文書SCP-1514-RM4
評価: 0+x

回収したUIU文書

品目#258検査の音声記録

場所: ネバダ州グルーム・レイクの米国空軍施設

前書: 品目#258はエクスカリバー計画- ██によって開発された未使用の人工衛星であり、SDI-██システム"Xye"の為に開発された。この検査は品目#234(SDI-██システム"Xye"の中心的な構成要素)への理解に繋がる情報の収集と、その修繕を目的とし実行する。"R"と"N"は宇宙探査の経歴を持つ工学技師である。"E"と"A"はこの処置を監督する捜査官である。

<記録開始>

R: このパネルからはパイプが見当たらないぞ…ただ見せかけか?

E: おそらくそうだろう、まだどうやって動いているかさえ判っていないんだ。

N: 上方のアクセスポイントを開放する。

金属音が聞こえる、"N"から唸り音が伴う。

N: 何だこれは-?

R: うわ-そりゃか?

N: 違う、血より明るく不透明だ、そして-

鋭い呼吸音が聞こえる。

N: 鉄のような匂いだが、これは違う。

A: どんな匂いなんだ?

N: 分からない。R、こっちに来てくれ、ラボにサンプルを持って行ってくれ。

R: 了解。

"R"が退出する音が聞こえる。

N: 検査を続ける。

湿った柔らかい音が聞こえる。

N: 部品23、24、27…が紛失している。驚きはしないが、すべての太陽エネルギー転換の為の部品が無くなっている。多くの配線がある、必要以上にだ。光ファイバのように見え、すべて淡い灰色をし、きつく束になっている。待ってくれ…電荷がない、ということは電気系ではない…ここは妙に暖かいな。

E: 内部温度は?

N: …摂氏37度だ。

A: その中は-

N: 98度。

A: …奇妙だな。

N: 確かに奇妙。本当に多くの配線がここにあり、元々の部品がかろうじて少し見えるぐらい-待ってくれ。

E: どうした?

N: 何かを…見つけた、これは私が認識する限り部品ではないと思うが-嘘だろ、これは-

かき回して探す音が聞こえる。

N: これは乱れていて-容器を形成していて、私にはこれが何で出来ているかは分からないが、金属ではない…配線はこの物体に集まっているようだ。

A: 大きさは?

N: おそらく幅最大25cm、厚さ最大15cm…とても軽い。

A: 何-

N: 暖かい。

A: 同じ温度か?

N: 暖かい…

A: N?

E: N、大丈夫か?

N: 十分にあったかいかしら?

E: N、何を-

N: さあ眠りましょう…あったかく心地よい…

A: クソ。

E: 彼を外へ出すんだ。直ぐにだ!直ぐに彼を出すんだ-開放しろ!

大きな鞭の音が聞こえる。"N"は泣いているか、笑っているようだが、不明。

A: ああ、そんな-

E: それを彼から引き離すんだ-

A: 更に長くなっている-

E: これは光ファイバじゃない-

N: [データ削除済]

E: 彼は誰の事について話したんだ?!

A: 配線を切れ!

<記録終了>

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。