悪魔との取引
評価: 0+x

呼び出し音が鳴った。彼女には聞くまでもなく、それがずっと待っていた電話だとわかった。隔てられているような──むしろ、無音の干渉を受けているような──雰囲気を、彼女の上司から向けられていた。まるで、彼女の行動監視されているようだった。電波沈黙時間。

彼らは、ソフィア・ライト博士にサイト-41のことを尋ねるつもりでいるのだろうか。そこは、彼女の誇り、喜びが埋められた凍てつく荒野だ。それとも、彼女のプロジェクトの一つを尋ねるのか?もっと言えばエルデネトのことについてだろうか?

会議は照明の明るい、小さなアンティチェンバー(副室)で設けられた。スヴァールバル・サイトの奥の部屋だ。ライト博士のアシスタントのヴォーも一緒に傍聴しつつ、ノートを録っている。評議会のメンバーが1人──セブン──背の高い、濃い褐色の肌とフィッシュテールの編んだ髪を備える女性だった。彼女の容姿をさらに述べれば、緑がかった青のスカートスーツで、まるでValue Villageで80年代に買ったかのように見えた。ライトは、自身の現実性に関する知見を、この事実を説明するために調整せざるをえなかった。(あんな服着れなくなったら、他に誰が着るというのかしらん?)

「お会いできてよかった、ライト博士。」

「こちらこそ。断るつもりはありませんでした。」

セブンは大変に微笑んだが、歯が見えただけだった。「私は会議を代表して、ここ最近の問題についてのあなたの見解を尋ねにきました。あなたには、歴史に名高いキャリアを持っていらっしゃるから。思い返せばあなたは、他のどの調査担当ディレクターよりも多く、オブジェクトを尽力の上で'Explained'に再分類したものですしねえ。」

「直接私によるものではないんですが、ですが、おっしゃる通り、その記録は私が持つものだと聞いていました。」

「他の者は、再分類することに真に注力しませんでした。確かあなたは、こういう趣旨のことを言ってましたよね?財団の究極的なゴールは全ての事象を説明することだ、とか?」

ライトはしかめっ面をした。「事実無根です。私にだって、全てのアノマリーに理にかなった説明を施せるとは思っていません。私は単に、主要な研究者が必然的に封じ込め任務となる以上、私たちも財団とこの世界に責任を持って、現実性を説明するための総合的な能力の向上に努めるべきだと言いました。科学の海岸線を広げなきゃ、と、思います。」

「ああ、ええ。さほど、野心的ではないのですね。」

ライトは肩をすくめた。「アノマリーだって、現実性の一部です。多くの研究は、ある種の事実を無視しようとしているように見えます。つまり、いかなる努力を払ったとしても、連中とおさらばできませんし、”正常科学”に従わすことはできないのです──だって、アノマリー(例外)は、すでにここにあるのですから。」

「面白い。」

幾秒過ぎ去る。ライトは訊く。「私のどの考えをお望みなんです?」

「えーとですね。書類は見ましたね。あなたは例のモノに一枚噛んでいましたよね。機動部隊オメガ-7について、どう思いますか?」

予想外の方向に話が進んだ。ライトは考え込んだ。「クソの塊の類ですかね。」

「悪いアイデアであったと?」

「非常に。」

「過去を振り返る目の視力というものは満点──後悔先に立たずというものですねえ。」

「後知恵バイアスというものあるでしょうが、私は未だに、あんな計画しなきゃよかったと思っていますね。」

「どのようにして、件の事に始末をつけたのです?」

「アベルを切り捨てました。」

「他には?」セブンは微笑んだ。

「うーん。彼らを分散させました ── 移動距離を増やして、ユニットのレスポンス・タイムを低減させたのです。極度の疲労を伴う訓練を減らし、ヒエラルキー的なリーダーシップをユニットに導入しました。柔軟性はですね、厳格な命令よりもずっと重要なんですよ──」

ライトはいうのをやめた。彼女は、人を読み取ることが決して得意ではなかった。だが、ヴォーの介助犬が吠えて彼の膝上に飛び乗ったのを見て、彼の不安のなんらかの合図らしいと察せた。間接的にだったが、何かおかしいという警告を彼女に発したのだった。セブンは非常に微笑んでいた。

