YS_GPCR's Author Page

全然わからない。俺は雰囲気で翻訳をしている。

翻訳したSCP

  • SCP-001、S. D. ロックの提言 - When Day Breaks (夜明けの刻), 原著:Shaggydredlocks
    • 太陽は[システムエラー] データ消失: ec172. システム管理者にコンタクトしてください.のイベント後にSCP-001に指定されました。最初の24時間で~68億人の犠牲者がもたらされました。SCP-001の影響は紫外線への暴露の結果ではなく、むしろ可視スペクトル(~390-700 nm)によるものと考えられます。月光も同様の影響がみられます。
  • SCP-001、スパイク・ブレナンの提言 - God's Blind Point (神の盲点), 原著:spikebrennan
    • SCP-001は、シナイ半島の███████に位置し、地表と地下の双方に広がる、およそ65,000立方メートルの変則的な形状の空間です。SCP-001の特質の結果として、Homo sapiensの認知機能と組織機能の劣化の進行や終了は、実験対象であるHomo sapiensがSCP-001の境界内部に留まる限り停止します。 言い換えると、ある一定の限界はありますが、ヒトの死はSCP-001内部では発生しません。
  • SCP-001、WJSの提言 - Normalcy (正常性), 原著:WrongJohnSilver
    • SCP-001はコンセンサスの取れた現実を描写する文書です。したがって異常な活動とは、文書の指定する範囲外で起こったあらゆる活動と定義されます。O5評議会の決定に従い、文書は現実の特定の特色を本質的に異常であると描写する事があります。
  • SCP-001、ビリスの提言 - The World at Large (とらわれざる世界), 原著:Billith
    • こちら銀河████████人間輸送艦キスメット艦長グラハム・エレシュキガル。誰かがこれを聞いているなら、本艦が我々の残り全てだ。地球は — 地球は消えた。我々が — [空電] — に間に合うかわからない。我々はラニアキアにいる。おそらく — [空電] — いくらか支援が — [空電] — わからない。わからない。
  • SCP-001、タンホニーの提言 - Dead Men (死せる者たち), 原著:Tanhony
    • SCP-001とO5評議会に関わる状況を調査した所、当委員会は評議会の行動は財団の職務に対し許容可能に正当化できるものではないという結論に達した。人型SCPを13人の人間の全くの利益のために用いること本来の問題に加え、彼らの行動の結果として死の概念に多数の副作用が生じてきたことも疑われる。委員会によるこれらの行動の中止要請は拒否された。このこと及び、過去6ヶ月間の数件の他の評議会による倫理違反のため、当委員会は" 労使交渉 "が発動されねばならないと結論した。
  • SCP-001、タフトの提言 - The Scarlet King (緋色の王), 原著:Tufto
    • だがそれが何になる?それが唯一つの目的なのか?ただ残酷さがないことが?平和と優しさがあることそれ自体の意味は何だ?それで空虚な墓場に死んで落ちる前の数十年を笑って過ごせるのか?有限な自己の肯定。私には理解できない。決してできなかった。そう試みなから育った。私もそうなりたかった、君のように。
  • SCP-1095 -The Fall of a King (王の失脚), 原著:MrRonin
    • SCP-1095を通過した場合、即座に██の████████市に似た場所(SCP-1095-1と呼称)に転移します。SCP-1095-1内部のSCP-1095の場所はSCP-1095-1の市庁舎の中です。
  • SCP-1401 - Lost Highway (ロスト・ハイウェイ), 原著:Smapti
    • SCP-1401は日中には異常性を発揮せず、横断しても安全です。しかし夜間には、SCP-1401を走行する車両はおよそ█%の確率で、走行している方面にかかわらず目的地に着くことはなくなり、その際にどのような手段を用いても位置を特定することができなくなります。
