cyrus013の死亡記録
評価: +3+x
brain.jpg

Maybe if I wore a hat…

名前: K█████ D██████
.
管理タグ: cyrus013
.
安全保安等級: 前O5-12
.
職務: 運営管理
.
.
人物: 他のO5管理者と同様に、彼はSCP指揮居住区域でEuclid研究や余剰次元物理学に囲まれ育ちました。1953年、高ストレス下においても彼は非常に知的かつ合理的な判断を下すことができると云う評価を下されました。精神的評価の後に、彼は前任者の"辞任"を持ってO5-12に着任しました。

"皆は良い人生を送ってきただろうか。我々は死ぬために生まれてきたのだ"-Dクラス職員へ向けた最も有名な言葉。彼は頻繁に、SCP実験へ赴く職員に講演を行いました。

"明日が変わらず来るとは限らない。我々は死ぬために生まれてきたのだ"-研究員へ向けたもっとも有名な言葉。
.
.
死亡: 1978年、SCP-160の収容について検討する中で、彼は保管エリア-134及びIWS計画の実行を命じました。これらの命令は終了と言う形での辞任を行う直前の最後の命令として、O5管理者間での協議なしに発令されました。
.
.
現在の職務: 現在IWSシステムにおいてW3と指定されています。W3はSCP-160とSCP-███のセキュリティとして機能しており、同時に財団職員に対する科学及びセキュリティコンサルタントとしても働きます。また、ケーキを焼くことによって談話室のカフェをアシストします。以下のSCiPに対する記録保持装置兼研究コンサルタントとして機能しています: SCP-160SCP-181SCP-193、SCP-███、SCP-███、SCP-███
.
.
.
[過去のデータと記録が不整合です]
[情報は無効です]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。