カック・ハード
評価: +7+x

そのサイトセキュリティ管理官は彼のデスクの前に座り、高性能なノイズキャンセリングヘッドホンを所定の位置に引き込んだ。彼は部屋を見回した。厚く、肉付きのよい灰色の防音材が壁、床、天井を覆っている。だがそれでもなお、彼は確信していた。彼がこのために自身の席に着いたことこそが重要なことであった。彼は自身が着けているのと同じようなヘッドホンを着けて自身と一緒に室内に立っているセキュリティ職員に頷いた。その若手職員は部屋を出ると、頑丈な造りをした一つの金属製の箱を抱えてすぐに戻ってきた。彼はそれをセキュリティ管理官の真向かいに設置された折り畳み式の金属製椅子の上に置いた。極めて慎重にデスクの上に小さな制御装置を置くと、若手職員は素早くドアを閉めてついに、自身が助かったことにほっとしながら、外へ出て行った。

セキュリティ管理官はその小さな灰色の装置を拾うと、それの備えるボタンたちを親指で軽く撫でた。事態は本当に、これが彼にできる精一杯のことであるほどに手に負えないものとなっていたのだろうか? 彼は自身の親指が曲がるのと同時に深い溜息をつき、そして彼はそのボタンがクリックされたのを感じた。彼は金属製の箱の前面板が開き、青白い蛍光灯の光を頭上に吊り下げられた補強された電球から箱の中の半分へと流れ込ませるそのパチンという音を聞いていなかった。

SCP-2337、話を始める前に、このサイトのセキュリティ管理官として知らせておく、私の管轄には特異な知性を持った、君のようなEuclidのアノマリーの収容が含まれている」彼は話しながらデスクの上のファイルを開き、いくつかのページをパラパラとめくって自身の探していた部分を見つけた。「研究部門の若造たちは君が助けてくれると思っているようだ」彼は目を細くしてその開かれたクレートを見、中にいるその影の付いた、小さな鳥のしゃがんでいる姿を認識した。「しかし私に言わせれば、君は不安要素だ――危険人物だ! 博士たちを攻撃し、職員に対する明らかな事実上の脅威となっている。私は賛成しかねる!」彼は自身の顔が赤くなるのを防ごうとする無駄な試みを止めた。「だがそれでも……君は我々が手にしている最善のくそったれなチャンスだ。私はここで君に君自身の能力を示すチャンスを与えよう。君はそれを受け取ってくれるかい?」

ごちゃ混ぜにしろお前の回転式乾燥機をJumble your tumble dryerもっと平和にもしお前蜜蜂の群れをひとまとめにしようと思うなら、」タイタン神が発するような巨大な一声がコンテナの中から轟いた。ドクター・スパンコは彼の小さな家の前へ大股で歩き出ると、翼を羽ばたかせて、その家の上に降り立った。「役に立つように、それ俺! カック! ドリンメルダウンしろお前のダンブルドアどもを、そして説明しろそのシャルドネをexplactorate the chardonnay

「私――よかろう、」セキュリティ管理官は言った、その鳥を理解しようとしながら。「このサイトのKeterたちのうちの1つが脱走した」彼はドクター・スパンコを、話を聴くことよりも自身の羽づくろいをすることに没頭しているように見えるその人物を見つめた。「君は知っているかい、Keterが何であるか?」

ベターな足枷、イングリッシュ・セターBetter fetter, english setter」その良医が相槌を打つ。

「よ――よろしい、」彼はこの鳥に話しかけることが嫌になった。「それの呼称は682という。大きく、恐ろしいトカゲだ」彼は一瞬間を置いて自身の調査書類にざっと目を通した。「これは編集の海の陰に隠された情報だが、君はこの生き物といくらかの繋がりを持っている、そうだね?」

鳥はとてつもなく大きな音を立てて息を呑んだ。「そうだとも!」

「よろしい、それで……?」彼は固まり、そのウズラクイナがさらなる説明をするのを待った。硬直した静寂の中で数秒間が過ぎた。セキュリティ管理官は自身の鼻筋をきつく押さえ、自身の苛立った歯たち越しに空気を吸い込んだ。「いいだろう、これで結構だ。それだけではないのだ、ともかく。682はこの施設から出て行く前にどうにかして008217の両方に感染した。我々は全てのものをアルカディアの町から出ないよう隔離し続けるため、近くにいる一握りの機動部隊を何とか別ルートで移送した」