  • SCP-1564 - Post-Nibbanic (涅槃の後), 原著:Communism will win
    • SCP-1564は長さ1.4メートル重さ216キロの6つの卵型オブジェクトで、SCP-1564-1から-6に指定されます。基本的に真鍮とベリリウム青銅、そして少量の金で造られています。
      • ※非公式日本語訳wikiに掲載後他者の手により転載。
  • SCP-1730 - What Happened to Site-13? (サイト-13に何が起こったか?), 原著:djkaktus
    • SCP-1730で見られる識別表示および内部にある文書は、SCP-1730はもともとはアラスカ州ノーム近郊に位置していた財団のサイト-13の一部であったという説を補強しています。この説は現在の記録とは矛盾しており、ノームに建設される計画であったサイト-13はより大規模かつ先進的なサイト-19の建設を受けて中止され、完成には至っていません。現地で見られる植物はアラスカ地域固有のものであることが追跡調査により判明しています。SCP-1730がいかにして現在の位置に移動してきたのかはわかっていません。
      • ※補遺1730.7、補遺1730.8、補遺1730.9、補遺1730.10のみ翻訳。
  • SCP-2309 - Iron Wall of Dhul-Qarnayn (ズルカルナインの鉄壁), 原著:Univine
    • SCP-2309は薄い真鍮の層で包まれた鉄のブロックから造られた、ジョージアの███████地方の█████の峠道の谷を通る部分で左右の岩壁の間に建てられた高さおよそ20 m、厚さ5 mの壁です。SCP-2309は通常の手段ではダメージを受けませんが、北側の面から、多くの場合爪痕に似たパターンを示す金属片の消失という異常な機序により劣化し続けています。
  • SCP-2359 - Yesterday, Upon the Stair (昨日私は階段で), 原著:StringentCurry
    • SCP-2359の主要な異常性は、これを見た、聞いた、あるいは何らかの手段により情報を得た人物内で増殖する認識災害です。感染すると、感染者の精神内にSCP-2359に関する偽の人物像と記憶が発生します。結果として、感染者はSCP-2359を親しい家族の一員や、子供の頃の友人といった、人生の大部分において知己だった人物として認識します。
      • ※非公式日本語訳wikiに掲載後他者の手により転載。
  • SCP-2481 - Kill the Suns (大羿射日), 原著:SunnyClockwork
    • 「伏義は我らの父たる蛇であり、我らにまず初めに文字を教え、そして世界の仕組みを理解する助けとするために八卦を教えた。女媧は鋭い爪と牙を持つ、我らの母たる龍である。人を作るために土に命を吹き込んだ。」
  • SCP-2564 - Willow Glen Community Hospital (ウィローグレン市中病院), 原著:AJMansfield
    • SCP-2564は、インディアナ州ゲーリーのヴァージニア通り2301にある、1959年から1964年にかけて建設されたウィローグレン市中病院跡地です。SCP-2564では多くの異常な現象が発生し、少なくとも5人(加えて数名犠牲者がいた可能性もあります)が死亡する結果をもたらしました。この病院に受け入れられた患者の関係者が、病院内もしくは近隣で事故により負傷、死亡する確率は有意に高いものでした。
      • ※非公式日本語訳wikiに掲載後他者の手により転載。
  • SCP-2688 - Enammu (エナンム), 原著:Cyclopian
    • SCP-2688の中心には、およそ紀元前4100年のものと思われる大きな遺跡と化したジッグラトがあります。これ自体に異常性はありませんが、この地域の同様の手法で建築された他の建造物より千年以上古いという点で時代から逸脱しています。
  • SCP-2815 - Tree of Life (生命の樹), 原著:Nederbird
