文書OWi
評価: 0+x

以下はオカルト戦争i中に発生した様々な異常事件の概要と、現在の現実世界において対応する類似事象のエグゼクティブサマリーです。これらはO5評議会の最初の改変により、次の形式で纏められています:

事象:

説明:

現在の世界における代替事象:

オカルト戦争iの説明は次の通りです。

西暦における19世紀を通して発生した世界的戦争であり、ヨーロッパ(ナポレオン戦争)、東アジア(ダエーバイト征服戦争)、アメリカ大陸(アメリカ南北戦争)で起こった3つの異なる紛争を纏めたものである。IK-クラス“世界文明崩壊”シナリオに繋がる、異常なオブジェクトを公然と使用していたことも注目に値する。

オカルト戦争iとその結果の詳細については[編集済]を参照して下さい。


ヨーロッパ・ロシア

事象: 裏ロンドン提案

説明: 超常現象の確保収容に関する王立財団による避難計画が英国議会に提出され、内容はこれによりフランスによるブリテン島侵攻の可能性を考慮して、ロンドンの住民が地下の避難所に避難するというものである。提案はその実用性が無く、アイルランド及び他の支配地への代替避難が比較的容易であったために却下された。

現在の世界における代替事象: 裏ロンドン提案は英国議会に提出されなかった。しかし“裏ロンドン”という言葉は、SCP-1678の指示対象として使用されている。

事象: ウラル戦線

説明: フランス主導の大陸制度とダエーバイト帝国との、ウラル山脈における一連の戦い。この期間中ロシアは大陸制度に加勢し、主にグリゴリーとのロマノフ朝協定を通じた援助を行っている。

現在の世界における代替事象: フランス第一帝政は代わりにロシアへ侵攻し、SCP-2617-A実体がその反撃に使用された。

事象: サモトラケ異常

説明: [O5-1に限りアクセス許可]

現在の世界における代替事象: SCP-1173を参照


北アフリカ・中東

事象: フェリポーの危機

説明: 仏領レヴァントにあるクレーターに由来する噴火により多数の実体が出現し、その後地元住民やフランスの占領軍を襲撃した。目的の定まらない動きをしていたため、何体かの実体はフランス軍によって捕獲された。

現在の世界における代替事象: 発生せず。代わりにピカール・ド・フェリポー大佐はナポレオンの命令に従いSCP-1844を収容した。

事象: テヘラン疎開

説明: ダエーバイトによるテヘランへの急襲の中で、市民の90%が都市から疎開した。シャー・ナザー・アル・ディンは、市内のラビによるユダヤ教徒コミュニティや先祖から伝わるタクウィンによって召喚されたゴーレムの助けを借りて脱出することが出来た。

現在の世界における代替事象: 前述のタクウィンSCP-2067であると考えられ、シャー・ネザー・アル・ディンはこれを認識していたと思われる。これまで、テヘランの民衆の避難に関する言及は知られていない。

事象: ヤジュジとマジュジの侵略

説明: オスマン帝国の侵略に失敗した後、ダエーバイト軍は意図的に後退することでズルカルナインの鉄壁を破壊し、“ヤジュジとマジュジ”の軍隊による中東侵略が引き起こされた。甚大な損失を被ったオスマン帝国軍はこの侵略者を撃退し、フランスの従属国家であるイオニア王国のネオ・グノーシス主義技術者の助けを借りて、ズルカルナインの鉄壁を再建した。

現在の世界における代替事象: ズルカルナインの鉄壁はSCP-2309として収容されており、これまで既知の収容違反は発生していない。


北アメリカ


東アジア


インド・東インド諸島

事象: ブラフマーストラの配備

説明: 英領東インド会社とムガル帝国の協力の下ヒンズー教のオカルト信者達がデザインした武器であるブラフマーストラを、ラージャスターン州西部への配備に初成功した事象。この配備は、アフガニスタンでのダエーバイトの疑いがある活動に対応して発生した。

現在の世界における代替事象: ブラフマーストラや類似の武器が配備された例は知られていない。ブラフマーストラは1つの実例のみがSCP-1444として財団に収容されている。配備場所は仏陀の笑顔が実験された場所と一致している。


非戦闘地域

事象: ケチュア族の反乱

説明: ペルーの大統領選で反乱を煽動した知性のあるアルパカに関する又聞きの報告。煽動者はインカの宗教を国教にすることを主張した。反乱の結果は不明。

現在の世界における代替事象: ペルーは19世紀にスペインから独立を宣言した。インカの宗教を国教として強制しようとはしていないため、SCP-1253の関与は最小限であるか、または重要ではないと考えられている。


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。