「予言された夜逃げ! 行き詰まっている我慢強い窒息死する悪寒なく」活発な鳥はもう一度素早く羽ばたくと、セキュリティ管理官のデスクに舞い降りたのちその場を気取って歩いた。「たくさんの手招き検索伝達付与。カック! 同様に良いドクターを呼べ、言う俺は」

セキュリティ管理官の唇は相手の言葉を、それらの意味を分解しようとしながら口にした。「伝達……ドクター? 我々のもとには行く許可を与えられている博士も、喜んで行こうとしている博士も一人もいないぞ。我々は既に人類と共に成し得ることの限界に達している。そもそもそれこそが私が君をここに招いた理由なのだよ」

お前の紫の月を酸っぱくするなDon't sour your purple moon、ポンコツの古株め1。考えろ賢くとにかくヘル・ドクトル・スパンコフレックスは知って持っているまさにその関連救急車を」彼の嘴は別のファイルを咥えると、セキュリティ管理官の目の前でそれをヒョイと持ち上げて開いた。男の目が見開かれ、彼の顔が蒼くそして険しくなった。これは既に、彼がそれまでの人生で見てきた中でも最悪のものと位置付けられていたアイデアだった。


そのペスト医師は彼の無菌化された白い独房の中で座った。彼は片方の手には鋭い鉗子を、もう片方の手には白い布を握った。馬鹿げたほどに熟練した手で、彼はその道具に油の素晴らしい光沢を塗り付ける。彼らが適切に使用されるようになってからは遠い、遠くあまりにも長い月日が経っていたが、しかしそれは彼らを破損させてしまうことはなかった。

彼の収容セルのドアが、低いビープ音を伴ってスライドして開いた。やってきた若手職員は外に立ち、そしてその黒いローブに身を包んだ医者が肩越しに後ろを振り返ってその開かれた入口に視線を注いだ時に目に見えて蒼白な顔になった。「予期せぬ来訪だが私に何か用かね?」彼は尋ねた、自身の道具を手入れする手を休めないまま。

SCP-049、君は要請されたんだ、この……」若手職員は言葉を打ち切り、自身がヘッドホンを着用していることに感謝した。ドクター・スパンコが廊下から大股で歩き出て開かれた出入口に立ち、若手職員自身の方に顔を向けたのと同時に。

失礼しますExcardon俺がその裂傷を余分操作するextrapulate間に」

鳥がくるりと向きを変え、独房に入った。そのペスト医師、彼は決してその小さな鳥から目を離すことなく、自身の座っている椅子を回転させてよりよい角度で自身の来訪者に顔を見せた。「こんばんちは。カック」

「どうもおはよう、ドクター」

「アンクルしょっぱい骨が行ってそしてガーファンクルしたその基質全体を。その痰壺に石鹸の泡を塗った、明らかで単純だ。俺たちを一人の厳めしい残留者と籠一杯のレディーフィンガーに託している、そして間違いなく。憐れみを解き放てそして真実のケツは日没までずっと夢遊する、対空砲火だカックなしLoose Ruth and the Truth Caboose somnambulates through to the sunset, am flak no cack

黒いローブの医者は思慮深く頷いた。「それができたらいいとは思うよ、先生、だが私は貴方の説明するそれらの病には詳しくない。私はこれまで己の訓練をただ……」

ビースト・イル・レンズBeast ill lens2か、カック! スパンコは知っているこれを、知っている俺を。こぼすなお前のウィジャボードを、そしてあばた印を付けろお前の癩病患者どもに俺の上で。飢えた幽霊どもの土地でグランド・ウェッセル・ティーチョスピークと名前呼ばれている。教え循環Instructulationこそが俺の能力の最高の最高だ。最初の方法、解体しろお前自身をunstruct yourself onダンシングダウンザダンディの細部で……」

少しの時間が経った後、セキュリティ管理官が若手職員と合流して出入口に立ち、若い方の男の顎が不信感に似たもので緩んだ。セキュリティ管理官はその2人の医者に釘付けになっている若手職員の視線を追った。小さい方の医者の両足がインクにまみれ、大きい方の医者の日誌の上をピョンピョンと跳ね回っている。「一体全体あいつらは何をしているんだ?」セキュリティ管理官は信じられない思いで尋ねた。