    • コミュニティは対外的には適度に敬虔なローマカトリック教徒であると自称していますが、調査によるとサーキシズムの様々な流派と混合したハンガリー・ペイガニズムに由来する宗教を実践しています。
  • SCP-2841 - Revenge of the Snakes (蛇の復讐), 原著:SunnyClockwork
    • SCP-2841-1は28個の、内部が空洞で、木に似た青銅の彫像であり、SCP-2841-2を取り巻いています。調理された肉がそれぞれの先端に吊るされており、手で簡単に取ることができます。肉が取り除かれると、開口部は速やかに液体を発生させ、続いて不明なメカニズムにより5分以内に固形化し肉がもう一片生成されます。
  • SCP-2847 - Yu the Great, and the Immortal (大禹、偉大にして不死なる王), 原著:SunnyClockwork
    • SCP-2847-KはSCP-2847-1の深さ700mから1200mにかけて埋もれている、生きている蛇状の生物です。その体には不規則に配置された大きさの違う様々な四肢が観察できます。SCP-2847-Kは現在上を向いて巻かれた形になっており、その全長は最低でも900mと推定されます。他に100mから600mの様々な長さの9体の蛇状の生物が同様にSCP-2847-1に埋もれていますが、すでにライフサインは示していません。
  • SCP-3000 - Anantashesha (アナンタシェーシャ), 原著:A Random Day, Joreth, djkaktus
    • 「私は…私はSCP-3000はアナンタシェーシャだと思う。この…この逸脱、この認知への裏切りは、神の近くにいたためだと思う。ただの神ではない、すべての時をまたがり存在する神、すべての時に同時に、そして…それをも超越して。」
  • SCP-3001 - Red Reality (レッド・リアリティ), 原著:OZ Ouroboros
    • 「レッド、君はいい聞き手だ。でも君自身について話してるのを聞いたことはないな。言ってみろよ、恥ずかしがるなよ。ここには他に誰もいない。そうだろう?ハハハ…ハハハハハ…」
  • SCP-3003 - The End of History (歴史の終わり), 原著:Communism will win
    • SCP-3003は地球より3%重く、30時間の自転周期を持ち、HIP 56948を0.9 AUの距離で公転します。表面温度の範囲は地球に類似しており、陸地(表面の40%を占める)の大部分はSCP-3003-1と-3の大規模な居住に適しています。残りのSCP-3003の表面の殆どはSCP-3003-1と-3の生存のために、直接的または間接的に改変されています。
  • SCP-3333 - Tower (塔), 原著:Jekeled
    • SCP-3333はサントップ監視所の梯子と天井にある跳ね上げ扉を介してアクセスできます。梯子を登ることにより、フサントップ監視所の同一のコピーに行くことができます。このコピーは同様の梯子と跳ね上げ扉を備えており、さらなるサントップ監視所のコピーにたどり着きます。
  • SCP-3391 - An artificial god (人工の神), 原著:Tiamat Elsen
    • 私はラクダに乗ったときに、女性を振り返り、なぜあれほどの生贄に駆動される武器を必要とするのかと聞いた。なぜあれほどの力を必要とするのかと。私は彼女はメカニトのことを、ギリシャのことを、そして私の愛するエジプトのことを言うのかと思った。彼女はただ微笑んだ。
  • SCP-3396 - The Empyrean Parasite (至天虫), 原著:CadaverCommander
    • SCP-3396感染により変異した人間は、典型的には他の感染した生物と同様に、その生理機能に著しい改変を示しますが、心理的な変化はめったに受けず、人格と記憶を保持しているように見え、一部のケースでは知的能力を増大させています。このことはSCP-3396感染により与えられる異常な能力を合わせ、ヒトのSCP-3396-01を極めて危険なものにしています。
  • SCP-3731 - Normality Will Be Protected (正常性は保護される), 原著:fieldstone
