カオス・インサージェンシーハブ
評価: +7+x
CI%20Main.png

1924年、SCP財団はO5評議会だけが知っている隠された特別機動部隊を設立し、'インサージェンシー'というコードネームをつけました。インサージェンシーの指導者たちは機動部隊アルファ-1、赤い右手というO5評議会への忠誠とその起源、正体、作戦全体の機密性で有名だった部隊のメンバーで構成されていました。インサージェンシーの指導者たちは研究、セキュリティ、回収、あらゆる財団の階級の職員の援助を受けていました。

財団と超常世界の大半にとって、インサージェンシーは無断で離反した数人の研究者とアノマラスオブジェクトの分裂グループでした。実際には、O5評議会はインサージェンシーを倫理的に疑問の残る手法や政治的に好ましくない結果とともに任務を完了する存在として作りました-財団の公の信望を損なわないままで。約24年間、インサージェンシーは財団の離反者を偽装し、アノマラスオブジェクトをO5評議会の秘密の目的のために使っていました。

1948年、計画された作戦の偽装手順の一部として、インサージェンシーはいくつかのSCPオブジェクトを財団の収容から回収し、何ダースもの離反した財団研究者を様々な安全な場所へ移送しました。同日に、財団施設への複合的な計画外の強襲が発生しました。インサージェンシーは偉大な研究と軍事的な転用性を持ったSCPオブジェクトを強奪し、財団職員に死傷者をもたらしました。財団の最大の嘘が現実となったのです。彼らの隠された黒い作戦チームは離反し、財団は新たな名前、カオス・インサージェンシーと自身を呼ぶ新たな脅威と直面しました。

O5評議会は混乱しました。赤い右手職員からは離反や背信の兆候がまったくありませんでした。インサージェンシーの裏切りの動機は財団にとって未だに不明です。離反したインサージェンシーの工作員を発見、捕縛、暗殺する全ての試みは失敗しています。この情報は財団内の機密とされ、インサージェンシーは1924年に離脱したとされ、1948年の本当の離脱はすでに分裂していた組織による単なる強襲とされました。

現代のカオス・インサージェンシーは元となった組織と類似する点を持ちます。カオス・インサージェンシーのデルタコマンドは謎に包まれ、下級ランクの職員へ命令を発します。ガンマクラスの研究者と軍事司令官はデルタコマンドの命令の実行を監督し、ベータクラス職員はガンマクラスと同レベルの命令を与えられずに、現場でインサージェンシーの任務を実行します。アルファクラスの職員は、超常に対する知識が少ない、もしくはない人間から頻繁に契約や雇用の形で補給されます。なぜなら、超常世界の外の哀れな存在が代用品になるからです。彼らは雑役夫です。無数の消耗品です。

インサージェンシーは2つの部門に分かれています。軍事とR&Dです。互いの部門にいるチームは、別のチームの正確な行動と目的を把握しないま独立して行動します。新人は彼らの上司から指導を受け、彼らの全ての行動が、デルタコマンドによって組み立てられたより大きな計画の一部だと知らないまま絶対的に従属することを期待されます。彼らは、自分たちはある状態の混乱に対する偉大な反乱を行っていると教えられます-"一致した現実"は錯覚であり、歴史は財団による大きな嘘です。彼らは自分たちは超常を理想的な未来、人間が錯覚ではなく本当にあらゆるものの支配者となる未来を作るために利用すると教えられます。

ですが、誰がカオス・インサージェンシーの本当の望みを知っているのでしょうか?

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。