Fennecistの音楽室
凍田博士.jpg

北海棠博士が盗撮した仮眠中の凍田博士。異常性はないが異常な写真である。

名前: 凍田 紫音いてだ しおん

性別:

セキュリティレベル: 4

職務: 低危険度オブジェクトの研究。音楽関係のAnomalousアイテムの一部管理。

人物: 凍田博士は199█年8月█日生まれの酒臭い黒髪の男性で身長は178.5cm、体重は68.7kgです。睡眠不足により目の下の隈が酷く、誰が見ても不健康そうであるのが特徴です。一人称は通常「自分」ですが、信頼の度合いが高い人物に対しては「僕」「俺」「[編集済み]」などを使用します。また基本的にぬるりとした気持ち悪いのんびりとした語調で話しますが、職務中は敬語を用いて会話します。

サイト-81██にて凍田博士は勤務しており、同サイトの購買でほぼ毎日エナジードリンクとアルコール飲料を購入する姿が見られますが、凍田博士が酩酊状態となった姿を目撃した職員は誰1人いません。現在まで凍田博士を酔わせる試みは全て失敗に終わっており、飲み比べを挑んだ職員の大半は緊急治療室送りとなっています。身体検査において、凍田博士の唾液、胃液、肝臓には未知の酵素が存在していることが判明しており、この成分が凍田博士の異常なアルコール分解能力の基であると考えられています。

よくわかんないけどぉ、凍田家の人は代々お酒に強いんだよねぇ。-凍田博士

凍田博士は吹奏楽を趣味としており、専ら研究室内でBach製のテナーバストロンボーンを演奏しています。主にJhon Mackey氏の楽曲を好み、度々会話の中で引き合いに出し相手を混乱させています。凍田博士は「SCP-1009-JPといつか合奏するために練習している」と同研究室内の職員に話しており、凍田博士がSCP-1009-JPと合奏する目的で楽器を練習することは現在禁止されています。

騒音へのクレームは常に受け付けてるからねぇ。-凍田博士

じゃあその耳障りな演奏を止めていただけますか!?-廿酒はっさく研究員

ごめんなしあ。-凍田博士

ふざけないでくだしあ!……あっ。-廿酒研究員

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。