カノンハブ-KO

カノンは存在しないなんて考えは時々だけれどもちょいとバカっぽい考え方になる。何も存在しないなんて事はない。俺たちの中には、感動できたり合わなかったり、選択して読めたり出来る物は沢山あるんだ。何を信じ、何を受け入れてこの世界の中心に据えるかはあんた次第。だけども、それはつまり作者にはそういう目的や意図が無いって意味じゃない。混ぜ混みが採用の王道だ。

下に集められている物は、SCP財団の世界の基本で共有するべき物を決める為のリンク集だ。考えを一つに纏めておくのなら、あんたはここから他の資料を読んで、それぞれ繋がっているって事を思い出して確かめるべきだ。もしも自分の基準を作る事に興味があるんなら、このページの情報を底まで読むんだな。


これは、財団に収容される数百年前のSCP-953の話で、そしてある近世の国家に存在していた財団に酷似した機関を基に、数多くの小さな枝分かれをしていく物語である。今からおよそ500年前。既に私たちは、彼らの存在を知っていた。


すべての"異物"は4種類に分けることができる。
まずは"怪異"。次に"勇力"。3つ目に"悖乱"。最後に"鬼神"。

〈威勢宅地序章〉より by sw19classic


粘っこい霧の中に隠された都市、現実と夢幻が出会い尋ねるその場所で、何を見に来、何を見に行くのでしょうか。


まだ夜明けのまま終わらない早朝、おばあちゃんがバサバサと音を立てて起きるのを感じて、私も眠りから覚めた。おばあちゃんにどこに行くのと訪ねたが、おばあちゃんは答えず振り返りもしなかった。おばあちゃんが粘っこい朝の霧の中に消えていくと、恐怖が突然に現れ、私は自分の靴さえ履かないままにおばあちゃんの消えていった方向へ一目散に駆けていった。

〈ユダの街〉より by Salamander724


手をそれに少し当ててみよ。再び戦おうなどとは考えないであろう。

捕らえようとする望みも虚しくも、それを目にするばかりでも失望はしていないか。


心臓に打ち込まれた鉛の塊の重さが感じられる。

徐々に目を閉じていく。

その時ようやく私が誰なのか気がついた。

私は深い緑色の軍服を身にまとった、

顔さえも知らない私の……

〈自画像〉より by JtodaOne


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。