「ヴォー……」ライトは言った。「出ていかなければならないなら、どうぞ行きなさい。」

「いや、結構です。」ヴォーは言う。

「さあ続けて。」セブンは言う。「優れた着眼点ですねえ。」

「望みはなんですの?」ライトは尋ねた。

「ディレクター・ソフィア、私たちはあのパンドラの箱を、もう一度開けるんですよ。よく似た機動部隊をね。アルファ-9『残された希望』ですって。私たちとしては、あなたに、これのディレクターになっていただきたいという訳なんです。」

(どんな形にしろ、司令部の一部に関わる許可が出るっってことは、司令部の結論は出ているよね。) 「……全然、議論の余地があるようには聞こえないのですが。」

「そうですね。そうなるでしょうね。しかし、進んでいることなんです。リーダーに割り当てられる人材の議論をした時に、あなたの名前が上がりました。」

時間が失速するようであった。ライトの目は、どこか遠くなった。彼女は兎に角、兎に角、早く思考を始めた。「他の人は?」

「私たちは、最初にラメントに打診しました。もう一人のシニア工作員で、印象的な実績の持ち主でしたから。」

「それで、彼はなんと?」

「今まで聴いた中で最悪のアイディアだと言って、フォーに”帰れ”と言いました。」

ライトは鼻を鳴らした。( えらいぞ!)「他には?」

「あなたの次は、ギアーズ博士に尋ねます。それを終えてから、選択肢を探ります。」

(ギアーズ?)彼は間違いなくするな。きっとうまくやってくれるでしょう。正確無比に、最高司令部の目標を実現するはず。そんな人は危険だった。

一方、評議会が第四のラインナップを持っていないなら、もっと有能ではない誰かさんを探すことになる。それはとってもに危険なことだった。それでも…

「私は機動部隊を率いたことがありません。またいろいろと立て込んでいまして。」

「私たちは、あなたに今のポスト、サイトディレクターとしてのポストを降りてもらって欲しいのですよ、何かしらいみのある手段でね。私たちは、あなたうまくやると確信しています。」

「ブレーキのない車に乗っている時、ドライバーがどれだけ熟練しているかってことは問題ではありません。あなた方が事故ってしまった時に、私は矢面に立ちたくありません。」

「私たちは、事故を起こすつもりではありません。私たちは、状況を切り替えているのです。あなたには自主性が与えられます、資源が与えられます、必要ならば何とあれ与えられます。従来の方法では、殺到する世界中の例外に付いて行くことはできないのです。状況はさらに悪化しています。ディレクター・ソフィア、私たちは、私たちの作ってきた歩みを失いたくはないのです。世界はアルファ-9を必要としています。」

「ちょっとすいません……」ヴォーが言う。彼は不安定に立ち上がって、マンゴーちゃんを牽いて部屋を出て行った。

ライトはセブンを見た。「本気なんです?」

「封じ込め違反後の犠牲者のように。」

「あなたは、私のO5なんですか?」

セブンは瞬いた。「はい?」

「えーっと ──」ライトは言葉を探した。「私は経験上、多くのシニア・スタッフが昇進したのは、その、なぜなら、一部の監督官が、そのスタッフに可能性を見出して、そこに至るまで、彼らを追ったわけだと知りました。ですが、私は誰が、私のO5なのか知りません。」

「オーノー。私はクレフのですね。」

「あー。」

「あなたのは……もっと、不介入な人ですね。でも、彼らもあなたを推薦していますよ。この状況だから。」

ライトは証拠を考えてみた。選択肢を秤にかけた。「やりましょう。」

「素晴らしい。」セブンは頷いた。「説得するよりもそっちの方がいいでしょう。」

「あなたが言った通り。私よりも有能ではない誰かさんに、これの担当になって欲しくはないですから。命が危険に晒される。私はこれが間違いだと思っていますが、私には災難を避けることについては実績があると自負しています。」

「私の期待していた態度の全くその通り、というわけではないですが、嵐に遭えば、どんな港も有難い1。また連絡します、ディレクター。」

嵐に遭えば、どんな港も有難い。(そうね。ふーん。)


Afterward, Light sat down next to Vaux in the atrium. Wordlessly, Vaux handed her a cup of coffee. She took a sip.

"Did that woman really look me in the eyes and say 'we're re-opening Pandora's Box'?"

"Yep."

Light groaned. "I don't know how they take themselves seriously."


Three days later, the most urgent administrative duties were reassigned. The suitcases were packed and the office cleared out. One of the more familiar-looking suited Council representatives had been hanging around the Svalbard Site and reviewing preliminary details about the task force. Seven herself flew off shortly after their meeting.

