SCP-2967(記録用:Australian Selkie / オーストラリアン・セルキー)
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-2967

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2967は生物学的保管ロッカー内の海水タンクに収容されています。対象は半年ごとに損傷や摩耗をチェックする必要があります。指定されたプロジェクトリーダーからの書面による許可なくSCP-2967を取り扱う、または着用することは許可されません。

SCP-2967-Aは極低温保管庫に保ちます。

説明: SCP-2967はミナミアフリカオットセイ(Arctocephalus pusillus)のなめし皮であり、面積はおよそ3平方mです。対象は粗雑なマントの形状に象られており、オットセイの歯を用いたファスナーが付属しています。実験によって皮と歯は遺伝的に同一であることが明らかになりました。

生きた人間がSCP-2967を首に固定すると、その人物はミナミアフリカオットセイに変身します。対象者には変身前の知性や人格を維持している様子が見られません。対象者のの健康状態は変身から約30分後に悪化し始め、異常に急速な臓器不全によって例外なく4時間以内に死亡します。脳死の直後から対象者の皮は肉体から分離し始め、20分以内にマントの形に戻ります(歯製ファスナー含む)。SCP-2967の実験は、全ての対象者が遺伝的に同一であり、マントに存在する明白に区別可能な模様がある同一のオットセイに変身することを示しています。

SCP-2967-A(以下2967-A)は極低温下で保存されている人間の遺体です。2967-Aは回収当時59歳だったオーストラリア出身の白人男性であり、拘留期間を通し肉体的に健康な状態を保っていました。2967-AはSCP-2967の元の所有者であり、財団の所有下に入ったのは両方同時です。

2967-Aは自分の首にSCP-2967を装着しても、完全に記憶と知性を保持することが可能であり、変身による悪影響を全く被りませんでした。オットセイ状態の彼は、遊び心・暴力性ともに、通常よりも抑制されていない振舞いを見せました。彼はいつでも自由に人間の姿に戻ることが可能でしたが、人格を失い始める恐れがあることから、6時間以上オットセイの姿を取ることには消極的でした。2967-Aを説得してオットセイ状態を8時間まで維持する実験が一度だけ行われましたが、予測通り、認知および合理的な思考能力の減退が示されました。人間状態に復帰した2967-Aは激しい苦痛を示し、実験が繰り返し行われることはありませんでした。

2967-Aは“身体がホームシックになるのを止める”ために、毎日最低でも500mlの塩水を必要としていました。少なくとも月に一度、2967-Aは協力と模範的行動の見返りとして、魚を導入した海水プールでSCP-2967を使用することを許可されていました。

尋問において、2967-Aは覚えている限り常にSCP-2967を所有していたと主張し、彼の異常性質を知っていたのは肉親だけであることが確認されました(彼の生物学的な子供たちはいずれも明らかな異常を示さず、別なSCP-2967実例を所有してもいません)。2967-Aは財団の管理下に数年間留まりましたが、人間時の姿が加齢する一方で、オットセイ状態の姿は時間経過による測定可能な影響を受けませんでした。

1991年、2967-Aは人間の姿で心停止を起こし、蘇生することが出来ませんでした。彼の遺体は直ちに極低温保管庫へと移されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。