収容違反 ザ・ミュージカル
rating: +21+x

かの大当たりの劇の概要。                                                                                                                            

最初に並行時間軸から
ウェブページを抽出する方法を発見した際、
我々は期せずしてこれを見つけました。
メリークリスマス、そしてハッピーニューイヤー
多元宇宙分析部門より。

収容違反 ザ・ミュージカル


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この項目では、ミュージカルについて説明しています。小説シリーズについては「収容違反」を、映画シリーズについては「収容違反 (映画シリーズ)」を、その他の用法については「収容違反 (曖昧さ回避)」をご覧ください。


収容違反
ザ・ミュージカル

画像差し止め中

ブロードウェイ・プレイビルの表紙

作曲 ソフィア・マクラウド
作詞 カーライル・アッティカス
脚本 サル・リネン
ロジャー・マッケンジー
原作 2007 ケイト・マックギアーズ小説
上演 2009 ワイオミング (試験興行)
2009 ブロードウェイ
2011 米国ツアー
2012 ウエスト・エンド
2014 英国ツアー

収容違反 ザ・ミュージカル』(しゅうよういはん ザ・ミュージカル、Containment Breach The Musical)は、ソフィア・マクラウド作曲、カーライル・アッティカス作詞、サル・リネンロジャー・マッケンジー脚本によるミュージカル。2007年に出版されベストセラーとなった、ケイト・マックギアーズの小説シリーズ『SCP財団』の第1作『収容違反』を基にしている。

2009年1月11日、ワイオミングのオネイロイ・シアターで試験興行が開幕し、瞬く間に好評を博し商業的な成功を収めた。2009年10月6日、ブロードウェイパレス・シアターで本公演が開幕した[1]。以来本作は市民劇場、学校・大学のクラブ、サマーキャンプ、地域劇団の上演作品として人気のミュージカルとなっている[2]

あらすじ


第1幕

一組の夫婦が、一人の泣いている赤ちゃんの声で眠りから覚める。妻は夫に、今度は彼が赤ちゃんの様子を見に行く番だと伝える。夫は自分たちの寝室のドアを開けると同時に後ろを振り向き、「自分たちには子供なんていない」ということを戦慄しながら叫ぶ。すると彼は舞台裏の襲撃者によってその戸口から引きずり出されてしまう。恐怖に駆られた妻は警察に電話をかけ、そしてその電話は財団の監視ネットワークによって傍受される《Something is [REDACTED]ing My Husband! 「ナニかが私の夫を[編集済]しているわ!」》。

機動部隊ベータ-12が到着し、妻のもとに迫りつつある一つの赤い不定形の塊を発見する。部隊はそのクリーチャーを金属製のクレートの中に捕獲し、妻に記憶処理薬を投与し、夫の残骸を清掃する《Just Another Tuesday 「日常茶飯事」》。彼らはクリーチャーをサイト-19の北収容ホールへ移送してSCP-049の隣の収容セルに閉じ込める《Secure, Contain, Protect 「確保、収容、保護」》。ジャック・ブライト博士と彼の助手たちがその廊下を歩き、全てのSCPオブジェクトが揃っていることの確認を取る《Roll Call 「点呼」》。

ブライトがSCP-105の収容室に入り、写真の中の場所の風景をリアルタイムのものとして見ることができるという彼女の異常な能力の定期テストを実施する《What a Wonderful World 「なんて素晴らしい世界なの」》。その後、彼は彼女に、彼女がそれまでの良い振る舞いの褒賞としてある程度の特権を得ることができると伝える。するとSCP-105は生け花や聖書などの様々な贅沢品をリクエストし、またブライト博士に自分のことをその本名の「アイリス」で呼ぶように頼むこともする。ブライトは彼女のほぼ全てのリクエストを承認するが、彼女を本名で呼ぶことはプロトコル違反に当たってしまうため最後の一つだけは却下する《List of Requests 「リクエスト・リスト」》。

モンスターを扱うのと同じやり方で無実の囚人を扱わなければならないという義務を背負うブライトは、SCP-408の飼育場へ赴き、鱗翅類研究家であるジニア・コンドラキ博士に自身の罪悪感を吐露する。コンドラキはブライトに、彼は正しいことをしていると安心させる言葉をかけるが、彼女の話には彼ら二人の間にある明確な恋愛感情への数多くの微妙な仄めかしが含まれている《Bright's Lament 「ブライトの嘆き」》。

