それだけの価値はあったか?
評価: 0+x

縁に…立て!

ヘッドフォンをはずした。小さな玉が、弧を描いて下に落ちる。彼はただそれを見つめていた。彼は透明な瓶から一口、飲んだ。彼の下には、明るい緑の草のベッドとコンクリートの床、その上には上下にガラスパネルが走っている。鏡の端にある大きな陶製のロゴは彼の酷い生活を思い起こさせる。

このすべては彼にとって何のためのものだったのか?なぜ彼は黒スーツで背の高い怪しいやつらのオファーを受け入れたのか?すべての予感は満場一致で良い選択ではない、と言っていたが、彼は承諾した。それはおそらく、好奇心からだった。人間として最も普通な好奇心だ。手順は簡単だった。彼は彼に対する何かについて同意し、サインをした。彼らはほかの人々と同じことをするために彼に黒いスーツと小さな注射器を与えた。

彼は注射器の内容物を摂取したわけではなかったが、記憶はぼやけていた。彼は漠然と記憶を思い出していた。誰かがどこかにいる。彼の一度気にかけた人間だ。だれかが彼の口にキノコを放り込み、ほかの人のためにキノコを用意したエージェント2人にうなずいた。

彼はそれを残念に思った。

財団は彼をだましてはいなかった。同意した5000人の人間は、定期的に誰かの利益に貢献した。彼は移籍のための手続きを見た。常に滑らかで美しい紙に印刷されていた。エリアの名前が黒くぼかされて表示されている。彼はもはや、彼の何物のためにも必要とされていなかった。財団は彼にとって避難所だった。財団は彼の食堂で、オフィスだった。財団は、彼にとってすべてだった。

そして、ついに彼らは、彼のところにやってきた。滑りやすい紙の上には美しく印刷された送金額は存在していなかった。彼らは彼らがもはやお前に給与を支払うことはないと言った。彼らは何も持っていなかった。

彼は、果たして成功したのかどうか、わからなかった。いや、それはうそだ。彼ははっきりとわかっていた。彼は覚えていなかった。

それが彼をここに押し込んだのではなかった。彼は彼自身で死亡診断書を用意した。知らない名前に、知らない顔。彼は彼のすべきことをわかっていた。だが…

彼は何も感じなかった。

彼は決してそんな決心はしないだろう。

彼は飛んだ。

それが誰かって?が誰かって?そんなことはもはや重要ではない。財団にとって重要なことではない。すべてにとって、それはもはや重要なことではなかった。彼は飛んでいた。風が彼の髪をはためかす。彼は叫んだ。恐怖からではなかった。幸福感からだった。彼は人生の最後の瞬間で、無限の自由を享受していた。

心臓は早鐘のようだが、落下していることに恐怖は感じなかった。彼は理由を知っていた。私が思うに、彼は覚えていないからだ。あたかも閉じたループのように、何度もこれをやっていた。しかしながら寄生虫の記憶は根絶されたから、誰もサイト13から飛び降りたことは無かった。彼はいつでもどこでも彼の奉仕について暗証することができたが、これまでここに来たことがある人間は覚えていなかった。おそらく、彼が初めてになるだろう。

無力にそれは落ちて行き、それはひとつに、別の言い方をすれば周りに広がった。彼は都市部の、あいまいで明るいパノラマを見た。彼は鏡の壁の近くを落ちてゆく男に微笑みかけていた。彼は地平線の後ろにゆっくりと隠れていくオレンジ色の太陽の最後の光を見ていた。彼は不安を抱き、本能的に彼の胸に触れた。彼がそこで何を見つけることを期待したかは知らないが、かれはとにかく、それを見つけられなかった。

彼のポケットの中で電話が振動した。無意味に笑うと彼は、ポケットからぶっきらぼうに携帯を取り出した。彼は、細くて黒いタイルが彼を破滅に導くのが、とても満足だった。一番下に居る小さな人々は頭を揺らしていた。誰かがどこかを走っていた。誰かが書類を手落としていた。しかしもはや、そんなことはどうでもいいことだった。このような大都市の非常に多くの人々とたったこれだけの反射面によってのみ隔てられている、この塔の無限の脅威について、彼はもはや気にする必要は無かった。

もはや彼は、菌を持たない人々に脳を食べる菌を感染させることは無かった。彼は薄いオレンジ色のデニムの中に居る、恐怖と苦しみを餌とする悪魔に別のメネルを投げつける必要は無かった。彼は白いストライキジャケットで連続殺人犯を尊敬するふりをする必要も無かった。

最後に、彼は自由になった。

そして落ちた。しかし、彼の顔から笑顔は消えた。やつは何してるんだ?!彼は緑の草むらのある、具体的な運命に向かって無力に飛翔している。彼は恐怖を感じ、彼の目は釉薬を帯び始める。悲鳴を上げる。幸せと自由からではない。恐怖によるパニックからだ!

それは不可能だった!彼は死ぬことはできない!いや!彼にはその準備ができていなかった!彼にはまだやりたいことがたくさんあった!財団はどうだ!?彼を家族と取引したやつらはどうだ!?私はまだ死にたくない!クランプウェットのような目が、理解できない言葉をささやく…謝罪する?!すべて嘘だ!?彼は祈り、彼は彼の魂と彼の一生をより高い力に約束した!この状況は変えられる!もし彼がチャンスを物にしたなら!おぉ、神よ、お慈悲を!

…しかし、それはあまりにも、遅かった。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。