英雄
rating: +1+x

夜は更けた。私はジャケットの前を留め、不器用に靴紐を結んだ。私は帽子を被り、重苦しい気分でドアノブを押し開けた。ドアは私の気分を代弁するかのように重く開き、蝶番が軋んでいやな音を立てる。私は何も残さずそこから立ち去った。

私の顔に何年も吹き付けてきた風が、私のことを止めることを決意したようだ。職のこと、頑固な天才や、馬鹿どもへの失望から、私は雪の漂う中を当ても無くさまよった。私にはこの数十年間草に覆われていた道など必要なく、目に見えない車線はもう私の記憶の中にきちんと刷り込まれていた。そして確かに、私は闇の中で、どうしてか、よるべと上司を失ってしまった。

あの男には本当に申し訳ない。彼が誰と呼ばれていたのか、彼がどのような存在であったかは重要ではなかった。もう一度、私が昨日誓ったように、彼は外套を着て、忠犬のように道を示してくれるだろう。毎日、たとえ金の盾が打ち砕かれたときでも、彼は私と言う経験不足のターミネーターとともに、この3579歩の道を歩んでくれるだろう。そして仕事は過酷で、恩知らずではあるが、私は黒曜石の植え縄の間を行き来した。彼はこれが私たちの義務であるとしたからだ。私は一度、彼にそれがほしいのか?と聞いたことがある。だから彼は毎日3,579歩の長い道のりを、致命的な脅威にさらしたいと思っているのかと。彼はいつものように笑った。しかし、彼は彼の心の闇の中で、私にそれを認めたと、私は確信している。しかし最後まで、彼は何のためにこれをやっているのか、打ち明けてはくれなかった。

私は当時よりは豊かな経験を持っていたが、同じようにはじめた。私に毎日の思い出という贈り物をありがとう。神聖なる平和を望むとともに、彼に祈る。出会った当時、彼はまだ若かった。いつも笑っていて、生きる力に満ちており、また、熱心に働き、自分を戒めていた。しかし彼の目には、これでは不十分だ、という野望が見えていた。大きな計画、そしてそれを実行するだけの強い意志。彼のような人々が、いままで何度も世界を変えてきたのだろう。

しかし、時は流れた。彼らは彼を様々なプロジェクトへ配置したが、しかし、彼は知れば知るほど、私に注意を払うようになった。順路だ。3579歩かけて警備する。私が私の記憶を探れば探るほど、私はそれを恐れるようになる。私は、私が人生にとって重要な決断を多くする前に、私が健康を持ち崩すことを恐れている。確かに彼は、人生に後悔することはできたかもしれないが、その問題を解決することはできなかった。そして彼は、和解するのに十分な勇気を持てなかった。昔の笑みは顔から消えてしまった。そのような、想像もできないほど小さな瞬間への感謝や、生きる意志さえも失われてしまった。さらに彼はのろわれた組織に所属することで、生き残りを図ろうとしていた。彼は、ゆっくりと信用することをやめていった。もっとも私は、最後まで彼の後ろに控えていたのだが。

しかしながら、逆説的に、彼はこれらへの関与によって、新たなる冒険へと旅立っていた。しばしば、彼はほとんど垂直に近い急斜面を走り、何度も私の目の前から消えていった。彼はさらに先へと行くために、あらゆることをした。もっと詳しく見てやってくれ。常に3579歩に収まるように行っていた。彼はいつも強さを持った男だったが、強い人間ですらいつかは落ちぶれるものだ。

時間は私たちを惜しんではくれない。なじみの都市の多くのプロジェクトでは、新しい、渇いた知識が現れ、この世界のわずかな恐ろしい不思議と愚かで不必要な犠牲のための準備が整えられた。私たちも、自分たちを適応させようとした。私は後悔することなく同意したが、彼のことを少し残念に思った。私の上司や、私の父の司令官などは、彼の周囲に閉じ込められた乾いた人間となってしまった。彼の体は生きてこそいたが、彼はすでに死んでしまっていた。彼の望んでいたものが何であったにせよ彼は、失敗した。我々は共通したやり方で、毎日、最後のチャンスを見出した。償還、赦免。

であるから、私はミッションのためからも、普通の人間としての立場からも、常に彼とともにあった。彼と、毎日3579歩の歩みを完走する。

ある日、彼は来なかった。ちょうど。確かに彼が選ぶとすれば、もうひとつ、最後の選択肢があるだろう。なぜなら、すべての人にとって最後の瞬間だからだ。オシレは彼が戻ってきたときに彼にささやき、すべてを地獄に投げ捨てるように言った。そして彼のいくつかの部分は、夕暮れの公園への道へとひかれていった。何かが、彼に、ほとんどそれを発見したんだ。とささやいたのだ。最後の3580歩目を踏み出せ、と。

しかし、彼は自分の捜し求めていたものを見つけることは無かった。彼とともに人生が終わることはできなかった。彼は、彼自身を終わらせることができなかった。だから、財団がそれを終わらせた。彼が見つけたかったものが何であれ、彼はそれを見つけられたのだということを私は知っている。彼は、ここで3580歩目を踏み出す前に、壊れてしまっていたのだから。

私はその場所にたどり着いた。私はその場で、古いマッチを取り出し、私の最終的な自由をその小さな炎の中に見出そうと、何度か炎を付けようと試みた。私の周りの木のように黒い暗闇の中でランプを開き、油の入ったヒューズが消えないようにする。戻るべきときだ。

私の人生を通して、私の仕事はただこれだけだった。毎晩、私は自発的に外に出て、古いランプに火をつける。 古代の伝説によれば、英雄が、暗闇が崩れたときに3579歩歩き、ホロコーストを防ぐために聖なる炎を保つ必要があるらしい。このひとつの単純なメリットのために、財団はわたしをこの英雄として扱うだけの準備ができている。

しかし、私は彼の人生を思い起こすとき、私はいつも何か、教えてやりたいというふうに思う。彼がしたことはすべて、私を思ってのことだった。彼は自分のキャリアだけではなく、自分の夢すらそれにささげた。彼は私の仲の何かを見つけ、それに私がふさわしいと判断したのだ。今日私は一生を振り返り、ようやく理解することができた。そして最後に、私は彼の遺志を、果たす。

彼がいったい誰だったのか、彼が何と呼ばれたかは重要ではなかった。私にとって、彼はいつまでも英雄だ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。