私は――私は2337が049に008と217の感染症の治療方法を教えているのだと思います」若手職員が認める。「少なくとも、私の集めている情報ではです。2337は『背中の羽を逆立てて』、そして『カック』を交えながら今までしばらくの間ずっとこれを言い続けていました。それから彼は自分の足をインクに浸すと、049の日誌の上をタイプライターの音を立てながら飛び跳ね始めたんです」

「そうか、わかった」セキュリティ管理官は不快な音にイライラしながら言った。彼はヘッドセットの設計に感謝し、声を若手職員と互いに送信し合っていた。彼は既にその耳障りなノイズに耐えようとして歯を食いしばっていた。そうしていなければノイズの音量、彼が聞き取ることができる明瞭さに基づいた、は彼の顔を真っ赤にさせて蒸気を噴出させていただろう。「だが、あいつらに無為に過ごさせるような時間は我々には残されていない。私は町を隔離し続けるためだけに、下される鉄槌と九尾狐を彼らのぶっ倒れそうになるくらいに働かせてしまっている。サムサラはもう敗北を認めてしまった。そういえば、682は今や魔法の影響を受けないらしいが、それは全く素晴らしいことだな」

彼は瞬きした。ノイズはもう止んでいた。

「ちょっといいかね、諸君、まだ聞いていないのなら言うが、病気の流行は目前で起こっている。ここはどうか脇へ退いてもらいたい、そうしたらこの私の仲間と私で感染した人々の世話をしに行くから」ペスト医師が左手に彼のバッグを握り、小さな鳥が彼の右肩に乗った。

セキュリティ管理官は再び瞬きした。049の口からそんな言葉が飛び出すことなど彼がどうして予想し得ただろうか? 彼は研究開発部門の若造たちがこの賭けに勝ったならそのうち彼らに彼ら自身の人数分のビールを奢ってやろうと自分に言い聞かせた。「よし、いいだろう。ただし、ここには感染者は誰もいないよ、彼らがいるのは1マイルほど先だ。私についてきてくれるなら、私は君たちに我々の作った特別な車を見せてあげ……」

「カック!」ドクター・スパンコが反論した。「カック言う俺は。駆り立てろ俺たちを警察隊の運搬機へ、その根の多いラッパの音の自動露出rooty tooty point and shootyに加わることで。最も重要なことだ俺たちの大農場plantationsにとって、見ろもしそうでないなら」

「私もそのように思う」ペスト医師が同意する、ドクター・スパンコのカリグラフィーをセキュリティ職員の二人に見せながら。「私がこの先生の提示する強固な計画planの複雑さを完全に理解していると言ったら嘘になるが、我々の任務にとってパトロールカーは極めて重要なものとなるだろうと私は導き出した」

職員二人は互いの不安げな横顔をちらりと盗み見、それから再びその鳥の足跡の付いたページに目を向けた。自身の負けを認めて降参し、セキュリティ管理官は2人の医者を案内した。


ライ・オン・ザ・トードRye on the toad3」ドクター・スパンコが指示する、そのパトカーの窓ガラスたちを粉砕しながら。車が真直ぐな進路から逸れ、一つの働き盛りの連邦型の郵便ポストを打ちのめした。「その靴の下の二枚貝」彼は警告し、そしてペスト医師の両手がハンドルの頂点へ向かって滑るのと同時に承認の小さなジグを踊った。急いで停止した車たちは両脇の歩道に散らばるとともに車道を危険なものにした。良い方向に考えれば、この死と破壊の全ては彼らが彼らの追求物を追跡することを十分に簡単なものにしていた。だがそれでもなお、これら全ての屍はナビゲーションをトリッキーなものにしているように見えた。

チャンスを掴んで有益なものにするため、ドクター・スパンコはダッシュボードの上に止まり、深く息を吸い込んでから大音量の、耳をつんざくようなパトカーのサイレンのヨーデルを歌った。パトカーは最後の一角を曲がると同時に、キーッと音を立てて停まった。彼らのターゲットは明らかだった。強化された屍たちが通りに散在しており、彼らの装備している財団製の武器はそのドラゴンを倒す任務を遂行できていなかった。しかしながら、彼らはそれをそれ自身の隠れ家へと追いやることに成功したようだ。鳥のサイレンは、彼がその獣の選んだその多国籍チェーンのスーパーマーケットを見た時にぐらついた。