    • 2019/10/14: 世界人口は完全にSCP-3731に変換される。オレンジゾーンの外の人類は絶滅する。O5-1がサイト-63の破壊により失われる。サイト全体と周囲の環境はSCP-3731実例たちにより宇宙へ射出される。
  • SCP-3813 - The Fall of Hyperion (ハイペリオンの堕天), 原著:djkaktus
    • SCP-3813はイタリア、ローマ近くのティレニア海海底に位置する巨大な機械の大規模構造物です。構造物の大部分は海底に埋もれていますが、その大部分が潜水によってアクセス可能です。構造の内部は部分的に浸水した回廊や通路のネットワークです。歴史的な記録では、SCP-3813は機械的な戦象であることが示されています。SCP-3813は多数の投石機やバリスタなどの古風な武装と、構造物の背中の司令塔を装備していました。崩壊した大規模構造の内部の調査により異常な設計が示されていますが、SCP-3813がどのように動力を供給されていたかは不明です。
  • SCP-3847 - If only I could talk with birds (もし鳥と話すことさえできたならば), 原著:SunnyClockwork
    • SCP-3847は中華人民共和国、河南省、█████ ██, ████████にある概ね40 m X 80 m X 5 m 20 mの領域です。SCP-3847の中では、鳥類が発する声はヒト対象にとって、対象の母語によるメッセージとして知覚されます。以降、これをSCP-3847-1とします。
  • SCP-3930 - The Pattern Screamer (虚空の叫び), 原著:djkaktus
    • 我々は多すぎたんだ。あまりに多くが虚空を覗き込んだ。そしてそいつは叫び始めた。
  • SCP-3989 - The Bone Orchard (骨樹園), 原著:FortuneFavorsBold
    • SCP-3989とSCP-3989-AはH. Sapiensと著しい遺伝上の類似を示す、幾つかの異常な形態の生物の居住地です。各構造は明らかにヒト組織からなるにもかかわらず、その全体的な構築は広い多様性を持ちます。領域内のすべての木は様々な程度の骨化を示しています。完全に骨化し枯れた実例は新たな葉状、果実状の構造を成長させ続けてその異常な解剖学的構造を維持し、SCP-3989-A内で見られる動物状および植物状の実体を再生産します。
  • SCP-4007 - Kagemusha (影武者), 原著:weizhong
    • SCP-4007は、非公式に"平房五人衆"として知られ、第2次世界大戦中に大日本帝国陸軍731部隊1の特殊作戦部隊であった5人の異常な人物の総称です。 大戦中を通じて、5人全員が複数の異常な能力を付与されました。

翻訳したTale

  • Atzak I (アザックI), 原著:djkaktus
    • ああ、だがいつもここで曖昧になる。あなたは子供に会った、多分。昨日のことではない、だけどいるんだ。ピッツバーグ郊外のあなたの庭で遊んでいる。だがあなたはピッツバーグに住んだことはないと思い出す。 子供はいた、だが幼いときに死んだ。そしてあなたはピッツバーグに住んだことはない。だけどなぜこんな鮮明に思い出せるんだ?
  • Atzak II (アザックII), 原著:djkaktus
    • ケント博士はファイルから紙を取り出した。「0700時、通常のSCP-3000の活動調査中、リー保安員は間欠的な頭痛を覚え診療所にかかった。カトリ医師がリー保安員の診察にあたったが、急速に悪化し簡単な質問にも応答できなくなった。続く30分の間、リー保安員は3回覚醒したが、1回目は彼はブリュッセルの女性だと言い、2回目は状況に対してパニックになり、3回目は診察台から降りて部屋の角へと歩き、角を指差し叫んだ。20分後、リーは昏睡状態になり、サイトでの治療に回された。」
  • About the Serpent (蛇について), 原著:SunnyClockwork
