文書1243-2からの抜粋
rating: +1+x

セクションA - 神話

実験番号А8
被験者: D-5456.
被害者: 国産鶏(Gallus gallus)。「ブラフマの光」を繁殖させたもの。
受信した情報: 寓話の本文。おそらく、特定の種類のものについて話していると思われる。


セクションB - 儀式と儀礼

注: 研究目的で実行が許可されているすべての儀式は、別途記載されています。

実験番号B5
被験者: D-5685
被害者: 妊娠18日目のグレーラット(Rattus norvegicus)
受信した情報: この儀式は、「子宮の秋」と呼ばれる儀式です。この儀式の一環として、儀式参加者が床、裁断、および身体に儀式のしるしをつけるための基本的な材料として、多量の人体排泄物(例を挙げるなら、いくつかの異なる源からの鼻粘液、糞便、尿、または膿など)を、[データ削除済み]と同様に使用すべきです。儀式に参加する人数は9人で、そのうち3人は音楽による伴奏を担当します。(D-5685は楽譜の読み書きはできませんが、必要な音楽の表記が添付されていました)胎児の解剖学、および生理学に影響を及ぼすように設計された何らかの方法で(受信できた情報は不足しています)、さまざまな女性性を持った儀式的行動を行います。儀式の最終段階では、新生児を一団で食べ、続いて、「神の呪われた母」と、「樹液の住人」と呼ばれる集団の祝福を受けます。


実験番号B8
被験者: D-5687.
被害者: ヒトデ(Condylura cristata)
受信した情報: 儀式は「山のシールの発見」と呼ばれる儀式です。儀式は確実に地下で行われなくては鳴らず、ほかには、2つの同心円状に並んだ決められたサイズの20ダースの岩や、それらの中での人身御供が必要です。この供物の跡、長い詠唱が続き、空間のトポロジーの大幅な変更が発生します(文書の完全なものの、Memklyar博士の理論計算を参照してください)。明らかに、空間の再構成の結果として、内側と外側の円は、儀式を行う人だけではなく、お互いに対して反発するため、より大きな円の石は、人々のグループに囲まれた小さな円の中に閉じ込められます。儀式の最終段階では、内側の円が合体し、「永遠の山を象徴する」とされ、その後、「封印が取り除かれ、存在の呼吸への道が開き、新しい信者の心と魂を明るく照らし、その知識を祝福する」とされます。


実験番号B9
被験者: D-5689.
被害者: ヨーロッパモグラ(Talpa europaea)
受信した情報: 儀式は、「地上の空間の道」とよばれるものです。B8実験で得られた儀式とは、多くの共通の特徴があり、特に、地下で行われ、トポロジーが変更される点も共通しています。ただし、儀式を行うために供物は必要ありません。さらに、儀式に参加できるのは3人以下であることは注目すべきことです。部屋に追加の観測者がいることは、容認されません。儀式の目的は、余剰次元への巡礼をして、帰還することです。
注: 儀式を行う許可が下りました。詳細は、プロトコル遠征1243-DZNを参照してください。


実験番号B15
被験者: D-5701.
被害者: ファイアサラマンダー(Salamandra salamandra)
受信した情報: 「最後の光の呼び出し」と呼ばれる儀式の不完全な記述。保持するための必要条件の中で、複雑な幾何学的構造の設計が示されており、D-5701は、「その腺が間違っている」と主張し、繰り返し書き直しを試みましたが、完全に再現することはできませんでした。儀式の目的と結果が示されていないのは注目に値します。


セクションC - 未分類

実験番号C3
被験者: D-5345.
被害者: 国産の豚(Sus scrofa domesticus)
受信した情報: "Parsoarst"と呼ばれるよどみに生息する偽生物種の1つに関する記述。実際には、それぞれのParsoarstは閉鎖サイクルでお互いを餌とする多数の固体の全体的な生態系であり、個体のそれぞれは永久に飢餓状態にあり、他者を犠牲にそれを回復させる。解剖学、生理学、および生殖に関する詳細は、全文を参照のこと。
この情報はすばらしいものだ。私にはそれが存在できるなんて到底信じられない。 – L██████博士


実験番号C7
被験者: D-5665、天文学者であった過去がある。
被害者: イエメニカメレオン(Chamaeleo calyptratus)
受信した情報: D-5665は非常に錯乱していて、彼の言葉によれば、星を確認するため、彼を星空の下に連れて行くようにと願った。それがかなえられたとき、被験者は数分間空を観察し、その後失見当識障害の兆候を見せ、ヒステリーを起こした。数日間の心理療法と鎮静剤投与の結果、D-5665は得られた知識を供述することができた。地球から見た空のどの部分にも該当しないいくつかの星図をあらわした後、彼は、「もう星は見たくない」とコメントしている。すべての星と星座が書き込まれていることは注目に値するが、その意味するところのかなりの数の名前が、「荒れ狂う神の洞窟」に関連しているものである。
注: この比較によって、地図上に見られる天体の名前と、B項の数々の儀式の占星術的条件の間の、多数の一致が明らかになった。


実験番号C12
被験者: D-5845.
被害者: キボシイワハイラックス(Heterohyrax bruceii)
受信した情報: 「受理されたハンセン病への覚書:適切な肉体敗北のためのハンドブック」と題された20ページのパンフレット形式の冊子。それには、病気の「適切な感染」にもっとも好都合な状態のリストを含む、オカルト的な行動を指示する█種類のハンセン病へのアプローチの仕方が書いてある。
…これはブラックジョークか何かか?それとももしかしてずっと続けられてるのか? – L██████博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。