画像差し止め中
SCP-046の役を演じるトロイ・デュシャン

サイト-19内の別の場所では、前述の赤い不定形の塊(現在はSCP-844として指定されている)が、自らが一人の小さな怯えた子供の声と人格を備えていることを明らかにする。隣接するセルに収容されているSCP-049は、SCP-844の今置かれている状況を思いやりをもって優しく説明しようとするが、彼の言葉はアベル(SCP-076)の与える、収容下での生活についてのより率直で正直な説明によって遮られる《Where am I?/Being Anomalous Really Sucks, Okay? 「ここはどこなの?/異常であることっていうのは最低最悪なんだよ、OK?」》。

けたたましいサイレンと眩しい点滅灯が突然その廊下に充満する。SCPオブジェクトたちはそれが収容違反の警報であることを認識して歓声を上げる。彼らは誰が自由を獲得したのかを楽しく推測するが、それがSCP-106であることに気が付くと恐怖に震え上がる《Who's the Lucky Bastard?/Oh HELL No! 「運のいいヤツはだ~れだ?/チクショウやべえ!」》。SCP-106は無言で一つの短いダンス・ナンバーを披露したのち、サイト-19内に大惨事をもたらすべくその場を去る《Rage State Ragtime 「怒りのラグタイム」》。

一方その頃、ブライトとコンドラキは、SCP-408の個体たちが彼らの周りにロマンチックな雰囲気を醸し出している中で彼ら二人の初めてのキスを交わすべく互いに接近する《Screw Professionalism 「プロフェッショナリズムなんてくそくらえ」》。しかし二人が互いに想いを打ち明け合おうとしたちょうどその時、サイト管理官ヨリック・クレフォードソンがサイト-19のPAシステムを通じて「全ての職員は何が何でもSCP-106の再収容を支援しなければならない」ということをアナウンスする《Put That Thing Back Where It Came From (Or So Help Me) 「とにかくそれを送り返そう (さもないと)」》。ブライトとコンドラキはぎこちない別れの挨拶を交わし、そして彼らのサイトを守るために急いで走り去る。

ブライトはサイト-19の東保管棟にてとにかく何かSCP-106を止めることのできそうなものを探し回るが、見つかるものはどれもこれも奇妙なだけで役に立たない能力を持つSafeクラスのオブジェクトばかりであった《My Kingdom for a Euclid 「Euclidの代わりにわが王国をくれてやる」》。結局、彼は未確認の異常特性を持つ一握りのオブジェクトを引っ掴むと、それが最善の結果を生むことを願いながらその場を後にする《What the Hell, I'm Dead Either Way 「なんてこった、私はどっちみち死ぬのか」》。

SCP-106がサイト-19のカフェテリアを歩き、手当たり次第にスタッフメンバーらを殺害していく。すると突然そのカフェテリアが牧歌的な田園風景に変化し、SCP-106を恐怖に怯ませる。しかしSCP-106は両手から湧き出る黒い強酸性の汚泥を空中へ放ち、SCP-408の個体たちを散り散りにさせて墜とす《[TANGO EXPUNGED] 「[タンゴ削除済]」》。カフェテリアの隅にいたコンドラキをSCP-106が見つけ出したちょうどその時、文書化されていないSCPオブジェクト群を両腕いっぱいに抱えたブライトがそこへ押し入る。彼はSCP-106にそれらを次々と投げつけるが、どれも効果はない。SCP-106はブライトに向かってゆっくりと前進していき、やがて両者は直接対峙する。SCP-106は脅すように前方に手を伸ばしていくが、その最後の瞬間、ブライトがある一つの櫛をSCP-106の頭に載せると、その実体は一人の美しい乙女へと変化する――それ自身にとって大変苦痛なことに。

