カノンハブ

カノンは存在しないなんて考えは時々だけれどもちょいとバカっぽい考え方になる。俺たちが何も持ち合わせていないなんて事はない。俺たちには、触れ合わせたり、混ぜ合わせたり、ちょい足ししたりできる物がいっぱいある。何を信じ、何を受け入れてこの世界の中心に据えるかはあんた(そして読者)次第。それは作者がそういった意図や筋書きを盛り込めてないって意味じゃないけど、協力するってことは革新の王道なんだ。

下に集められている物は、SCP財団の世界に関する認められ共有されたカノンのリンク集だ。この中のカノンのひとつに従って何か書くつもりなら、あんたはそのカノンにある他の資料を読んで、それぞれ繋がっているって事を思い出しとくようにすべきだ。もしも自分のカノンを作る事に興味があるんなら、このページの一番下にある情報を読むんだな。(注:SCP-JPのカノンハブは別ページです)。


私達は常にSCP財団は必要悪だと考えてきた。けれども、もしもそうじゃなかったのなら?


短い会話を終えると、タン氏は特異点に向かって人差し指を上げ、世界の間にあるこの穴を通じて、二人の科学者が手を触れ合わせたのでした。

テレホートのゲートウェイ・コンタクト・センターより、こちらはスティーブン・フライシャーでした。NPRがお送りしています。

Photosynthetic 作 「All Things Considered」より


600年前、世界は終わった。今日(こんにち)、一集団のみが再び理解される時が来るまで、古代世界の秘密を保護し続けている。聖なる財団の聖職者が。


「聖ギアーズよ、Great Breachの時あなたが聖なる財団を導いたように、私が困難にあうとき私を導いてください。
私に偽りを見抜く力を継がせたまえ。
虚偽と論理とを見分ける力を与えたまえ。
私にかつてあなたの保持せし知識の片鱗を得させたまえ。」

Jekeled 作 「Quid Non Scitum Est」より


南極の交流は、第三南極帝国の調査者達の、財団での生活と関わり合いに焦点を当てたカノンだ。


It was enough that everyone looked and acted so different; still he stood out so much that sometimes the people here would turn away, would whisper to themselves about him, his companions, their tasks, their work. Antarctica. Empire. Emissaries. Secrets. Antarctica. He could both hear and understand them, but he wasn’t sure if he should let them know.

From "Impressions" by Zyn


心の端っこに定義の死を請う物が潜んでいる。以前からそれは隠れ家の中に居た。この世界が認知出来、位置付けられた場所であり、最早世間は鬼ばかりではないからだ。既知の全てを捜索、破壊し、智恵の存在する場所を監視せよ。


その言葉はある岩に彫られた。男はそれの上に立ち、心の底で、何かかき乱されるものを感じた。彼は自分が今全ての世界の針路を変えたことを知らなかったが、何かが違うと感じることは出来た。世界は少し整然とした。

Rumetzen 作 「図書館の物語」 より


世界の終わりがここに来た。だが、それは単なる終焉などではない。世界の終わり全てが、財団も(人類も)含めお互いに競り合い、最中に一気に来たのだ。


「あなたは誰?何をしたの?どうして開錠したの?」彼女は、脳の後ろがグラグラするように感じた。目は、錠に釘付けであった。見る限りでは、それは寸分違わない、それでも、信じ難いまでに何かが変わった。「"Apakht"とは?」
「それは、『終わり』です。」ハービンジャーは言った。現実の構造が、彼らの前で、開かれていった。

thedeadlymoose 作 「Apakht」より


当時隠されていた物が暴かれる。秘匿の選択肢など無いこの世界で、財団はどうやって生き残るのか?


"…day five of the rescue effort, and more bodies are being recovered from the ocean. Initial estimates put the death toll in the million range, with increases occurring constantly. The UN released a statement about the recent North Korean Incident, claiming that they believed it was 'an act of nature'. The recent leak of classified documents from the Japanese Diet pointing towards a theft from what is referred to as 'The Foundation' suggests a different story…"

From "Joseon" by Doc Burns


共産主義者と資本主義者の衝突の結果、地上の極秘機関が更なる深みに潜んでしまった。ありふれた上場の手段として異変を理解している政府に対し、どうやって中立を保つべきか?派閥への忠誠が、人間としての本分とかち合ってしまった時に、エージェントはどういった行動をするのか?そして、本当に財団は世界規模の戦争から逃れる為何処に向かうべきなのか?


My beloved Dorothy,

There is a whole new war here, a new type of war, industrial and implacable. The American war machine has become unrecognizable.