嫌な商店街Mall Wart4、」スパンコが抑揚を付けずに険しい声で歌う。「鉱山古代の養蜂場」彼は不快感を表して目を細めた。これは彼のカックの全てを必要とするものと思われた。幸運な死者たちは、その敵がその建造物の中へ入場したことによって開通した巨大な穴の周辺に散らばっており、そしてその穴からは不運な者たち、彼らの破壊神の崇拝と憎悪の中で弱った者たちがよろよろと歩いて溢れ出てきていた。完全に生きているわけでも完全に死んでいるわけでもなく、完全に機械であるわけでも完全に生身であるわけでもなく、これらの生き物はただ彼らの創造者が知っていることだけを知っていた。憎むことと殺すことだ。

「恐れていたよりも悪い事態だ、」ペスト医師は意見を述べ、彼のバッグから一握りの道具を回収しながら車を降りた。「私はここで病人の世話をするよ、先生。貴方は中にいるものの世話をして」彼は病人の洪水に注意を向け、その駐車場をさっと横切って彼らに会った。「恐れる必要はない。貴方がたは軽度の病気を患っていて、私は貴方がたをその病気から解放する為にここにいる」グルグルと回転する歯車たちと壊死性の肉たちが彼に向かってどっと押し寄せ、彼を引き裂こうと躍起になった。

鋼鉄が正午の日差しの中でピカッと光った。ここにメスの一撃、そこに注射器の一振り。そのペスト医師はダンサーの優雅さをもってクルクルと舞った、人類が使用するよりも広い手術室を。それぞれの動きは巧みに病人の大群をかわすとともに、彼の冷たい、冷酷な薬をその大群に投与した。屍たちが飛び、そして徹底的にバラバラにされて壊れた金属製の歯車たちのカコフォニーが空気中に満ちた。

ドクター・スパンコは短い間見守った、彼の生徒が彼から教わった治療法を実践する様子を。だがしかし、道草を食っている暇はなかった。最大の敵はまだこの先に存在している。翼を広げ、彼は大群の上空を飛翔し、その一帯の中の最も呪われた場所へと入った。そこにある暗い力の要塞は、その全てがリーズナブルな価格で求められることができるありとあらゆる種類のもので満たされていた。彼は高い所にあり4の数字を掲げているプラスチックの看板の上に舞い降りた。数秒が数分に変わり、そして中断された、その建物の中から聞こえてきた幽かな地鳴りによって。彼は警戒を続けた、動きのいかなる兆候も見逃さないように。

一瞬のうちに、床が爆発し、そのとてつもなく大きな獣が下から勢いよく飛び出、それの負っていた傷が完全に回復した。ドラゴンとドクター・スパンコの視線が互いに交わった。

恐怖の悪臭が鳥の肺を満たした。大いなるトカゲは地面に身を投げ出し、通路にガタガタという服従の泣き声を上げさせた。それは自身のリヴァイアサンじみた巨躯が許す限りの小ささをしたボールの形に丸まることを始めるとともに、その近付いてくる破滅を認識した。

スパンコは降下し、闊歩してその震えているトカゲに近付いた。それから彼は彼らを見た――慣れ親しんだ、食欲を掻き立てる、色とりどりの突起たちがゆっくりとそのモンスターの肌から抜け出していっている。

「こ――絞殺フルーツStranglefruit!」ウズラクイナは畏敬の念を抱いて大声で鳴いた。「ブリザードのゴールネットからとろ火で煮込んだ!」彼は獣の上に飛び乗り、その尻尾から赤いグミ状の塊の一つを摘み取ると、それを躊躇うことなく飲み込んだ。あるいは少なくとも彼はそうしようとした。「ゲッ――ゲロマズ葡萄Gacklegrapes! 毒!」鳥は叫び、最終的にはそれらのグミがとった危険な熊の形を認識した。悪魔的なトカゲの大きな歯のある口が上向きに歪み、嘲るような冷笑を浮かべた。