    • 秦朝の末期、漢の最初の皇帝である劉邦が地方の役人であった頃、楓渓の湖に巨大な蛇が潜むという噂があった。劉邦が調査に赴いたところ、人身蛇面の奇怪な男と出会った。その者を魔物と思い劉邦は剣を抜いたが、その者は狼狽し魔物でも悪魔でもなく、伏義と女媧の子孫であり、夏王朝の生き残りであると語った。
  • Bumaro and Ion sat at a table (ブマロとイオンの対談), 原著:SunnyClockwork
    • 「何故だ」額に手を当てながらブマロはようやく口を開いた。「何故ならば私は神として降臨し貴様ら全てを貪るだろうからだ!お前の貧相な金属の教会も含めてな!」イオンは、幾つもの口からの声を共鳴させて吠え、自らの唾液でむせた。
  • A Wandsman in the court of the hanged king (堂守、吊られた王の宮廷で), 原著:Metaphysician
    • 明確な観察を書き記すことは、私にとって単純にあまりに猥褻です。しかしながら、終わりなき乱交について考えると、人は単純に想像力をたくましくするものです。あなたが何を想像されたにせよ—それは移り気の美徳の広間に実際にあります。様々な恥の器官の陳列 ‐ 通常は他の恥の器官と絡み合っていましたが ‐ があったと想起なされれば十分でしょう。私の最初の観察では以下のものが見られました。
  • And so the crows laughed (そしてそれ故烏ら笑ひけり), 原著:SunnyClockwork
    • そしてその街は、仮面をつけた死者たちが、その体が腐り落ちるまで祝福し行進する中、吊られた王に永遠に支配された。しかし王が吊られた時街を逃げたものたちも安息を得られなかった。彼らは歩くときも夢の中でも、彼らの隠れ場所を見つけた捻れた街からの囁きに取り憑かれた。
  • So the Beasts Shall Plague the Land No More (かくして、獣はもはや大地に病をもたらさず), 原著:SunnyClockwork
    • 炎が空を満たし、大地は震えた。二つの軍勢が衝突し、軋む機巧の音と人ならざる咆哮が互いを打ち消した。片方ではベヒーモスが悪辣な毒を吐き、それは煙となって立ち上り空気へと溶けた。彼らの敵はしかし、もはや呼吸する必要はなかった。彼らの銅の心臓は、他でもない信仰に駆動され、鋼と鉄の体が行軍する間鼓動した。彼らに指揮される機械の巨人たちはためらいなく動き、光と熱の線を放ち、獣どもとその下の大地を灼いた。
  • avatara (アバタラ), 原著:A Random Day
    • 彼らが初めて生まれたとき、溶液に満たされたピンク色のプラスチックの子宮で縮こまり横たわっていた。彼らは呼吸できた。彼らは呼吸器を通して言葉を枯れた声で絞り出すことができた。彼らは溶液の暖かさを感じることができた。彼らは微分も積分も暗算できた。彼らは感じることができなかった。
  • Operation AZURE PEREGRINE (オペレーション・アズール・ペレグリン), 原著:sirpudding
    • サムサラ分隊は3階から中3階への出入口(部屋番号A-35S)にて強固な抵抗に遭遇した。敵勢力は4名の人間のカルト構成員と2つのタイプ-IV半自立奇蹟術的可動型幽鬼であり、全員がAKMライフルで武装し、待ち伏せしていた。イラントゥ軍曹とオンルゥ特技兵が火力基盤を確立し、ムンルゥ伍長とナンクゥ特技兵が敵の場所へ向けて強襲した。幽鬼たちは小火器の攻撃(スペルイーター弾を含む)に対し相当の抵抗を見せたが、中枢神経系への総体的なダメージにより無力化された。3名の人間は負傷し、確保、拘束され、1名は死亡が確認された。その階でのそれ以上の抵抗はなかった。
  • The Lord of Endowments (授く主), 原著:sirpudding
    • 授く主は人の神格化 — 人が神へと変化すること — を促進すると主張する神的存在です。10世紀に物理的に顕現したと信じるものもいますが、この出来事は歴史の中で失われています。小規模な信者のグループは、それは更に以前の顕現で人類の知性を触媒することに関与し、さらに神格化へと導くためにこの世界に戻る方法を探していると信じています。
  • Samsara (サムサラ), 原著:A Random Day
