もう一つの退屈な夜
評価: 0+x

注:このtaleを読む前に非日常の事件を読む必要があります。

クイン・マックアリスターは、誰かがやってきて何かしでかすのを待ちながら、標示のない乗り物に座ってドーナツを食べるのはステレオタイプな警察官だと感じていた。彼女のパートナーは今回は彼女の隣に座り、NPRを流しているラジオをいじくっていた。

クインのスレンダーで金髪の白人という外見とは対照的に、ダーネル・クリストマンは巨体の黒人だった。彼はクインにわずかにサミュエル・L・ジャクソンを思わせた…パルプフィクションに出演していた年くらいの外見からアフロと口ひげを抜かしたような。ダーネルは口ひげをそり落としていたのだ。FBIポリシーは、フィールドエージェントに一をおびえさせるような外見をさせない。

「四時間。」クインは言った。

「それに加えて、」ダーネルはため息をついた。「これに対面してる。彼は来ていない。スキッパーたちはやつをもう回収しているだろうな。」

「太平洋側のこちら側でもっとも巨大なスピリット・ダストの一味のリーダー、そしてスキッパーたちは彼を手に入れた。」クインは嘆息した。「でしょうね。」

「ときどきは彼らに対処させたほうがいい。君はゼインズビルで巨大アナコンダに殺されるところだった。」

「思い出させないで、」クインは少し震えながら言った。「彼らはわたしを引っ張り出さなきゃならなかった。屈辱的だったわ。」彼女は顔をこすって一息つき、シートにもたれた。「大丈夫、別のを試してみて。」

「それじゃあ…」ダーネルは目を細めた。「ケースファイル1939ー23。」

「…UIUにとって、人狼と遭遇した記録上の最初の実例。人狼は彼の頭にナイフが投げられたときに殺されたと言われている。」

「殺されたんじゃない、」ダーネルが彼女に訂正した。「普通に戻ったんだ。その前は、実際人狼として機能していた。」

「ファック。」クインは顔をこすった。「私の番。ケースファイル…1981ー42。」

「簡単すぎるな。コードネーム・ホワイトハット。テキサスでボウイナイフを使っていた殺人者たち。ナイフはいつも証拠から消え、次の犯罪現場に現れるだけだった。犠牲者はアラモの戦いの参加者と関わりがあった。」

「実在する証拠は?」

「ナイフについての幾つかの写真があった。それら全てがポラロイドカメラで、特別エージェントジャック・ミラーによって撮られていた。彼はー」

「フォックス・モルダーのインスピレーションじゃないのよ。わたしは信じないわ。」

「何故?」

「なぜなら1、ミラーはゲイ、2、彼はドゥカヴニーよりハンサム、3、スキッパーたちにそれを引き起こす方法はない、よ。」彼女はため息まじりに言った。「もう一つナチョをちょうだい。」

「はいよ。」ダーネルは彼女にトウモロコシのチップのボウルを手渡した。クインは一つ取り、むしゃむしゃと食べ、憂鬱そうなまなざしをした。「クイン?」

「なに?」

「どうしてそう振る舞うんだ?」

「何のこと?」

「君はスキッパーと張り合ってるのか?」

彼女は鼻を鳴らした。「それを聞くのはこれで100回目ね。答えは同じよ。スキッパーをファックしろ、それが理由。」

彼はため息をつき、彼の腕のほくろをつついた。「君の振るまいでは、君がやつらをヒトラーより最悪だと考えているように思える。」

「実際なにが違うの?」クインは少し辛辣なトーンで言った。「やつらは秘密警察を持ち、変わっていて望ましくないとやつらが判断した人間を自分たちの収容所に駆り立て、自分自身を善なる力だと勘違いしている…」彼女はため息をつきながら言った。「違いといえば彼らは卍のかわりに"SCP"の文字の形を使っていることだけ。」

「おやおや、マック。」ダーネルはチャンネルを古典的なロックの局に変えながら嘆息した。「彼らについて、いったい何が言いたいんだ?」

彼女は重く息を吐いた。「わたしがどうやって故郷について話さないようにしてるか知ってる?」

「ああ…」

「文字通り、出来ないからよ。」彼女は喉をこすり、小さくせきをした。「秘密協定にサインしたのを覚えてる?この仕事に就く前の?」

「ああ…そのうちの一つは野次馬(Gawker)との協定だ。'UN決議256ーA'とかなんとか。」彼は顔をしかめた。「何故?」

「それが…わたしに何かしたの。わたしはわたしたちがここで何をしているか誰にも話せない、スキッパーか、長官か、あなた以外には。」

「それなら、知ってるよ。」ダーネルは彼の鼻梁をつまんだ。「兄に仕事について話そうとしたとき絞め上げられているように感じた。君ももうちょっとしたら上手くやれる。嘘をつくのを学べ。」

「…わたしがそういうものにサインしたのはそれが最初じゃないの。」彼女はごくりと唾を飲み、喉、ちょうど発声器官のあるあたりにしこりを感じた。「わたしが言えるのはこれで全部、だと思う。」

ダーネルはクインをじっと見た。「マック…ここに来る前に何をしたんだ?」

「…いったい誰がだと言ったの?」彼女はフロントガラスを見てため息をついた。「あと一時間したら、司令部に連絡して完敗したと言いましょう。」

「了解。」ダーネルはフロントガラスを見、ラジオをいじった。「…そうだ、あー、ダニエルが街に戻ってきた。もしよかったら君とハーレーと俺たちで…ダブルデートとかどうだ?」

「いいんじゃない、」クインは言い、ハンドルを指でコツコツと叩いた。

朝刊の見出しはドラッグ製造グループのリーダーが駐在警官によって射殺されたというものだった。それがおそらく真実ではないという事実は、気持ちをさらに傷つけた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。