カエクス・カーネリアナ・コレクティブ
評価: +8+x

cc-logo_2.jpg

SCP-032-DEによって提供されたカエクス・カーネリアナ・コレクティブのロゴ。

カエクス・カーネリアナ・コレクティブは、収容されている自我のあるSCPの解放を目的としている、財団に敵対的で活動的な組織です。メンバーの数は現在まで判明していませんが、およそ██人と考えられています。カエクス・カーネリアナ・コレクティブは、いわゆる「枝」と「幹」によって先導されており、これらの家臣として「果実」と「葉」が仕えています。枝は11人の異なる個人から構成されており、幹は一種のリーダーを表すことが知られています。もしこれがリーダーシップを発揮しても、幹は枝の一部です。果実は臣下として職務を果たし、枝によって作られます。他方、葉は果実によって生み出されます。19██年██月██日に事件-DE/B33を引き起こし、それによりその集団は財団に注目されることに成功しました。

全てのメンバーは異常であるか、異常な能力を持っています。これらは一般的に異常なオブジェクトと見なされます。

内部の基盤施設は木の哲学的な構造に類似しています。異常性は枝の名前だけでなく、幹の名前でもあります。枝のそれぞれのメンバーは「セフィロトの樹」から名前をつけており、それに相応する異常な能力を持っています。幹は「ケテル1という名前であり、ケテルの異常能力は現時点では判明していません。

全ての枝は生きている個人です。カエクス・カーネリアナの全てのメンバーは無感情の特性を共有していますが、一部の報告によると、未知の数のメンバーが局外者とのコミュニケーションを円滑にするために感情を模倣できることが示唆されています。

財団のドイツ支部ではしばしば、カエクス・カーネリアナのメンバーの事件が原因となっている、あるいは収容違反の原因となっている事件が起こります。

集団の全ての行動は、中央ヨーロッパの地域で行われ2、これがより広い活動範囲へと拡大される場合には、集団はメンバーの獲得のためにMTF特殊部隊DE2-𝕴("光の連鎖")を動員します。

SCP-032-DEは未知の動機により財団のドイツ支部のある場所へと赴き、カエクス・カーネリアナ・コレクティブについての情報の大部分を伝えました。集団が財団に関する知識を世間や一部の要注意団体に伝えたことはよく知られています。

現在カエクス・カーネリアナのメンバーがどこに滞在しているかは判明していません。メンバーの決まった滞在場所が存在する可能性が考えられています。メンバーおよび団体自体の由来や起源は不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。