シメリアン-カクタスの提言
評価: +16+x
brokegod.png

借金取りから逃れようとトヨタカローラレビンに乗り宇宙へ逃げるSCP-001-J。これ以来この車は差し押さえられている。

アイテム番号: SCP-001-J

オブジェクトクラス: Iyov

特別収容プロトコル: SCP-001-Jにどんな事情があろうと、あらゆる金銭の譲渡は禁止されています。SCP-001-Jとのやり取りを行うスタッフは、事前に持っている全金銭を手放してください。

現時点で財団はSCP-001-Jの収容を達成できていません。しかし、SCP-001-Jの債権者に対する明らかな不安を利用すれば、収容できる可能性があります。そのため、SCP-001-Jに関するさらなる研究が必要です。

説明: SCP-001-Jは、全知全能で、全時空に存在するMichael Kainを名乗る実体であり、自らを"財布の紐が壊れた神の教会"の熱心な信者と主張する集団が唯一神として崇拝しています。SCP-001-Jは強力で、危険なコズミックパワーを、自らの壊滅的な資産運用のスキルを埋め合わせるために使用します。

SCP-001-Jは、支払いのために大量の現金を要求し、彼曰く、"水道代、養育費、食費、後そこらで売ってるホットドッグもだ。ギリギリのお金でやりくりする人間にはタンパク質は絶対必要だからな。"とのことです。しかしながら、誰かが、何らかの理由で、SCP-001-Jに1セントでも渡してしまった場合、酒やタバコ、成人向け雑誌等を買っていないと主張するにもかかわらず、不明な理由で消失します。

発見経緯: SCP-001-JはO5-1がニューヨークへ出張に行った際、SCP-001-JがO5-1のベーグルを盗もうとしていたのを、"おい、私のベーグルを盗まないでくれ"と叫ばれ、防がれたことで発見されました。SCP-001-Jは後にこの時のことを、"マジであの時収容されたんだ"と語っています。O5-1は、SCP-001-Jのベーグル代を払うと申し出、タクシー代を渡しましたが、それ以来SCP-001-JはO5-1の携帯電話に、17,000件にも及ぶボイスメールを送信しています。殆どは金銭の要求でしたが、たまに、要求の前に無関係な話を長々とするものも存在していました。

補遺 001-J.1: 録音済みボイスメール

以下のボイスメールは2017年4月20日から、2017年5月1日にわたり、O5-1のオフィスに送信されたものです。
この間、GOCや蛇の手から、SCP-001-Jが金銭の要求をしたとの報告があり、カオスインサージェンシーからは、電話があったものの15秒で切れてしまったとの報告がありました。

001-J.1

001-J.2

001-J.3

001-J.4

001-J.5

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。