Out in the jungle bear-clawed women hunt the Viet Cong through their own tunnels for hours before emerging. Airborne commandos on interdiction patrols carry weapons which calcify their targets in the blink of an eye. Villages suspected of sheltering the enemy are plastered in napalm that collects itself into a moving mass of fire and waits for survivors to emerge from cover before flaring back into life…

From "They Will Leave Us With a Shaken Earth" by Vezaz


誰にも知られていないという事は、自然の力を持っている事と同じだ。彼の行動は予測出来ず、彼のやり方は不透明だ。彼の目的と真の本意は、彼自身にとっても全くもって不詳だ。だが、何かが成し遂げられた時、彼は姿を消すだろう。それはもうすでに、少なくとも一度は発生しているのだ。


He paused and stared briefly at his own face in the mirror, trying to remember if anything about it looked familiar. Again, and as always, nothing was. He sighed. "Well, it doesn't pay to wonder. Off to work I go." He straightened his jacket one last time, solemnly tipped his hat to the empty room, and stepped through the doorway.

From "Prelude: A Terminus" by Drewbear


老人との海は、宇宙を旅する脈々と続く方舟の中の人種達と、宇宙で受ける影響について焦点が当てられた一連の物語だ。例えるなら、特にSCP-169が地上で得ている物のような事だ。


Eventually, I will expire. That great impact shortens our lifespan, and the growth of a civilization within us does nothing to alleviate this. Eventually, those creatures within me will find an exit. Everything will change.

From "Eden" by Snowshoe


ぼさぐちゃは、崩壊に至るまで現実を永続させていたエネルギー、LTE 0913の欠乏が起因で現実の崩壊が起こり始めている世界の事だ。


彼らの友情、魂はこれを防ぐことができませんでした。財団の理念、願望そして精神は世界を守るために十分な力を得ることはできませんでした。尊重と義務は、長い間、道端に投げ出されていました。これまで彼らがあると考えられていた誓い、そして繋がりから。そして最後には、彼らは自分たちが守っているものすべてを信じられなくなりました…

SoullessSingularity 作 「老化、消費、迫害」より


世界の終わりから幾千年、人類にはSCP財団のやりかけの仕事の残り香に取り組む必要がある。


それでも、彼は<道/Ways>を知っていた。誰かが人を街から街につれていけるなら、彼にはそれができるだろう。(だが、彼が土地を追放されていたら無理だ。)旧き土地の遺物がほしいなら、彼はどこで買えるか知っているだろう。もしかしたら、いくらか払えば、その人のために持ってきたりするかもしれない。彼の横に背負っていた革の水筒は空だった。<痩せ地>には水が豊富で、彼にとったら、そんなことは大したことなかった。実際問題は、食べ物だ。痩せ地では何も育たない。時折、鳥や動物が湿っぽい砂の上を横切るぐらいで、木も草も何も生えていなかった。

ベラーは<痩せ地>をよく知っていた。

DrEverettMann 作 「不思議の一覧」より


ジョゼフィーヌは強力な現実改変者だ。彼女は財団から潜伏し、戦闘を避け、広範囲にわたる記憶操作も活用し逃れている。だが財団の奥深くでは、小さな組織が彼女を追っている。…出来るかどうか。


次の瞬間はカレブの記憶に永遠に刻みつけられることとなった。彼はロープがぷっつり切れる音を聞き、その真下に少女の膝があるのが見えた。彼女に声をかけようとしたが、この状況ではもう何の役にも立たないと分かっていた。彼は木箱を見ているしかなかった。木箱はみるみる速度を増して彼女の頭へと近づいていき…

…そこには何もなかった。

giant enemy spycrab 作 「翠の王子」より


境界線イニシアチブと神学上の性質に関する色々な物のお話だ。


The biggest problem, Salah thought, was how one went about killing a god. You could burn its scriptures, wipe out its worshipers, kill its avatars, but that would only ever delay it. Eventually it would come back, whispering, and the whole cycle would begin again. It could wait forever.

From "Second Watch" by Djoric


ナマケモノの囲いじゃ命は台風の如く。2 サイト87の人々は丁度この言葉の意味を理解しようとしているのだ。


A reminder to all staff was issued that "All Halloween costumes based on Keter Class SCPs are forbidden. Most of them are classified, anyway. And yes, this does include -ahem- "sexy" costumes based off of SCP-682." West sighed at the fact that they had to be reminded of that. He remembered briefly considering taking a Class-Omega amnesiac after seeing one of those aforementioned costumes at a party three, four years ago. 682 with tits was just… wrong.

From "Halloween at S & C Plastics" by Ihpkmn


私たちは皆笑っていたが、今となっては面白くも無い。


眼前のそびえ立つガラスと大理石のビルにジェイコブはぎくりとした。二十九階建てで ― 正に彼が思い描いていた通りだった ― 9.144mほどある大きな3つの文字を冠していた。ビルは天を突くように立っている。

Anaxagoras 作 「財団デビュー」より


人類を守りゆく。それが好ましいものであるか否かを問わず。


Note that execution of Procedure Pizzicato will, by necessity, result in an irreversible Second Mission (Concealment) failure in order to allow for a First Mission (Survival) success. Third Mission (Protection) goals are secondary: normal avoidance of civilian casualties is to be second priority to maintaining Minimum Repopulation Margin among the survivors.

