文書050
評価: -1+x

文書050

"██の研究員いたずら大戦争"

20██/01/██、カオスゲリラのエージェントによりSCP-963の強奪が試みられた際、ブライト博士は誘拐未遂犯を馬鹿にするために963の固有の能力を利用しました。ブライト博士は彼のオフィスに戻った際、彼を待ち構えている猿の像を発見しました。オフィスは彼の不在中に片付けられ、全てが整頓されており、生来だらしないブライト博士にちょっとした衝撃を与えるものでした。

さらなる調査の結果、次の事が判明しました――彼のオフィスが見かけ上は整頓されていましたが――彼のペンは全てインクの一滴も残らず空にされており、いくつかの重要書類はアラム語に翻訳されていました。

ブライト博士は直ちにこの新しいSCPの通常のテストを始めましたが、ライツ博士が(詳細不明ですが何かの仕返しとして)エポキシ化合物の半分を彼の机に塗りつけ、残りの半分で彼の道具も同じようにするまで、行き詰まっていました。この時点では、SCP-050は再び清掃を開始するとすぐ、ブライト博士のオフィスから姿を消し、ライツ博士のオフィスに再び現れました。

いくつかのテストの後、SCP-050は財団の科学者より賢いものが外部にいると証明されない限り、容易に封じ込めが可能であることが明らかになりました。 これはもちろん、財団の科学者の多くが、自分が"最も賢い"と主張するようになる、という結果をもたらしました。

そして"██の研究員いたずら大戦争"が勃発しました。


メモ050-A: ロクでもないことになる。 — O5-█


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。