SCP-108-D
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-108

オブジェクトクラス: Decommissioned

特別収容プロトコル: SCP-108はレクリエーションの時間と隔週ごとに実施されるテストを除き、12m*12mの部屋に収容されます。一日三回の食事が与えられ、SCP-108の要求する家具は全て与えられるべきです。毎週金曜日に行われるSCP-108の母親への監視通話を除き、通信デバイスへのアクセスは認めるべきではありません。

月例のチェス・ゲームのためにDクラス1名の訪問が許可されています。この活動の中断は[データ抹消済]の要求によって禁止されています。

SCP-108は武器、あるいは武器として使用できるどのような物品(バターナイフ、ステーキナイフ、ハサミ等)に触れることは許可されていません。

説明: SCP-108は30歳程度に見える成人男子で、髪の色はブロンド、目は灰色です。身長は173cmです。SCP-108は「私の戦闘能力を低下させる服など着る意味はない」との理由で、飾り気のない、動きやすい衣服を好みます。

SCP-108は心身の健康のため、少なくとも月に一度クラシック音楽、チェスを楽しむためそれらに精通したDクラスの派遣を要求することが[データ抹消済]の[編集済]によって許可されています。

SCP-108は優れた戦闘センスをもっており、それらはあらゆる武器、または近接戦闘で発揮されます。実地試験ではアサルトライフルだけではなく、個人携行火器、複合弓(張力9~54kgで異なるもの全て)、クロスボウのいくつかのタイプで98%の命中率を証明しました。またSCP-108は剣、ナイフ(70回以上の投擲試験において100%の命中率を見せました)を主軸として様々な近接戦闘武器を扱う能力も持ちえます。SCP-108は[削除済]の封じ込めのために行われた戦闘以外、あらゆる戦いにおいて武器で傷を負ったことがないと主張しています。高性能爆薬及び建物倒壊にさらす実験は現在承認が保留されています。

非武装下における身体能力は、通常の平均的成人男性と同程度です。しかしながら、戦闘用の武器・ツールを所持している場合、反応速度は200%増加・危機感知能力の発現・超人的な速度を得ます。あらゆる状況においても呼吸・心拍数はコントロールされ乱れることはありえません。

また武器の扱い同様に、チェスの腕前も非常に熟練しており、9歳の時初めてプレイした一局を除き一度も敗北を喫しておらず、SCP-108の優れた戦術的および空間把握能力を示しています。実弾を用いた戦闘試験において、SCP-108は生命の危機的な状況下において冷静かつ合理的に思考できる不可思議な能力を持っていることを証明しています。SCP-108に行ったいくつかのIQテストは、全てIQ180以上を示す結果となりました。

SCP-108は女性と交際したいとの欲求を表明しています。現在承認は保留されています。(詳細は補遺110参照)

SCP-108はオブジェクトクラス: Euclidへの格上げを保留されています。彼が脱走を望んだ場合、阻止は困難を極め、致命的な被害が出るでしょう。

補遺: このSCPの不利益は、その利益を上回ると判断された。終了が承認された。 ──O5-6

██/██/████、SCP-108は彼の業績に対する報酬という名目でSCP-572を与えられました。SCP-108はそれを彼のためのただ一つの武器であると宣言し、刃のバランス及び職人の技量について喋りたてました。その後、財団の科学者はSCP-572の返却を要求しました。SCP-108は要求を拒否し、その後逃走を試みるため、壁を蹴って逆トリプルフリップジャンプをきめた後、572で窓を切り裂こうとして自分の頭を切除し自己終了しました。対象はneutralizedに再分類されました。

仕事完了 -Dr. Bright

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。