From "Procedure Pizzicato" by Dr. Clef


メキシコ湾は燃えていた。そして俺達小さな特殊部隊を限界まで追いやったのだ。


彼女の心臓は聞こえるほどにまで大きく鼓動した。あのウィンドベルもまた大きな音を立てていた。しかし、彼女はその先を見たくなった - 万物の全て - そんな風に見えた。マッケンジーが毎夜していた外での祈りで見ていた物だ。ケイトは、目を見開き、頷いた。

Kate McTiriss 作 「アイ・ダブル・イー」より


5体の戦闘サイボーグネコ娘。バスローブに身を包んだ1人の男。それに宇宙船が1隻。宇宙は無限大だ。


[Boss: The lone surviving member of an inbred clone clan onboard a gigantic ancient spaceship is not the weirdest thing we have dealt with.]

From "Stealing Solidarity: Phase 3" by Djoric


星々へと手を伸ばした人類は、その足元の大地すら失ってしまった。地球連合艦隊は故郷への旅路の途上にある。


“あの船に乗り込んだのは18人だった — 12人が財団職員で、6人はGOCだ。帰還したのは11人、そのうち俺も含めて4人が深刻な医療措置を必要としていた。2人はミネルヴァ基地で死んだ。フョードロフ号には、船長を除いて45人の乗組員がいた。ニコライ・フョードロフ号を砲撃しろと命じたのが誰なのか、俺は知らない。フライトレコーダーが損傷していたのは分かってる。俺は特に気にしてはいない。連中がそうしたのは正しかった。”

Von Pincier 作 「最初の五十五人」より


SCP財団の"中心ストーリーライン"の再建および"甦らせる"。


「私です。」彼女は叫んだ。「SCP-105です。連中は死にました。」 彼女は銃を落とし、前に蹴って、手を頭の上に跪き、エージェントが彼女をセーフティーに連行するまで待った。

DrEverettMann 作 「即時動作」より


バーチャルな人々がバーチャルな影響を与える話


そんなに落ち込まないで。ここが広くて恐ろしいことは分かっているけど……私があなたの中に見た勇気に目を向けてくれることを願うわ。

LurkD 作 「ヌル終端文字列」より


生命のメロディは多数の人々の精神と胸に歌いかけます。世界はバタンと音を出すのではなく、すすり泣きでもなく、シンフォニーと共に回るのです。


あれは間違いなく音楽だ。言葉では表現できない域に、音として体系化された生と死だ。

WrongJohnSilver 及び LadyKatie 作 「K.M.サンドバルの日誌」より


今日の異常は明日の最先端。この道に不可能が居座ることはない。未来へようこそ。


"よかったかもしれないし、もしかしたら君たちの脳をこんがり揚げたかもしれない。それは君たちの初期の集合意識を本当に素早く終わらせただろう。"

GreenWolf 作 「アナログ・キッド」より


緊急時対応計画作戦は承認されました。暗号名は"ヘイムダル計画"に指定されます。人類の生命と/あるいは文明に対し、強力かつ能動的に敵意を示す地球外知的生命体が、人類を征服し、奴隷化し、絶滅させようとする潜在的な手段を研究しなさい。起こりうる結果を分析しなさい。対抗手段と緊急時対応計画を策定しなさい。完了したならば、O5評議会にそれを報告しなさい。


"General, the chances of anything coming to wipe us out are a million to one," Rex replied smugly.

From "We Have Dismissed That Claim" by Hornby


フィットネスグラム・ペーステストは多段階の有酸素能力試験で、継続するにつれてますます難しくなります。20メートルのペーステストは30秒後に始まります。スタート位置についてください。走行速度は最初はゆっくりですが、この合図が聞こえてから毎分速くなります。ピロロン。あなたがこの音を聞くたびに1周が完了するはずです。キーン。一直線に走り、できるだけ長く走ってください。2回目の音の前にラップを完了しないと、テストは終了です。テストは開始という言葉で始まります。位置について。用意! 開始。


"That's what makes the things real. The breakthroughs, the moments, the momentary lapses in madness. Pop the cork and my bottle overfloweth with hatred and motherfucking anger."

