野良博士の人事ファイル
いぬー0.png
野良博士直筆の自画像

氏名: 野良 光希(のら みつき)

セキュリティレベル: レベル2

業務 人型オブジェクト以外のSCPオブジェクト全般の調査及び収容手順の研究、モノ探し、失踪した職員の捜索

所在: サイト-8181及び奈良県

人物: 奈良県██市出身。身長18█cm 体重80kg 全体的に筋肉質であり、軽度の近視を持つ男性職員です。
野良博士は元々財団に所属する一般研究員でしたが、自由時間中に遭遇した事故の影響で一時昏睡状態に陥り数ヶ月の昏睡期間を経て職務に復帰しました。事故の影響で脳内に腫瘍が発生しており、視覚に対して重度の障害を引き起こしています。今現在の医療技術では、この脳腫瘍を取り除くことはできません。

野良博士は、自分を含めた人間が全て人間以外の動物に見えるという症状を訴えています。自身のことは柴犬に見えると証言しています。障害が発生している視覚を補うために嗅覚が異常発達しており、ジャーマンシェパードと同程度の嗅覚を有していると思われます。この発達した嗅覚を紛失物の捜索や失踪した職員の搜索に使用します。

障害と近視の影響で、個人の特定によく匂いを用いますが、匂いを嗅ぐために顔を近づけるので、しばしば女性職員とのトラブルを起こしています。 
アナホリフクロウの匂いを嗅いだら思いっきり叩かれたんだけど-野良博士
人の胸に顔を近づけないでください!-██研究助手

性格はいたって温和ですが、近視の為目付きが悪く、あまり良い印象を与えません。また常に不機嫌そうに見える事から、あまり親交のない職員からは避けられる傾向にあります。その為、親交が深い職員には必要以上に接する場合が多々あります。
別に寂しくないです-野良博士

また障害ゆえにデリカシーに乏しく女性職員、男性職員にかかわらず動物名で呼び出したりしますが、あまり気にしないでください。

ゴリラねぇさんゴリラねぇさん ちょっと確認したいことがあるので研究室まで来てください。-野良博士の録音テープ


野良博士に対する職員の声を募集しております、気軽にどうぞ。
SCP-JP:

__ その他のページ__:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。