氷菓監査官の時計塔
higa

氷菓監査官の懐中時計

名前: 氷菓ひが りん

セキュリティクリアランスレベル: 3

所属サイト: サイト-81██

職務内容: 担当サイトにおける研究職員のスケジュール管理、または通知。また、臨時的な特定のオブジェクトの実験における時間管理、計測。

人物: 氷菓監査官は1997/05/16 茨城県出身 身長161cm、体重46kg女性の、サイト-81██における生活・健康部門所属の監査官です。氷菓監査官は以前はCクラス研究員でしたが、当時の未収容状態にあったSCP-███-JPの発生インシデントに遭遇し、その影響で以降「時計等を見ずとも正確な時刻や期間を知覚する」という異常性を帯びました(これを除いて異常性は見られません)。これをきっかけに、異常性の調査を含む精密検査の後、スケジュール管理を受け持つ生活・健康部門へと異動しました。先述の異常性は観測されうる限りの正確さを保有し、マイクロ秒単位で時刻や期間を計測可能です。その為、時間経過や特定の時刻などに関係するオブジェクトの実験に携わる場合もあります。

服装は決まって監査官用制服の上に研究員時代の白衣を纏ったもので、年中ほぼ変化する事はありません。

結局の所、着慣れた物が一番落ち着くんですよね。習慣みたいな物です。 -氷菓監査官

規律を重んじる性格であり、業務中は厳格な雰囲気を漂わせ、機械の様に真面目に職務に取り組んでいます。業務時間外はほぼ常にサイト内のカフェテリアにて寛いでいます。相席を申告すると、大抵の場合は快く了承します。また、冷徹な機械人形のような雰囲気とは裏腹に、返答や会話は友好的です。

何か、仕事中のイメージとかけ離れていますよね、監査官さん… 。 -原井作業員

それ貴方が言えた事でしょうか。あ、何か頼みます?珍しく来て頂いてるんです。折角ですし何か飲みながらお話でもしましょう。 -氷菓監査官

また、常に懐中時計を肌身離さず着用しており、時折針に触れ、針の指す方向を変更します。この懐中時計は既に停止しており、何ら機能的価値を持ちません。

ところで、ずっと気になってるんですけど、何で動きもしない懐中時計を大事に持っているんです? -███研究員

忘れない為ですよ。研究者としての私の時間はもう、止まってしまったという、ね。 -氷菓監査官

交流記録抜粋

起きてください、アマハルさん、アマハルさーん。 -氷菓監査官

[川獺丸従業員は椅子の上でうずくまっている。]

起きませんね…どうしたものか。…仕方ありません、アマハルさんも寝てしまってる事ですし、節電の為にもこの部屋の空調を停止して貰いましょう。 -氷菓監査官

こ、困ります!!あっ…。[焦ったように起床し、その直後硬直する川獺丸従業員。]

はい、おはようございます。お仕事の時間ですよ。 -氷菓監査官

本日の打ち合わせ、3分53と47ミリと64マイクロ秒遅刻です。-氷菓監査官

すみません、ちょーっとトラブルがありまして…。そ、それにしてもその脳内計測、どこまで細かいんですかー…。-山月監視員

まあ、前回より1分53ミリ秒早く到着したので今回は大目に見ます。あとこれは正確に計測を行っただけの事ですから。-氷菓監査官


SCPs

SCP Rating Comments Created Last Comment
SCP-940-JP 4 4 13 Mar 2019 18:21 16 Mar 2019 14:28
SCP-1957-JP 17 14 27 Nov 2018 22:41 20 Dec 2018 09:00
SCP-1158-JP 32 2 25 Oct 2018 13:15 26 Oct 2018 10:44

Tales

Tale Rating Comments Created Last Comment
『        』 8 6 07 Jan 2019 13:47 14 Jan 2019 21:12

Others

Others Rating Comments Created Last Comment
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。