要注意人物ファイル #10109/JP-01

内部保安部門より通達: POI-10109が財団から盗み出した可能性のある報告書を以下に列記しています。下記のオブジェクトについて追加情報を持つ財団職員は内部保安部門・POI対策室まで情報をお寄せください。


SCPs

SCP Rating Comments Created Last Comment
SCP-1340-JP 52 3 24 Aug 2017 14:31 30 Aug 2017 19:22
SCP-1187-JP 34 3 26 May 2017 11:18 21 Jul 2017 17:56
SCP-1030-JP 21 6 19 Apr 2017 12:37 13 Oct 2017 14:09
SCP-286-JP 24 12 01 Apr 2017 15:07 08 Apr 2017 17:26

Tales

Tale Rating Comments Created Last Comment
ふ-A-1030"クリーンフナムシ"販売カタログ 27 4 13 Oct 2017 13:37 02 Nov 2017 12:52
【"日本支部理事会"に一致する結果はありません】 32 2 21 Sep 2017 14:04 21 Sep 2017 21:34
ココの奇妙な冒険 20 1 17 Sep 2017 12:24 17 Sep 2017 12:24
泣いて馬謖を斬る 26 6 10 Sep 2017 11:01 11 Sep 2017 12:41
ユカ上手 63 13 03 Sep 2017 13:04 05 Sep 2017 12:23
見えない心臓 14 1 30 Aug 2017 19:10 30 Aug 2017 19:13
人でなしどもの願い事 27 1 14 Jun 2017 12:30 14 Jun 2017 12:38
肉体を統べる者 36 7 01 Apr 2017 15:21 27 May 2017 01:26

 
 

C7H_kt1U8AAxvqL.jpg
POI-10109のサイン。AO-10109-JP-HMLFの臀部に刻印されていた

本名: 鳥丸 百九 (TORIMARU Hyakku)

年齢・性別: 3█歳、男性

別名: “カルキスト・トリマルス”

関連要注意団体: 日本生類創研、”販売員ミヨコ”、蛇の手、ゲーマーズアゲインストウィード、ネオ=サーキシズムの諸団体1

監視理由: 当該POIは元財団職員であり、セキュリティクリアランスレベル1を持つ下級研究員であった。20██年に退職後、経歴詐称と機密情報漏洩の疑いが発覚し、POI指定を受けた。POIはレベルⅡ現実改変能力者の可能性がある。

行動様式: サイト-81██のPOI捜索担当エージェントはPOI-10109の行動を常に警戒し、███市内にあるPOIの実家を所定の手段により24時間監視せよ。居住所等の情報を取得した場合は速やかに担当部署まで報告すること。担当者は警視庁公安部特事課と密に連絡を取り合い、POIと特徴の類似した特異犯罪者の情報を逐次チェックすること。
また、要注意団体対策担当職員は、███市内に存在すると考えられている日本生類創研支部の情報を取得した場合、POI担当部署まで連絡せよ。

優先度:

ステータス: 現在は北海道███市にて、日本生類創研の職員として勤務していると考えられる。

背景情報: POI-10109は19██年に北海道███市にて誕生し、平凡な家庭に育ちました。学生時代は「目立たない」「大人しい」「口下手」で「やや愚鈍な」人物であると周囲から評価されており、これは財団職員時代の人事評価とほぼ一致しています。一方で学業においては一貫して優秀な成績を修めていますが、これが自身の能力によるものかは不明です。

200█年に████大学を卒業後、財団の研究補助員として採用されました。POIが財団勤務期間中に現実改変能力を駆使した証拠はなく、能力の発現及び日本生類創研との関係を持った時期は現在調査中です。特筆すべき点として、POIは在籍期間中にサイト内の全女性研究員へ交際の申し出を行い、全て断られている事が挙げられます。異性と関係を構築する能力の一部あるいは完全な欠如にも関わらず、何故POIがこのような行動を繰り返したのかは不明です2。行動の結果として、POIは周囲から軽んじられており、人間関係的に孤独な状態にあったと見えます。

財団職員として10年間勤めた後、目立った業績を上げることなく20██年3月に退職。退職の動機は本人が黙秘したため不明です。退職時にはBクラス記憶処理が施され、所持品検査でも情報漏洩の兆候は見られませんでしたが、幾つかの関係書類に不自然な変更の痕跡があり、これは後述する異常性によるものと考えられています。退職後は故郷の北海道に戻るも転職に失敗、失業保険と貯金にて生活していたものと考えられていますが、1年後3に突如として失踪し、実家にも一度も戻っていないことが調査にて判明しています。

