EFUの著者ページ

SCPs

SCP Rating Comments Created Last Comment
SCP-1067-JP 38 3 25 May 2019 08:00 25 May 2019 13:27
SCP-1426-JP 50 4 13 May 2019 19:35 19 May 2019 16:31
SCP-1610-JP 23 0 14 Feb 2018 18:25
SCP-734-JP 14 4 10 Sep 2017 09:21 11 Sep 2017 16:19
SCP-1998-JP 24 7 02 Sep 2017 17:25 11 Dec 2018 19:06
SCP-914-JP 35 2 01 Aug 2017 12:17 05 Aug 2017 11:38
SCP-1971-JP 36 2 20 Jul 2017 07:35 05 Sep 2017 09:56
SCP-1170-JP 24 8 11 Jul 2017 16:48 21 Jul 2017 06:10
SCP-1982-JP 192 28 24 Jun 2017 09:46 26 Nov 2018 07:32
SCP-065-JP 166 11 14 Jun 2017 18:01 13 Jul 2019 18:06
SCP-1014-JP 105 8 18 May 2017 17:11 18 Apr 2019 14:09
SCP-1012-JP 92 11 04 Apr 2017 14:42 06 May 2017 14:30
SCP-1007-JP 48 19 10 Feb 2017 12:24 17 Feb 2017 13:14

Tales

Tale Rating Comments Created Last Comment
一方では......もう一方では...... 10 0 06 May 2019 16:00
トーマス・ホアンだらけになってしまったこの世界で、ポレンズビーを求めて歩くトーマス・ホアンとなんでもない一人の男の会話 25 0 31 Aug 2017 15:10
ネーミングセンスがない 15 0 09 Aug 2017 16:16
非常にいかれた性的な床 6 6 15 Jul 2017 15:44 25 Jul 2017 02:08
ガッフィアスはイケアの中 90 1 14 Jul 2017 15:08 14 Jul 2017 15:14
(I Am Not) A Parsley 53 1 30 Jun 2017 15:29 30 Jun 2017 16:07
闇子様教を広めるスレッド 87 6 31 May 2017 13:42 03 Jul 2019 23:41
ミスター・タトゥーがあるやつ 61 4 28 Apr 2017 09:58 15 May 2017 16:05

Translations

Others Rating Comments Created Last Comment
技術部門のオリエンテーション 8 5 27 Jan 2018 14:08 28 Jan 2018 08:19
SCP-3747 19 4 23 Jan 2018 22:02 28 Jan 2018 12:45
UIUファイル: 1952-003 4 3 03 Sep 2017 09:14 22 Jun 2019 14:34
SCP-3078 36 0 15 Aug 2017 09:37
SCP-3108 17 2 08 Jul 2017 17:35 17 Jul 2018 08:18
SCP-3697 13 3 19 Jun 2017 09:32 20 Jun 2017 14:57
SCP-1116 1 0 07 Jun 2017 16:11
SCP-3015 7 2 03 Jun 2017 18:50 14 Jun 2017 11:39

合作に書いたやつ:

Anoumalousアイテム:

  • 言及すると玉置浩二の田園の歌詞がなんかなるやつ

SCP-978拡張実験記録-JP:

SCPとの出会い: SCPを知るきっかけとなったのは、ゲームでも、動画でも、アニヲタWikiでもなく、Twitterの総英角ポップ体botでSCP-173が取り上げられていたのがきっかけです。

「なんだこの石像は。そして、"173"とはなんぞや?」そう思った僕は早速、"173"で検索しました。

最初は報告書をパラパラ読む程度でしたが、次第に自分で記事を書きたいと思うようになりました。(これはどの人も同じか)
まだその頃はFC2の"非公式翻訳wiki"で記事を読んでおり、wikidotの方へとたどり着くのには少し苦労をしていました。

SCPというものに会うまで、自分はこういった創作に馴染みが無かったのですが、SCP報告書というフォーマットがあらかじめ用意されている環境は自分のような初心者にとってはとても優しいものでした。
そのお陰で現在はTaleも書けるようになりました。

このコンテンツのお陰でまた多くの知識や人々と出会うことができました。
これもまた、自分が"財団職員"である理由の一つだと思います。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。