クラシカル・リバイバルシリーズ インデックス

ここはクラシカル・リバイバル・ミニカノンに属する全ての物語のためのハブページです。リバイバルはこれに馴染みのない人のために、サイトが大量に編集される前の古いものに、より現代的な味付けをして掘り起こそうとする試みです。財団はより小規模であり、緊密で、いくつかの点で従来の財団より非道でも合理的でもあります。利用できるか、そう考えられるSCPは最大限活用されます。危険のないSCPははるかに緩いセキュリティ基準をもち、非常に危険なSCPは可及的速やかに破壊されるべきもののリストに載るでしょう。

クラシカル・リバイバル・カノンにのっとってTaleを書きたい人は誰でも大歓迎です。ただしカノンや計画されているストーリーと矛盾しないか、Djoricと共にチェックすることをお勧めします。

シリーズの発展に伴って、このドキュメントも更新されます。

メインストーリー

1) 始まり Origination - 1993年8月7日 - 彫像の発見の余波
2) 創設 Founding - 1993年8月12日 - 計画が立てられ、クロウ博士は様々なプロジェクトからスタッフを集め、公式に財団を作る
3) さまざまな出来事 And So On And So Forth - 1994年5月15日 - 収容違反!
4) Green – 1996年11月17日 - フランシスの現実歪曲者としての能力が突如目覚める
5) Able Baker Charlie - 1997年5月2日 - こんにちは、私の名前はエージェントウクレレ
6) 遠く過ぎ去りし時 A Long Time Past - 1997年5月10日 - 運命は重き荷である
7) それは休暇ではなかった It Wasn't a Vacation- 1997年9月21日 - ジャック・ブライトについて
8) 幕間1:断片 Interlude 1: Patches- 1997年3月-10月 - いくつかの空白が埋まる。O5が生まれ、Patが姿を現す
9) New Year's (Part 1) - 1997年12月31日 - 紳士淑女の皆様、アルト・H・クレフです
10) New Year's (Part 2) - 1998年1月1日 - 家族団欒の時。そして10の物語
11) そして、それは今 And So It Is Now - 1998年4月30日 - アベルが文明への帰還を果たす
(訳注:以下現在翻訳中)
12) 騒乱の狂騰 Upswing of Disorder - 1998年5月4日 - 1998年の反乱。人々は死に、それは現実となる
13) 幕間2:偉大なる雌馬の記録 Interlude 2: Notes from the Great Mare- 2003年6月-9月 - Eponからのいくつかの音声ログ
14) A-C ♯-E - 2004年5月2日 - 恐らくは、いくつかの新事実。
15) 幕間3:簿記のいくつかの小さな勘定 Interlude 3: A Few Minor Counts of Bookkeeping - The sound felt makes as it's dragged on a polished table.

以下進行中!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。