泥云隊員の人事ファイル
泥云隊員

撮影に応じる泥云隊員

氏名: 泥云 暁(doroun akira) もしくは“弾除け”

セキュリティレベル: 2

職務: 敵対勢力からのオブジェクト奪還 敵対勢力からの財団施設の防衛 人員が不足している起動部隊の補助 オブジェクトの初期収容

所在: サイト-81██ 戦術対策チーム 月国先輩に呼び出される場所 布団 連絡は月国隊員にお願いします

人物: 長野県松本市出身、19██年2月8日生まれ。好物は肉、しるこサンド、イナゴの甘露煮です。泥云隊員は、プライベートでは感情的で熱くなりやすい性格ですが、任務中は比較的冷静に行動します。仲間想いで人望が厚いですが、チームメイトに悪戯をされる事も多々あります。
泥云隊員は業務に対する意欲が非常に薄く、月国隊員以外の職員が彼にやる気を出させるのは困難です。そのため彼に職務を依頼する場合は月国隊員を通す事が推奨されます。彼は、常に不機嫌な表情をしており、話しかけると睨みつけたり暴言を発したりしてきますが、それが彼の平常の反応です。月国隊員に報告する事によって、しばらくは彼の言葉遣いが穏やかになります。その際、彼の体に傷が増える場合がありますが、問題はありません。

戦闘中、彼は敵を惹きつける性質があります。これは人間のみではなく、動物やオブジェクトに対しても同じです。そのため、敵対組織からのオブジェクト奪還任務において有効な囮になります。しかし、その性質によって必ず負傷し、任務終了時に意識を失って帰還する場合が多々あります。生死の境を彷徨う事も珍しくなく、目を覚まさなかった最長の期間は14ヶ月です。全身に手術痕があるものの四肢は現在も無事に残っています。

『泥云の事なら俺に聞け!』月国先輩へのインタビュー

・頻繁に[罵声]と発する事について

月国隊員: あぁ、よく言うなあいつ。別にあいつは帰国子女でもなけりゃあ、英語が堪能なわけでもねえよ。この前もメールで[罵声]の「u」を「a」にスペルミスしてたからな。「dragon」を「doragon」って書いてた時もあったな。って、そんな話はどうでもいいか。[罵声]ってよくほざいてんのは完全にあいつの趣味の音楽や映画の影響だな。任務中もちょくちょく呟いてるよ。俺たちはそれほど気にしていないが、耳障りなようだったら1発ぐらい背中を撃ってくれて構わないぞ。2発目からは俺が撃つ。

・頻繁に[編集済み]サインをする事について

月国隊員: あぁ、あれもよくやってたなあいつ。流石にあれは俺も目障りだったからな、前に「安易にこんな事しちゃいけないぞ」って言って中指をたたんであげたよ、手の甲の方へな。そしたらすっかりやらなくなったな。え?俺がいないとこでまだやってんのかあいつ?ったく…教えてくれてありがとな(指の関節を鳴らす)。

・「弾除け」と呼ばれてる事について

月国隊員: あれは流石にいかがなもんかな。どうせなら「悪運の強い野郎だ」って言ってやれ。僅かにだが、気持ち悪く笑って喜ぶぞ。申し訳ないが、あいつを「弾除け」と呼んでいいのは俺だけだ。

・最後に一言

月国隊員: 泥云隊員!君は非常に死にやすい性質を持っている。その性質によって君が参加する任務の成功率は非常に高い。だが、だからと言って君の命を安く見ているわけでは断じてない!身を削り任務に挑む君に私は敬意を払う!もし命を落とすような事があっても我々は君の栄光を決して忘れはしない!泥云隊員!我々のために安心して死んでくれ!

泥云隊員は、昔は仲間想いの誠実な職員でしたが、敵対組織が所持するSCP-████の回収任務で、彼はSCP-████の確保に成功しました。しかし帰還する際に敵対組織の増援が到着し、泥云隊員以外の隊員は泥云隊員を庇い全滅しました。泥云職員はチームメイトが自分を庇って亡くなった事によるストレスにより精神を病んでしまい、その数週間後に解離性同一性障害1を発症し、月国 龍斗という人格が生まれました。泥云隊員に対して「あなたは二重人格者であり、月国隊員はあなたのもう1人の人格です」という事を説明しても安易に信じませんが、証拠映像等を見せる事によって納得させる事ができます。しかし、最短5分で自身が二重人格者であるという事を忘失してしまいます。彼は月国隊員の人格の時の記憶を全て共有する事はできませんが、記憶が改変される事があり、月国隊員の人格で他の職員と会話した際に、彼は「自分も同席していた」とする事で、辻褄を合わせて記憶を共有する事があります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。