服装もそれに合う色彩のものを着用しています。勤務時は、撮影機材が入っているであろうバックパックを担ぎます。
常にサングラスを着用している理由として、「いつ目を負傷して視力を失うか分からないので、常に目を防護している」、「偏光レンズのグラスため、内外限らず些細な異常を発見しやすい」と発言しています。
主な任務として、撮影が困難なSCPオブジェクトの撮影任務に当たっています。また、収容スペシャリストや研究担当者と連帯して撮影環境の監修を行っています。たびたびカメラ、写真、映像に関連するSCPオブジェクトの研究に対し助言を行う場合もあります。

サングラス

※壊れ物につき注意

カメラマン・甘梨は非常に気楽な性格です。基本的に大雑把な対応を取り、自身がそういった扱いをされても、おおむね何らかの形で許容します。職務に関しては「他者から頼まれた仕事は引き受けたら完遂する」という責任感のもと活動しており、そのため仕事はキッチリとした対応を行います。

棒付きキャンディが好物で、(潜入調査を除く)勤務中にもよく頬張っています。この他、ガムやジェリービーンズなども好物です。サングラスを掛けて棒付きキャンディを咥えた風貌が咥えタバコをしているように見えることから「軍人」などと揶揄されます。(勿論武術訓練は受けていないため、体術はからきしです。)その代わり、危険察知能力が高いため逃げ足が速いです。対人の逃走成功率は現在まで94%となっています。

職員からのコメント:
甘梨くん?いい人はいい人なんだけど、仕事と撮影以外は適当の極みだよね - ██博士

ハッカ飴あげるだけでテンションが山一つ違いますね、彼は… - ███研究員

フォトグラファだったらしいが本当かよ?どんだけ調べても名前が出てこないんだが - エージェント・██

機材の経費って何処から落ちてるんでしょう?三脚まで最新モデルばかりですけど… - ██事務員

風景・動物写真の撮影が趣味であり、自身のオフィススペース及びサイト-81██の第一休憩室にて写真を公開しています。職員であれば自由に閲覧可能です。また、職員からの要望で景観の撮影を行うことがあります。詳細は当人aisurakutoaisurakuto(財団内ネットワークのアカウント)へ問い合わせてください。


SCP-JP

Tales-JP

初稿を作成した翻訳記事 

記事作成をサポートしていただいた方々、ありがとうございました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。