黒の女王ハブ
評価: +1+x

アリソン・チャオ(シータ)、
彼女の世界で黒の女王として知られている者へ

この手紙があなたに首尾良く見つけてもらえますよう。別日でのわたしたちの振る舞いについては謝罪したいと思います。あなたは強い人ではありますが、あなたの本当の性質、その上蛇の手を発見したならば混乱するでしょう。わたしがほかの妹たち(Little Sisters)に紹介されたのはずいぶん前のことなので、それがどういう感じか忘れてしまいました。無力感は決して愉快な感情ではありません、特にあなたが周りのみんなより五歩先にいる感覚に慣れきっているときには。不幸なことに、あなたがやった攻撃方法は予測されていました。あなたがいつか未来、図書館(Library)でわたしたちに再会する方法を自分で見つけだすことを願っています。

願わくばこの手紙が、図書館で聞かれるであろう質問のうちいくつかを手助けしますように。第一に、そこにはいつもギアーズがいます。彼はいつも超常組織のために妻から離れます。彼はいつも彼の感情能力を失います。これは直る場合もありますが、直らない場合もあります。彼は最終的に彼のいる宇宙を破壊するような物事に巻き込まれる場合もあります。

第二に、ギアーズにはしばしば一人の娘がいます。彼女はいつも彼との離別により方向付けられます。一定の年月が過ぎた後、彼女は父親を探し始めます。彼女は怪物になり、人間性をほとんど無くす場合があります。良心の類を留めている場合もあります。父親探しに成功し救出することもありますが、そのとき父親は壊れた抜け殻になっています。彼を守り、家族をかつてそうであったように再生する場合もあります。多くの場合、彼女は傷ついてはいても平凡な女性です。計画を断念する前ですら死んでしまう場合もあります。そして時折、ごくまれですが、彼女は図書館について学びます。

あなたの状況を知るのはそれほど珍しいことではありません。あなたの苦しみは無限に繰り返される同一の苦痛の反復の一例であり、あなたが出来ていると思いこんでいる制御は、聞き苦しいでしょうが、非実在のものです。あきらめないで。あなたの世界たちにたいする影響力(世界ではありません。世界たちです。)はあなたがそれまでに知っていたものすべてより遙かに偉大なのです。娘たちの何人かは影響力を自分たちの世界だけに限定し、図書館をセーフハウスや資源として使っています。他の何人かは古代の、そして隠れた世界を探し回るために図書館を歩き回っています。何人かはギアーズを無視し、何人かは脅迫的に彼を探し出そうとしています。少数の者がこの集合は神、もしくは神々の働きによるものと考えています。時折、人々は衝突します。

これをグループと呼ぶのは慈悲深すぎます。似たような経験をした個人を集めたコレクション、の方が近いでしょう。

あなたの計画が究極的には何になろうとも、あなたが挑戦し再びわたしたちを見つけてくれますように。あなたは怯え困惑し、そしてたぶん怒っています。そのときは、わたしもそうでした。でもわたしたちはあなたが他の誰よりも上手く出来るとわかっています。あなたが留まることを選んでも、わたしたちの能力に限界はありません。

あなたの妹、
アリソン・チャオ(イプシロン)
彼女の世界で黒の女王として知られている者より

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。