From "Conservation of Momentum" by Randomini


ハーマン・フラーがいなくなった今、変わり者達がサーカスを運営している。正常のベールを見せつけ、どうにかしてエッシー・P、ジオ・シー、そしてインサージェント・シーの支配をいつもかろうじて避け、不気味サーカスは人ならざる異常な者達のための聖域を提供しつつ、仮面の背後にあるものを人々に垣間見せる。


紳士淑女の皆々様、歳も様々なお子様の皆さん、ハーマン・フラーの不気味サーカスは誇りを持って新たな進行役を発表いたします。一人の逃亡者としてスタートを切った彼女は、しかし純然たる才能と決意を持って、手品師から道化師へ、さらに一座の指導者へ、そして今やサーカスの団長へと登りつめました! 秀麗にして驚異の人、マジカル・イッキィの登場です!

From the Dread & Circuses Hub, by DrChandra


もっと大きな船が必要になる。


By the time we made it to Hy-Brasil, the city had already descended into chaos and ruin. The storm was bad enough to cause panic, and then a fire-breathing squid monster crawled out of the ocean. It was a recipe for disaster, and that is what happened.

From "LTE-0851-Cetus", by stormbreath


サイト-17管理者であり、いい大人であるベンジャミン・コンドラキは問題を抱えていた。


Kondraki rushed back into his bedroom. There was the sound of some rummaging around in the closet. He came out wearing a black trench coat with a gigantic, tent-shaped bulge in the front at crotch level. "Wow," he said flatly. "This sure did help a lot. No one will notice anything wrong now, yes siree-bob."

From "Third Date" by DrClef


ノースウエスト・レインズでは不思議なことが行われている。スリー・ポートランドの異次元工芸品から、アンダーソン・ロボティクスの人工頭脳学による統治、ウィルソン・ワイルドライフ・サービスとの奇妙なパートナーシップまで、あらゆるものを収容することはSite-64のすてきな人達に任される。


"She then turned her attention back to the sunset and took a deep breath. The smell of pine trees and sea salt filled her nostrils. In the distance, a group of people flew through the skyline on broomsticks. Nearby, a friendly looking pair of young men were putting on a magic show for a group of children, fantastic figures of light and sound dancing around for the little one’s amusement. Distant music could be heard among the hustle and bustle of people of all sorts enjoying the dying light."

From "Make Portland Weirder" by Jacob Conwell


錬金術。深く誤解され、しばしば嘲笑される。錬金術は皆が知るよりも我々の周囲に影響を及ぼしている。財団錬金術部門はこれをよく知っている。彼らの使命は、財団のほとんどが存在するとさえも考えていない脅威を封じ込めることである。遠い過去からの脅威は、我々の現在に出没するために戻ってくる。


"Ruslav's voice rang out like thunder, and he pulled his hands to his sides, his fists clenched. "YOU WILL NOT DISRUPT OUR WORK, TODAY. I PUSH YOU BACK TO WHENCE YOU ARE. BEGONE SCARLET KING!" With a sudden crack of thunder the building energies flowed into the iron circle, grounding harmlessly into the hand-forged iron. The laughter turned to a snarling sound of pain, as the chains around the entity went taut again, pulling it tight. All went quiet, except for Elder Adebayo's chanting."

From "Finding Balance" by DrMagnus


死とは我々の出会う全ての苦難は、何処かの時点で、終わりを迎えるという約束である。だがもし死がその約束を守らなかったら?もし苦難がただ来続けるだけだったら?我々はただ苦難を耐え続けるしかない。永遠に。


キャスターは笑っていた。"奇跡"、と彼女は呼んでいた。ジョイスは笑うことはできなかった — 彼女の心の中は、これから必要となるであろう膨大な仕事のことに占められていた。

From "ΩK" by Croquembouche


世界はつまらない。いや、実際そうだ。しかし、世界がつまらないというだけで、私達までつまらなくなる必要はない。私達は世界をより良い場所にできる。これは決まり文句だが、本当のことだ。そしてワンダーテインメントは一歩ずつ、それをやろうとしている。


Judy pulled the safety bar off of herself, grabbed her backpack from the luggage compartment on the side of the massive worm-like vehicle, and then struck up a cheery step while emerging into the assault on the senses that was Wonder World!™ proper! The buildings dived and swam and bubbled to create all shapes but what supposed normal buildings looked like, instead opting for archways and gem-like structures, things that looked like they were built from yarn, glass orbs with little to no foundations, and all different assortments of Dali-esque abstractions.

From "And I Think To Myself…" by DarkStuff


古代のアノマリーの発見は、異常な者たちと財団のバランスをひっくり返した。人類が神の一族となり、社会の秩序が崩壊した世界で、財団とその敵は理想の達成のためにどれだけを犠牲とできるかを決めなくてはならない。


魔法には無限に多様な顕現、根源、法則があり、全てに適用される共通点などない。たった一つだけ、あらゆるものには代償が必要ということだけが共通している。人類は上昇している、もしかしたら皆が神への道へと。これに対し我々はどのような対価を要求されるのか?それを払えなかったとき、何が起こるのか?

From "魔法の新時代" by Modern_Erasmus



特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。