玉菜博士の人事ファイル
site81ka.png


サイト-81KAデータベースへようこそ

以下のファイルは

機密指定

です。


 
 
—生体情報確認……
 
 
—ID確認……
 
 
—パスワード確認……
 
 
—SCiPネットワークに照合……
 
 
—閲覧情報を保存……
 
 


アクセスが承認されました。

ようこそA.███様

 
 

玉菜博士の人事ファイル

tamana1.jpg

玉菜博士

名前: 玉菜 葉一(tamana youichi)

セキュリティクリアランス: 3
 
所在: 基本的にサイト-81KA。他の施設を視察していることが多々あります。所在が分からない場合は相垣研究員に連絡を取ってください。
 
職務: サイト-81KA科学部門現実改変対策チームリーダー及びその他オブジェクトの研究

人物: 玉菜博士は普段、頭部にキャベツを着用しています。比較的社交的な性格で他者と積極的にかかわろうとしますが、これは彼が孤独感に対し極度の心的ストレスを感じることに起因します。没頭中・睡眠中など周囲に注意が及ばない状況では孤独感を軽減することが可能ですが、それ以外の場合はできるだけ他者の付近にいようとします。この孤独感に対する反応は病的であり、彼にとって一人になってはならないというのはある種の強迫観念です。ある程度の時間にわたり周囲に自分以外の人間がいない環境下に置かれた場合、パニック・[削除済]等の症状を呈する場合があります。ただし、この傾向を彼自身は嫌悪しており、これを隠そうと陽気な人物を装う傾向にあります。また、自身の正気を保つため、ほとんどの時間を相垣研究補佐とともに行動しています。

玉菜博士は、当初警備部局員として雇用されていましたが、2009年までに機動隊員など所属を転々としました。2009年9月16日のいわゆる"嘆きの水曜日"事件後、研究職への移動願いが受理され、研究員となりました。その後、現実改変の研究についての成果と、サイト-81KAにおける慢性的な人材不足によって、クリアランスレベル3へ昇格しました。

現在の玉菜博士の主な職務は現実改変事象に関する研究や現実改変オブジェクトの収容方法策定などであり、現実改変発生現場へ直接足を運び調査することも多いようです。また、現実改変オブジェクトの確保作戦等に実働部隊の一員として参加を申請することが多く見受けられます。しかし、作戦に高い安全性が保証されていない限り、これらの申請はほとんど却下されます。

玉菜博士は現実改変に関する機器類に対しても高い関心を持っており、彼の研究机にはカント計数器やスクラントン現実錨のミニチュアモデルが並べられています。また、これらを来訪者に押し付ける贈ることもあるようです。

 
 

玉菜博士の本棚


もう、ちゃんと整理してくださいよ! — 相垣研究員

ごめんごめん、本棚がキャベツに不法占拠されちゃって。 — 玉菜博士


 
 

 
 
 

[[█/tab]]

[[█tab サイト-81KA]]
[[█include component:image-block
|name=site81ka.png
|caption=サイト-81KAのロゴ
]]
2009年、サイト-81KAはいわゆる"嘆きの水曜日事件"で壊滅状態まで陥りました。
この事件で一時サイト全体が使用不可能になっただけでなく、多くの職員が犠牲になりました。しかしながら、いくつかの幸運と職員たちの尽力によって、被害はサイト内部に限定され、外部への被害は微々たるものに抑えられました。

その後、数少ない生き残った職員の献身により、サイト-81KAは再建されます。
このサイトのロゴは、我々が数々の死体の上に立っていることをあらわしています。
我々は決して忘れません。あの悲劇を。犠牲を。勇気を。献身を。
傷は未だ完全には癒えていません。サイト-81KAは慢性的な人材不足に悩まされていますし、職員の中には愛するものを事件で失ったものも数多くいます。また、事件によって収容対象となった者も少なからず存在しています。
我々はこの傷を決して忘れず、未来を守ることを決めました。
確保・保護・収容、そして記憶。
これが、私たちのポリシーです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。