確定された発見
評価: +3+x

以下はSCP-103-Jによる財団への浸透に関する拡張文書です。収容されたアノマリーにSCP-103-J-2を特定したすべての人員は、視認を容易にするために実例を強調して明確に記録し、このページに追加しなければなりません。

(訳注: 文末に編集コマンドへのアンカーと、続くコメントに投稿者向けのガイドラインおよびテンプレートが存在するが、本家ユーザ向けの内容なので割愛)


1048.png

Carver博士にとってこのSCP-103-J-2実例はいくら強調してもし足りることがありません。1048も驚愕しすぎて蝶ネクタイが取れるぐらいです。

610.png

SCP-610自身は危険ではありません、SCP-103-J-2実例を持たないという意味で。その他のあらゆる意味では危険かつ極度にどうしようもないです。

2521.png

●●-●●●●●-●●-● 💬 ⚠️⚠️⚠️ 👀 😭 💔

035.gif

鼻を発明したのはSCP-103-Jであると考えられています。それが唯一の説明です。

1545.png

背後に見える丘は尋問され、記憶処理を施され、予防的措置として終了されました。

123.jpg

問題のテーブルは木材チッパーにより破壊され、残骸はSCP-123に投入されました。徹底した調査によりSCP-123上にSCP-103-J-2が存在しないことが示されました。

099.jpg

強調されたSCP-103-J-2とSCP-099への暴露は、他のSCP-103-J-2を発見する人員の能力を大いに強化します。さらなる研究が推奨されます。

bear(1).jpg

SCP-2875-Aの実例はSCP-103-Jのエージェントであることが確認されました。これに関する影響の全貌は不明です。

1548-cs.jpg

かに星雲と夜空全体はマジでSCP-103-J-2まみれです。もはやこちらに直行してくる怒れるパルサーは問題ではありませんよ。

G9zmJ.jpg

事案096-1-Aの写真です。SCP-103-J-2実例は黄色い円の中に存在します―仔細な調査と拡大が推奨されます。

poop.JPG

最近の発見に照らして、人員は現在SCP-106の潜在的な犠牲者を終了するよう勧告されます。

131-illuminati.jpg

ああ勘弁してくれ!連中はもはや隠れようとすらしていません。

049illuminati.jpg

この特異なSCP-103-J-2は逆さになっており、ヤギの頭に類似していることに留意すべきです。これはSCP-103-Jによるバフォメット崇拝の証拠であると思われます。

902illuminati.jpg

SCP-902はSCP-103-J-2実例を収容していると考えられ、これが人員が耳にする'カチカチ音'の発生源であると考えられています。それを開けるな、それはお前にして欲しいのだ。それを開けろ、それはお前にさせる必要があるのだ。

2747.jpg

現在の理論ではSCP-2747は実際には自然現象ではなく、本当はSCP-103-Jによって生み出されたと考えられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。