    • ナンクゥの眼が輝いた。彼女はナイフを引き出し、即座にそれを一番近いサイクロプスの首に突き刺した。ナイフが頸部から引き出されると濡れたグチャリという音がした。それが倒れる間に、彼女は次のサイクロプスへと跳躍して体当りして床に倒し、顔を繰り返し刺突した。
  • I See a Great Beast within the Fires (我、炎に大いなる獣を見たり), 原著:SunnyClockwork
    • 「私はこれを以前に何度も試みたが、一度も成功しなかった。」彼は蛇の男が言うのを聞いた。「しかし、父たる蛇を真に信仰する者であるお前なら —」彼は止まり、言い直した。「真にMekhaneを信じているなら、やり遂げるだろう。」
  • CotBG Archive ██/██/20██-███: Of Dragons and Serpents (CotBGアーカイブ20██/██/██/-███: 龍と蛇に関して), 原著:SunnyClockwork
    • 下の文書は以前には知られていなかったGOI-004("壊れた神の教会")の分派から回収された一連の詩です。発見時、職員は東洋の神話に登場する龍や不自然な大きさの蛇を描いた弱い幻覚を体験しました。長期にわたる影響は確認されていません。詩は様々な時代と地域で書かれた、異なった起源の資料からの翻訳のようです。特に、他の壊れた神の教会の著作と異なり、"Mekhane"(壊れた神)と"ヤルダバオート"(サーキックの神)の両実体が龍または蛇として文書中に描写されています。これらは2つの実体の以前考えられていたよりも複雑な関係を明らかにしました。1つは中国の古代神話との直接的な関連を見せており、もうひとつはSCP-████と関連していると考えられます。
  • An Anthropological Approach to Sarkicism - Case Study 01: The Vaśńa of Sarvi (サーキシズムへの人類学的アプローチ ― ケーススタディ01:サルヴィのヴァシニャ), 原著:Metaphysician
    • 今日のノルウェー極北地方、スウェーデン、フィンランド、そしてロシアのコラ半島を取り囲むラップランドの北極圏内には、多数のフィン・ウゴル語派の先住民が居住しています。遠縁ではありますが文化の起源を共有しているため、サーキックのコミュニティーを現地のサミ人と区別することは困難ですが、精査すると全く異なった集団であることがわかります。これらの人々は自身を ヴァシニャと呼びます。これがこの研究の対象です。
  • Sic Semper Tyrannis (暴君は常に斯くの如く), 原著:Modern_Erasmus
    • ギャロスの陥落から8日後、メカニトの若い僧侶は彼の師の死にゆく肉を見つめていた。赤く、ひび割れ、そして腐っていた。その高僧の命はもってあと数時間だろう。2日前にキプロスへ戻った少数の者達の大多数はすでに死んでいた。
  • Letters from Benares (ベナレスからの手紙), 原著:psul
    • そしてもっと良いことに、私たちには専属のグルがついたの!もちろん、彼はそんな風には呼ばれてなくて、サドゥーか何かだけど。でもエレナ―と私は彼をグルと呼ぶことにしたわ。風体もサフラン色のローブを胴に巻いて、腕輪をして白い髭をたくわえているみたいな感じで ― とても印象的だわ。
  • What Dragons We Shall Be (我々はどのような龍になるのか), 原著:SunnyClockwork
    • 僕らはみんなおかしな現実改変者で、ただ程度が違うだけだ。メッキーとヤルダの部分がお互いを打ち消し合っている、僕らの体と心と魂の中で、だから僕らは一見普通の人間なんだ。
  • A Life that Was Simple (生きることがシンプルだった頃), 原著:SunnyClockwork
    • 生きること。彼が思い出せる限り、それはシンプルだった。正確にどれほど長かったのか、彼にはわからなかった。全てはいつ始まったのかも、そもそも測るための安定したサイクルも彼は知らなかった。星々と惑星は宇宙の背景の点に過ぎず、それらの回転はあまりに意味をなさなかった。