サイト管理官ヨリクソンが援護のセキュリティ職員を引き連れてカフェテリアに入り、そしてSCP-106は自ら櫛を取り去れずにいるうちに捕らえられる。トラブルが解決したかに見えたちょうどその時、SCP-106の汚泥攻撃によって弱った一本の支持梁が崩壊し始める。今まさにコンドラキの上に落ちかからんとしているその支持梁を目にしたブライトはとっさに彼女をその位置から押し出すが、その過程で自らを犠牲にしてしまう。彼は息を引き取る間際に彼女に愛を告白する《Screw Professionalism (Reprise) 「プロフェッショナリズムなんてくそくらえ (リプライズ)」》。そして彼の体から力が抜けると同時に、彼の手から一つの赤い首飾りがこぼれ落ちる。

第2幕

収容違反事件の数日後、Dクラス職員のチームが、損傷を受けた前述のカフェテリアを清掃している。彼らのうちの一人が、瓦礫の中に紛れていた前述の赤い首飾りを発見して拾い上げる。すると彼の気質のそっくり全てが即座に変化し、彼は混乱しながらカフェテリアを走り出る。取り押さえられ質問を受けた際、彼は自身がジャック・ブライト博士であると主張する。彼が本物のブライトにしか答えを知り得ないであろう質問群にも正しく答えてみせたため、質問者らは彼を信じることを余儀なくされる《I'm a Doctor, Not a D-Class 「私は博士だ、Dクラスなんかじゃない」》。

画像差し止め中
新しい体に入り、機動部隊エージェントによって身柄を拘束されたブライト博士

新しい体に入ったブライトはSCP-963として指定されるとともに、利用可能な収容室が見出されるまでの間待機房に留置される。ブライトは収容ドアの向こう側にいる自分に気付いたことの皮肉について述べる《Bright’s Lament (Reprise) 「ブライトの嘆き (リプライズ)」》。そして彼は他の人型SCPオブジェクトたちを収容している「オーバーフロー」のチャンバーへ移された自分に気付いて驚く。彼の同房者、SCP-2800SCP-1846は、彼のことを元気づけようとする《It's Like a Really Long Vacation 「とっても長い休暇みたいなもんさ」》。

一方その頃、ブライトが死んでしまったものとまだ信じているコンドラキは、彼に別れを告げるため自身の蝶たちに彼の幻影を作らせていた《Damn Your Sexy Face 「あなたのセクシーな顔のばか」》。するとエヴァレット・キング博士が記録を回収するためその蝶の飼育場を訪れ、彼の進入と同時に数匹の蝶が脱走する。コンドラキはその蝶たちをブライトの留置されているセルまで追いかけて行き、そして二人は再会する《I’m Confused, But Kiss Me 「混乱してる、でもキスして」》。

サイト-19内の別の場所では、アベルがアイリスの隣のセルへと移転されていた。二人は機動部隊オメガ-7のチームメイト同士として築かれながらもその後破綻した自分たちの恋愛関係について語り合う。アベルは彼女に自分のことを残忍な殺戮者としてではなく温かく愛情深い男として見るように懇願する《I Would Probably Never Gut You 「私はきっと君のハラワタを抜いたりはしないよ」》。しかし、アイリスはいつかまたよりを戻そうというその提案を拒絶する。

ブライトは一つのSCPオブジェクトとしての日常生活を送り続け、かつての仕事仲間だった者たちによる自身の扱われ方にますます不満を強めていく《When You’re a Skip 「君がスキップになったら」》。彼は次第に同胞の人型SCPオブジェクトたちの置かれている窮状に同情的になっていく。彼は最初のうちは「良い」SCPオブジェクトたちのことだけを受け入れていたが、最終的にはより危険なSCPオブジェクトたちにも好意を抱くようになる《We’re All Monsters, Really 「私たちはみんなモンスターなんだな、本当に」》。

週に一度のコンドラキとの秘密の逢瀬の最中、ブライトは自身が同胞のSCPオブジェクトたちと計画している大規模な脱獄のことについて語る。彼は彼女に、その脱獄の最中に危害を受けることのないよう前もって安全な場所に隠れておくように指示をし、そして自身が自由の身となった時に彼女と一緒に逃げることを約束する《What Could Possibly Go Wrong? 「絶対にうまくいくさ」》。コンドラキはそれに同意するが、後で自身の蝶たちに、自身が道徳的に葛藤していることを吐露する《I’m So Screwed, Guys 「私は心底困ってしまったわ、あなたたち」》。

