深く
評価: +1+x

ガーザ博士はサイト-19の広間を駆け抜け、その速さといったらもう少しでダニエルズ(それともスミスだったか?)を転ばせるほどだった。頭上では忌々しい警報が鳴り響き、誰もがとっくに知っている事を知らせていた。サイト-19に侵入者あり。

彼はオフィスに行かねばならなかった。彼の仕事はあまりにも重要で、奴らに……サイトを攻撃してくるような奴らの手に渡す訳にはいかない。実のところそれは無形の物だ。彼はただ奴らよりも先に報告書にアクセスしさえすればよかった。

オフィスにたどり着いた時、彼は数秒間ドアノブを見失った。クソ、足音がしなかったか?集中しろ、ガーザ、ただ仕事をするだけだ。

デスクに駆け寄って素早くログインする。来い、読み込め、奴らがすぐそこまで来てるんだ、ファイルをクリックするだけだ、早く、早く、もう奴らが後ろまで来てるんだぞ、行け—


逮捕報告書
ネバダ州ウェルズ派出所
逮捕者: カイル・ガーザ
罪状: 過重暴行罪
注記: 精神的に不安定である。地元の精神病院に移送され、妄想型統合失調症と診断された。現在治療中。
回収された証拠品のリストから抜粋:

  • 抗精神病剤のボトル1個。ほぼ満タン。
  • スーパーボール1個
  • 不明なタイプのアクションフィギュアが入った靴箱
  • バスのチケット1枚
  • トカゲ1匹。塩酸に水没した状態で発見。
  • マルチツール1個
  • 様々な種のカタツムリ数匹
  • 茶碗1個
  • 大統領の演説が録画されたVHSテープとベータマックステープ数個
  • 演劇の台本数冊
  • 歯ブラシ1本
  • 厳重に暗号化された外付けHDD1台

注記: 我々はまだ彼の家のゴミの山から証拠品を回収している最中です。既に回収とリスト化に一週間を費やしていますが、未だ終わりが見えません。

オマリー巡査

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。