2017年3月、「日本生類創研 鳥丸百九」とサイン入りの小包がサイト-815█4に届けられ、中から[編集済]と[編集済]のキメラであるAO-10109-JP-HMLFの幼体と、日本支部理事へのメッセージの入った封書が発見されました5。封書の内容は、自身を「闇に降り立った天才芸術家」「アディトゥムの黒い彗星カルキスト・トリマルス」と自称し、「我が才能を認めない愚かしき財団の俗物共」への強い恨みの感情を示唆するものでした。財団の精神鑑定チームの分析により、極度の被害妄想と現実改変者に典型的な幼児的万能感の肥大が指摘されています。内容の一部にはSCP-10101との類似が見られますが、POIが当該報告書を意識していたかは不明です。

文書の内容から、POIは自身に関する認識および情報を改竄できる現実改変能力を保持しており、異常性によって記憶処理を逃れた後、幾つかの財団の機密書類を漏洩させ、日本生類創研を始めとする複数の要注意団体に譲渡、もしくは売却したと考えられています。報告書の総数等は現在調査中です。

POI-10109は財団及び全ての財団職員に対して極めて敵対的であると評価されています。財団職員は、当該POIとのいかなる接触に置いても最大限の注意を払うべきです。
 
 

以下の情報へのアクセスはPOI-10109特別クリアランスが必要です。


 
 
 
 
クリアランス情報を確認中……クリアランスを確認。

 
 
 
以下に示すのは、POI-10109の関係者と疑われる財団職員の人事ファイルです。崔博士、九里浜博士はPOI-10109と大学の同期であり、財団では同僚でした。また、エージェント・テッド及びエージェント・百瀬はSCPの探査等を通じ、公私ともに当該POIと親しい間柄だったと言われています。

当然ながら、何れの人物も財団退職後のPOIとは一切の接点を持っておらず、彼の現在についていかなる情報も持っていないと証言しているものの、POIが盗み出したと思われるSCP報告書その他の関連資料は、四者の何れかが探査・研究に関わっているケースが多いとされており、監察局内部保安部門は引き続きPOI-10109対策チームと連携し、四名の活動に注意を払っていく方針である。

――内部保安部門・███

saisai.png

SCP-███-JPを研究中の崔博士

名前: 崔 洪鳥(Sai Hon-u)

性別: 男性

セキュリティクリアランス: レベル3

所在: サイト-815█

職務: サイト-815█におけるKeterクラスオブジェクトの研究総責任者補佐

専門分野: 霊的現象学及び霊素学、神的現象学

人物: 198█年生まれ、北海道出身。身長182cm。

崔博士は██大学を卒業後、超常現象科学に対する高い関心から、世界オカルト連合のシンクタンクの一つである”█████”の研究員として雇用されました。崔博士は意欲的な研究者であり、KTE-███(後に財団に確保され、SCP-███-JPと指定)の性質解明等に顕著な業績を残したものの、上層部との諍いによって█████を退職(事実上の解雇)となり、財団へ雇用されることとなりました。

崔博士は人事担当者及び多くの同僚から、厳格かつ冷徹な人物と評されており、時にDクラスや知性を持つ異常存在に対して極めて冷酷な態度を持って接することがあります。元GOCという経歴も手伝ってか、異常性を持つ一部の職員からは非情な男として恐れられているものの、エージェント・百瀬ら数少ない彼の友人によれば、単に感情の表現が不得手なだけで、根幹は大変な熱血漢であるとも言われています。SCP-286-JPに係るインシデントにおいて、最も期待をかけていた後任者である████研究員を喪って以降、彼の性格はやや軟化しているようです。

日本支部理事”鳳林”に早くからその才能を認められた一人であり、本来のクリアランスレベルでは担当となることを許されない幾つかのオブジェクトについて、理事勅命により極秘で研究を進めているとも噂されていますが、当人は完全に否定しています。

在日コリアン三世であり、成人時に両親と共に日本へ帰化していますが、崔博士は通名ではなく敢えて本名を戸籍名としました。これには自身の民族的ルーツへのこだわりがあると言われています。政治的には保守寄りの立場であるものの、自身の出自のためか、他人と政治について談義することをひどく嫌っており、特に韓国や北朝鮮の話題を出された場合露骨に嫌な顔をします。しかし九里浜博士だけは例外のようで、サイト-815█の休憩所にて、彼女に対してざっくばらんに”母国”への批判を述べる姿をたびたび目撃されています。

主な担当オブジェクト

  • SCP-286-JP 財団職員51名が死亡するインシデントを引き起こしたKeter級実体。新版特別収容プロトコル制定に尽力、現在は実質的に無力化されている。
  • SCP-███-JP GOI-0432”ハンターの黒きロッジ”関連オブジェクト。GOI対策室との連携により、日本国内のネオ・サーキシズム関連小団体の発見に貢献。-崔博士はアノマリーの外見を「実に美しく可愛らしい」と評したことにより、エージェント・テッドに失笑された。-
  • SCP-███-JP 凡そ500年前の未知の文明を起源とするオブジェクト。他の研究者が提唱した平行宇宙起源説に対し、崔博士は我々の存在する基底現実世界からの由来を示唆する説を提唱、議論を巻き起こす。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。