ペスト医師がその騒動の現場へ駆け付け、彼の凝視がドクター・スパンコへと落ちる。彼は具合が悪くなっており、彼の咳は彼の下にあるタイル張りの床を激しくひび割れさせていた。弱々しく、そして最も幽かなドスンという音を立てて、その鳥の体は地面に落ち、動かなくなった。

「ドクター! だめだ!」外科医は叫びながら倒れた盟友のもとへ駆け寄り、相手を自身の腕の中に包み込んだ。「死ぬんじゃない、くそ、私が貴方を治療する!」彼の言葉は打ち切られた。ベヒーモスが立ち上がり、ゆっくりとした、低い唸り声を発したからだ。彼は真直ぐに立った、片方の腕の下に仲間を抱きかかえながら。そしてもう片方の腕で、彼は人差し指をその怪物の方へ向けてぐいと突き出した。「私の先生を傷付けた貴様を私は絶対に許さん!」彼は怒鳴り、素早く大股で前進すると軽く、その巨大なトカゲの鼻の先に触れた。

長い一瞬が過ぎたが、しかし獣は呼吸を続けた。「まあいい、試す価値はあった、」医者は自分に言い聞かせ、それと同時にパトカーの方へと全速力で走り出した。


そのパトカーは道を猛スピードで走り下り、後ろ足で立ち上がって急な上り坂を駆け抜け、そして舗道から飛ぶ火花を車の底へ送るのに十分なほどの強さをもって地面に戻った。逃亡中の医者は自身の片足をペダルに、あらん限りの力を込めて押し付け続けた。ある時点で、ラジオは生命を宿し、大声で一つのスピーディーなユーロビート・ソングを歌うようになっていた。死に物狂いで、彼は複雑怪奇なコントロールパネルに目を凝らしたが、どうすればその歌を止めることができるのかは皆目見当がつかなかった。彼は歯を食いしばった。理由は彼自身よくわからなかったが、これは彼に家を思い出させていた。

そのドラゴン、自身の嘆願者たちを排除され自身の正当に殺した鳥を盗まれたことに激怒した、が道路を破壊した、背後から遠くない地点で、そしてどんどんと加速した。道路標識、信号機、車までもが宙を舞い、それから暴れ狂う獣がそれらを押さえつけた。その時彼は見た、横転したトラックが道を塞いでいるのを、そして知った、彼らの死が彼らの上にあるのを。絞首台へと向かって歩く男の冷静さをもって、医者は思い切りブレーキを踏み、パトカーを金切り声を上げさせてその故障したトラックの横に停めた。彼は車から降りて立ち、彼めがけて全力疾走してくる死の方へと顔を向けた。「どうやらこれで終わりのようだ、友よ」

ドクター・スパンコの両目が弾けるように見開かれた。

「カック!」

彼の咳はグミの熊を電離層5へと雄飛させた。その衝撃波はパトカーの分子そのものをバラバラにし、分散した原子からなる一つの緩やかな雲を形成した。その力はそのドラゴンの頭を襲い、その獣の体中を巡り、その怪物の姿をずたずたに裂いて消し去った、残りの全てである一つの猫程度の大きさの血の塊がペスト医師の足元で静止するまで。建物群はそのカックを中心とする影響範囲の外側へ向かって崩壊し始め、その猛攻撃は各方向の1マイル先を粉々に打ち壊したのちにようやく効果を失った。シドニーから上海まで、地震学者たちは驚いてギョッとした。

「すまない、何か言ったかい?」ペスト医師は尋ねながら向きを変え、彼の友人が生きているのを見て大喜びした。二人は再会をするための時間がほとんどなかった。部隊のヘリコプターが大挙して押し寄せ、武器を携え防護服に身を固めた軍勢が状況観察のために黒いロープを滑り降りてきたからだ。チームのリーダーが医者たちの方へ歩み寄った、彼の部下たちがその再生中の肉のボールを酸で満たされた箱の中へ苦労して収めるのと同時に。

「おめでとう、ドクターたち。セキュリティ管理官はこんな規模の付帯的損害が出たことを信じないだろうが、我々は奴を収容しおおせた」

ドクター・スパンコが彼の同胞の肩に乗り、カメラの方に顔を向ける。彼は確かめるように言う。「レバーよりもネイトがいいね6

[録音された笑い声]

[暗転]

[スタッフロール]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。