翌日、ブライトは自身の計画を実行に移す。様々なSCPオブジェクトの盟友たちの助けを借りて、一つの重大な収容違反が首尾よく扇動される《The Breakout Song 「脱獄の歌」》。そして続く収容違反で多くの職員が命を落とすが、その中にはブライト自身までもが含まれてしまう。しかし、彼の首飾りがキング博士の死んで間もない体の上に落ちると、彼はもう一度復活する《Why Do I Taste Apples? 「なぜ私はリンゴの味を味わってるんだ?」》。ブライトは自らアイリスを、ついに彼女のことを彼女にふさわしい名前で呼びながら彼女の収容室から解放する。アベルはアイリスに自分の収容ドアを開いて自分を解放するように嘆願するが、彼女はそれをしないことを選ぶ《It Wasn’t a Healthy Relationship At All, Really 「ちっとも健全な関係なんかじゃなかったわ、本当に」》。

ブライトはコンドラキを見つけるが、彼女は心変わりをしており、彼との逃避行に身を委ねることができなくなってしまっていた。彼女は自身が後に残りそして人類の破滅を目論むSCPオブジェクトたちの再収容を手伝うことによって財団との約束を守らなくてはならないが、しかしブライトには依然として脱出できるうちに脱出してほしいと思っているということを説明する《Screw Professionalism (Reprise, Again) 「プロフェッショナリズムなんてくそくらえ (リプライズ、アゲイン)」》。二人は互いに涙ながらの別れを告げ、ブライトはコンドラキが後に残って彼女の蝶たちと共に戦っている間にそこから旅立つ。

収容違反事件の後、コンドラキはもう一度自身の蝶たちに、元の顔を持ったブライトの幻影を作らせていた。そして彼女の友人、アガサ・リーチ博士がその飼育場に入ってキング博士の死を悼み、二人はそれぞれの失われた愛を互いに哀れみ合う《All My Boyfriends End Up Dead 「私の愛したボーイフレンドはみんな死んでいってしまう」》。すると突然、ブライトが依然としてキングの体に入った状態でその飼育場を訪れ、「キングが死んだことは自分たち三人を除いて誰も知らない、つまり自分は本質的にキングの身元を引き継ぐことができる」ということを説明する。リーチは最初は困惑するが、自分の友人たちが一緒になれるのであればそれは自分にとって幸せなことだと判断し、そして「キングもきっとそうなることを望んでいるだろう」ということを述べる。ブライトとコンドラキは、再び一緒にサイト-19で普通の生活を送るチャンスを手にしたことに大喜びしてキスを交わす《A Happy Ending, Sort Of 「ハッピーエンドだ、一種の」》。

謎の人物の集団が前の場面の監視カメラ映像をモニターする。彼らが何をすべきかを議論すると同時に、スーツを着込んだアベルがその部屋へと入り、自身がその監督評議会の長、O5-1であることを明らかにする。彼は事件の全てが評議会員らによって仕組まれたものであったこと、そして彼らがブライトにキング博士として生き続ける許可を与える決定をしたことを説明する。評議会は昼食のため会議を中断し、アベルは部屋に独り取り残される。するとアイリスが突然そこへ入ってきて混乱する。アベルは何もかもがテストであったことを説明し、そしてアイリスは泣きながら彼の腕の中に飛び込む。収容違反が正式に終了するとともに、サイト-19の残りの職員が仕事へと復帰する《Secure, Contain, Protect (Reprise) 「確保、収容、保護 (リプライズ)」》。

オリジナル・ブロードウェイ・キャスト


役名 俳優
ジャック・ブライト博士 アンドリュー・S・ベア
ジャック・ブライト博士 (2代目の体) ジャンゴ・リックマン
ジニア・コンドラキ博士 モンターラ・ロス
エヴァレット・キング博士 クリス・デマティス
クレフォード・ヨリクソン博士 カービー・カヴェンダー
アガサ・リーチ博士 シルヴァ・ディエス
アイリス ペッパ・デンカー
アベル トム・ストーン
SCP-106 ヒッポリータ・アードソン
SCP-844 シリル・ロック
SCP-049 トロイ・デュシャン
SCP-2800 チャズ・D・ケヴェロー
SCP-1846 フリッツ・コンウィル・E
ミセス・ヘイロー エリカ・H・アンベロー
ミスター・ヘイロー ケイン・P・レイヴン
SCP-527 ヴォーン・ペンサー
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。