The fluorescent bulb in the meeting room flickered, barely perceptibly. Sophia Light tried to ignore it. Closed her eyes. She'd be out of here soon enough.

"Protection," she said. "I don't want my name attached anywhere to this. Don't want to be traceable, don't want anyone connecting my file to this. In the Foundation, or outside it."

"That's not going to work, Director."

"Every Group of Interest out there with a gun is going to be out for blood once this goes live. I need protection."

"You do," agreed the suited Council representative. "But Alpha-9 won't be seen as a hopeful act within the Foundation. People need to know that someone they've heard of and respect is in charge. They do actually have to see you doing it."

"Fuck. Can you at least keep my name out of it until it goes live?"

"That seems doable."

"Alright. Guards, then. Well-trained, diverse skillset, highly loyal. Maybe a popemobile? If I have to be a target, I'd prefer not to be an easy one. I find dying sub-optimal, personally."

The representative, to their credit, kept a straight face. "You will have access to our resources. Guards, absolutely."

"And anomaly-derived personal defenses. I know Command has their own. You're their representative, you probably have them. Well, I want some too. New designs."

"I assume you have ideas already."

"Yes."

"So did your predecessor. You'll find more in the file."

Light frowned, running her fingers over the yellowed folder and its peeling label. "GENERAL BOWE". "Is he my predecessor? Technically?"

The representative shrugged. "Matter of definitions. Symbolically, maybe. With naming the task force Alpha rather than Omega, he's not anyone's predecessor."

“Hm. Lastly…” She thought. She wasn't commonly sentimental, but power is just the ability to make uncommon things happen. “I want a layover."

They groaned. "Right now? Command doesn't like to be kept waiting."

"The task force has been shelved for nine years. They can wait another six hours."

"Where?"

"Site 14. Have a few last goodbyes before I drop off the radar indefinitely."

"Hrm. They won't be happy about this."

"If I had to be happy about everything I did, I'd never get anything done. Work with me here."

"I'll see what I can do. That all?"

"For now. Thanks, Jay. See you around."


She met Vaux on the surface, waiting with their bags by the runway. He was bundled in a parka and throwing tennis balls for Mango. She warned him the flight had an unexpected layover, told him that he could keep himself busy.

Then she fished out her cell phone and dialed an old contact. The other end picked up before the first ring finished.

Light drummed her feet on the ground. "Hey Troy, it's Sophie. Still kicking. You? Yeah. Listen, I know it's last-minute, but I have a flight that's stopping in 14 for a few hours. I wondered if you could free some time up —"

(Vaux mouthed to Mango, "Sophie"?)

"Yes, that sounds great. Yes. Plane's on the way, I can't talk for long. I'll call you once I'm there." Light smiled. "You too."

She hung up.

"It's a nice day," said Vaux.

It was, as far as days go in Svalbard. Chilly, but sun bright on the tundra meadows and rolling rock hills. She supposed she'd add the cold and quiet site to the list of places to miss.

Vaux was still watching her.

"What?" she asked.

"Why did you take it? The position. It's, um. It's strange that they offered it to you."

“They say that in the entire universe, not one unusual thing has ever happened.”

“Liiiight. That's bullshit.”

Light cracked a grin. "Arguably. In this instance, I know that High Command has had some kind of interest in me since very early in my career. Used to think I only got promotions because people thought I was either with the Olympia Project or related to Bright. But that's not true. There's something else.”

“Is this why you're not worried that they're going to shoot us if this plan fails?”

“They'd only shoot me.” She sighed. “Vaux — When she offered it, I wasn't sure. Imagine you believe in nuclear power. You can't support it outright, because it's politically taboo. For… inane bureaucratic reasons. But you've seen that it can supply humanity with cheap energy, pure water, food, health, opportunity."

"But it's dangerous," ventured Vaux.

"Of course it's dangerous. But you strongly suspect it's less dangerous than the alternative- not using it. You just can't convince anyone to try it."

"Then," she continued, "Imagine the government puts you in charge of its nuclear weapons program."

"…Oh."

"What else could I do?" She leaned back, staring out at the tundra.

Vaux nodded. "You sure nobody's going to try to kill you?"

"Someone will, almost assuredly, but not Command. Like I said, they like me, although I have no idea why."

"Ah." Above them, a whining engine indicated that their ride was inbound. Vaux whistled Mango back to him, clipped on her leash.

"But," said Light, "I intend to find out. And then I intend to make use of it."

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。