相良研究員の人事ファイル
hyoroika.jpg

██海岸沿いの実地調査を行う相良研究員

名前: 相良さがら こう

セキュリティクリアランス: レベル2

職務: 植物を中心とした生物オブジェクトの管理、および実験。フィールドエージェントとしての生体オブジェクトの確保。

所在: 主にサイト-8102

来歴: 19██年█月█日生まれ、██県██市出身。██大学大学院を卒業後、█年の間行方不明となっていたが、200█年に「イカに変身する男性」として警察に保護されていたところを財団が収容。当人は行方不明期間中の事柄を一切記憶しておらず1非常に困惑した様子だった。財団による収容後、財団に対して敵対的な意思が希薄なこと、植物に関する非常に広い知見を有することを受け200█年より仮採用。後にGPSの常時着用を含む一定の監視の下、正式に雇用される。

人物: 相良研究員は身長177 cm、体重██kgの男性研究員です。植物学を専門にしており、関連オブジェクトの研究の他に、個人的な趣味でサイト-8102の花壇管理を行っています。相良研究員の外見的特徴として、眼球の構造がコウイカ目のそれと非常に似通っていることがあげられます。これにより相良研究員の瞳孔はゆるやかにカーブしたW字型をしています。勤務態度に問題は見られませんが、卑屈な性格であり、他者との軋轢を避けるために控えめな態度を取る傾向があります。また、相良研究員はその性格から日常会話においても過剰な敬語や謝罪を乱用するため、かえって相手の反感を買うことも多いようです。

相良研究員は自身の体を、巨大なコウイカに変身させる異常性を有しています。変身は意図的に中断させることも可能であり、これを行うことで「触腕を有するヒト」あるいは「ヒトの腕を有するコウイカ」の状態になります。これらの特異性に関して本人は「いつからこんな能力があったか覚えていない」「そもそもイカになれてもあんまり嬉しくない……」と発言しており、その由来は現在まで判明していません。変身後の相良研究員は完全なコウイカとしての生物学的特徴を有していますが、記憶や人格等は変化せず、通常通りの職務を行うことが可能です。この性質を生かし、相良研究員は海洋圏のフィールドエージェントとして派遣され、オブジェクトの初期収容や調査を行うことがあります。

相良研究員へのよくある質問・要望とその回答:
私に対し似た質問が多く寄せられたのでこの場をお借りしてそれに答えようと思います。変にスペースを取ってしまい申し訳ない……
Q: コウイカ状態の相良研究員って食べることは可能ですか?
A: いや、可能ですが勘弁してください……食べられた腕の再生は可能なんですが、すごく時間とエネルギー使うんですよ。ですので、その、申し訳ないです……

Q: コウイカの墨ってアミノ酸が豊富でおいしいらしいですね
A: これも同様に……申し訳ありません。墨はいざという時に使いたいので……

Q: 相良さんの触手を使った[編集済み]プレイは可能ですか?
A: ええと、可能です。可能ですよ?ただ私の吸盤にはかなり鋭い歯がいっぱい付いてまして、流血沙汰は避けられないかと……期待に沿えず本当にすみません……

Q: 無駄に謝るのやめてくれません?なんだかこっちが悪いことした気分になってきます。
A: 不快にさせてしまい本当に申し訳ありません……以後気を付けます、すみません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。