  • O5 Command Dossier (O5司令部書類), 原著:thedeadlymoose
    • 言うまでもないことだが、このファイルは君が読むためのものではない。だがここまで来たのだ、私は君にチャンスをあげよう。以下の情報のいくらかは真実だ。そしていくらかは嘘で、馬鹿馬鹿しくさえもある。私が確信しているものもあるし、そうでないものもある。時として私は嘘をつく。それは問題ではない。私がここで君に語る事はすべて、誰かが、どこかで信じたことだ。そして信じることは力だ。O5評議会が存在すらしない可能性にも留意してくれ。—黒の女王
  • So You Can Live In The Light (あなた達は光の中で生きる), 原著:Doctor Cimmerian
    • 彼の名誉の原理への献身と自己犠牲は彼の人生の全てに生きていました。そして最上位の自己犠牲が彼を死へと導いたのです。それは私にも名誉の原理への最大限の献身をさせるものとして遺され、そしてその名誉が、私に彼を死へと導いた出来事の真実を話すことを要求するのです。
  • A Place To Call Your Home (あなたの家と呼べる場所), 原著:Billith
    • 宇宙を食らうもの、存在の欠損。それは宇宙の全ての処理能力が不十分であることを示す兆候だった。あなたは銀河を作ることは難しいと思うだろうか?そんなものはあなたが計算機でシミュレートできる程度に予測のつくものだ。しかし精神は違う。精神は精緻さを、個性を、そしてその周りの残りの世界全てを遥かに超える複雑さを要求する。
  • The Shape of a Gun (銃の形), 原著:CadaverCommander
    • 彼女は今や何千ものそれを持っていた。何百万もの。拳銃、ライフル、グレネードランチャー、遠距離砲、巡航ミサイル、そして未だ獣たる人類が想像もできていないもの。黒色火薬の空、弾薬の川、そして銃器の果てしない平原が彼女の人生そのものの裏側の空間に広がっていた。そして彼女はそれらを逃走のために使ったのだ。
  • A Farewell to Arms (武器よさらば), 原著:Weryllium
    • 彼女は磁力反転フィールドを起動し、彼女を押さえつける腕を飛び去らせた。彼女はサイコ・アンプリファイアーの最後の一撃でエリックの脳を液化させ、彼女の左手は火花のシャワーとなって噴出した。アルマンドはBrachiosaurusの前脚を彼女の顔に叩きつけたが、それは防御され、彼女は驚きもせずにエンジェラの顔と腹部の中心にエネルギーボールを発射した。アルマンドは彼女を数本の長い蛸のような触手で掴んだが、フィゲロアは溜め込んだ衝撃波を中央のパワーコアから放ち、彼を吹き飛ばした。彼は壁に当たったが、いくらかの装甲を触手の吸盤で剥ぎ取った。
  • A New Age of Magic (魔法の新時代), 原著:Modern_Erasmus
    • 我々の世界の現在の状態を促した魔法のルネサンスは、影響を受けた人間全てに3つの共通点を残しています。ひとつめは発光する青い器官がその体内に成長し、存在することです。発現したものの大きさは大きく変わりますが、全てが不可侵の奇蹟論防御を有しているように見えます。それらの用途は常に、そして外見上は、エネルギー源なしに大量の生のエーテルエネルギーを投射することです。
  • Thrive (栄えよ), 原著:CadaverCommanderfieldstoneModern_ErasmusWeryllium
    • 「私は人類全ての悲しみ。私は彼らの痛み、彼らの忍耐、彼らの記憶。彼らの精神、そして栄光。彼らと獣を分かつもの、彼らを見守るもの、彼らに教えるもの、彼らのより良き本質に仕え、彼らを貪らんとするものから守るもの。我らの兄はその知恵の座にて彼らの時がついに来たと決めたのだ。もはや彼らは私を必要としない。そして彼らはお前も必要としない。たとえ今まではそうだったとしても。今や彼らは我々を超越した。私は今から何をするだと?親愛なる者よ、常にしてきたことをするだけだ。私は耐える、私は最も重き重荷を背負う。」
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。