カートのカンと、カンのカート
評価: 0+x

「つまり、お前はカンを見つけたんだな?」

「イエス。」

「そしてそのカンは……『カート』なんだな?」

「イエ~~~ス!」

「なるほど、そのカンは『カート』だったのか。」

「さっきからそう言ってるじゃねえか。」

「そのカンは『カン』じゃないんだな?」

「ああもちろん。ただ、カンがカートに入ってるんだけどな。」

「その『カート』はどういうヤツだ?」

「カートは『カート』じゃなかったぜ。」

「なんだって?」

「そのカートは『カン』なんだ。」

「じゃあ、そのカンは『カン』なのか?」

「違えよ。『カート』が『カン』に入ってるんだ。『カート』はカンだよ。」

「んんん?じゃあ『カート』は何に入ってるんだ?」

「いや、地べたにそのまま置かれてるんじゃねえの?」

「『カート』はカートに入れられてるってさっき言ったじゃねえか!」

「言ってねーって。カートは1つしかねえよ。『カート』は内側にあるんだよ。」

「するってーと。『カート』の中にカートが入ってて、『カート』は地べたに直接置いてある、ってことか?」

「ああ。」

「カートには何が入ってる?」

「カンだ。」

「カンには何が入ってる?」

「カートだ。」

「とするとつまり、カンとカートがお互いの中に入り合ってるのか?」

「違えよ!?カンはカートに入ってて、『カン』の中に『カート』が入ってるんだよ!」

「『カート』には何が入ってる?」

「知らん。」

「知らん、て?」

「だから知らん。カンを開ける道具を持ってねえんだ。」”

「ということは、お前はまだ『カン』を開けてねえのか。」

「ああ。」

「じゃあどうして『カート』が『カン』の中にあるって知ってるんだ?」

「だーかーらー、違うっての。カンはカートの中にあるんだよ!ちょっと待て、エージェント・ナニーがここに来た。」

「そこに誰が来たって?」

「違う違う。ナニーだよ。ダレイはもう辞めたよ。」

「そいつと電話を代わってくれ。」

「誰と?」

「いや、ナニーだよ。」

「何?」

「そうだよ。」

「そうだよって、何が?」

「そうだよ、ナニーだ。」

「なんだって?」

「そいつと電話を代われ!」

「ソイッツはもうオフィスに戻ったぞ。電話なら自分でしてくれ。」

「なんなんだよもう。で、『カート』と『カン』は今何がどうしてるんだ?」

「いや、ナニーなら俺の隣にいるぞ。」

「お前の隣に何がいるって?」

「その通りだ。」

「もういい。『カート』と『カン』は今何がどうなってる?」

「だから違うって!ナニーは今ここにいるんだってば!ちょっと待て、彼女が今カンの所に行った。」

「誰が?」

「違う。ナニー。ダレイはもう辞めたよ。」

「何が起きてるんだ?」

「違う、ナニーは起きてるんじゃなくて向かってるんだよ。」

「じゃあ、カートは今何が向かってるんだ?」

「そうだ。」

「なに?」

「その通り!」

「ちょっと待て、最初からやり直しだ。カンには何が入ってる?」

「違う。『カン』に入ってるのは『カート』で、ナニーはその隣だ。」

「どうにもわからんな。お前は俺に何を聞きたいんだ?」

「何が?」

「ナニーはどこだ?」

「何がどこだって?」

「そうだ。」

「何が?」

「そうそう!」

「何が!?」

「そうそう!!」

こうして特別エージェント・アボットと特別エージェント・コステロは、異常事件課を飛ばされましたとさ。
ちゃんちゃん。


(訳注:『カン』『カート』はUIU式のオブジェクト分類法。[[UIUのオリエンテーション]]参照。)
原文:カンとカートは頭文字が小文字。『カン』と『カート』は頭文字が大文字。何とナニー=whatとwatt。誰とダレイ=whoとHu。そいつとソイッツ=himとHymn。)

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。