支配
評価: +1+x

Badgaiが別のテロリストの一団に向かっていったとき、小さなラウドスピーカーからやかましい音が聞こえ始めた。警報はその目的を果たし、シューティングゲームを中断させ、彼はいらだった。

クソが!なんで今なんだ。

彼はすぐに椅子から飛び上がり、まだゲームをしていたノートパソコンを閉じた。彼はすぐに横にある訓練用のベンチへ移動し、 ひそかに毒づいた。彼は急ぐ必要があった。時間はあまりない。

Bagdaiが148kgの鋼鉄の塊を持ち上げていたとき、別の耳障りな音が部屋を切り裂いた。信号を聞いて、彼はできるだけでかい声で叫んだ。

42!!!

そのあとも彼は、数字をを叫びつづけた。彼が48を数えたとき、コートの男が室内に入ってきた。彼は年老いていて、扁平な髪型で、大きなしわがあった。彼の顔には、老いだけではなく、ストレスも刻まれていた。

—お取り込み中失礼します…—

クソが!俺が何やってんのか見てわかんねえのか?

侵入者に向かってBadgaiはうんざりしてそういった。怒りをあらわにしながら、彼はボディを脇に投げた。床に轟音が響き渡り、博士の注意をそらした。彼の気がそれている間に、Badgaiは怒りを抑え、深呼吸をした。

侵入者が不安げな顔をしているのを見て、Badgaiは反撃に出た。

何のようだ

— あなたの力が必要だ。強力な現実改変者が現れて、それが世界の平和を脅かしています。あなたは私たちの唯一の希望なんです。 —


彼は、彼が命を売ったことを気にしていなかった。彼は、彼の家族の血を流すということに同意することを気にしなかった。彼は、自分が牛乳アレルギーなのを気にしなかった。まぁ、彼は牛乳のことをあんまり気にしなかった。 彼は十分に牛乳が好きだった。特に朝食のチョコフレークにかけたり、夕食に飲んだり。

しかし、彼は今、世界の覇者™だった!彼は彼の望みのままのことをすることができた!彼はすべての存在を絶対的に支配した!牛乳アレルギーさえなければ彼は神だっただろう!そして、地獄の深みへの門を開き、潜在的な支持者を殺害したという事実さえなければ。彼は失望していた。炎を上げて落ちていくボールはかなり不正確で、刃は予想以上にブレた。超スピードには、超ブレーキやら、超安全性やらというものは含まれて居なかった。言うまでもなく数秒で人々は逃げ出し、彼らは隠れたり、あるいは死んでしまったりした。彼が世界を征服しようとしたのは、そういうことのためではなかった。それにもかかわらず、この結果は満足のいくものだった。

— ひざまずけ!私は宇宙の支配者™だぞ!—

宙に浮いてそう叫んだが、人々は聞いていなかった。なぜなら彼らはパニックで叫んでいたからだ。


MR-2000オペレーティングシステムは、財団のもっとも貴重で最も効果的なツールです。最高の技術、最高品質の以上能力、そして人間の中で最高のものと組み合わせて、非破壊的な機械が作られました。これは、財団が直面するあらゆる脅威に効果的に対応ができます。MR-2000システムは、2000年からXKクラス世界終焉シナリオを効果的に阻止してきています。Arjunaとの衝突の被害はすぐに修復され、プロジェクトは成功したと判断されました。


アーマーの着用は、完全に自動化された手順によって行われた。Badgaiがしなければならなかった唯一のことはたっていることだけだった。もちろん、彼のことをよく知っている研究員は、Badgaiが退屈してもセグメントを設定できるように、適切な調整を導入した。その間、天井がスライドして開き、財団の外部エージェントが航空機のフライトをリダイレクトし、無償のMRルートが確保された。

すべての部品が接続され、伝達が確認され、状況の概要が提示されて、タバコをくわえると、すべての操作がBadgaiに委譲された。彼はラックからライフルを拾い上げ、マイクが十分に近くにあることを確認してから、それをリロードした。スピーカーで増幅された機械的な音がホール全体に響き渡る。コンピューターの前にいる5人の従業員は、アクティブなマイクをアーマー内のものに切り替え、MR-2000の打ち上げ作業の完了を待機していた。

われわれはこの難しいことを必ずやり遂げることができる…。いつもやっていることだ。


宇宙の支配者™は、彼の行動の結果を見回して、しばらく征服と大虐殺を中断した。あまり多くの血は流れなかったので、思ったほどの被害はなかった。明らかに、彼は破壊についてまだまだ学ぶことがたくさんあった。好ましいのは、最高の軍事ユニットに近い、より大きなクラスター爆弾を見つけることだった。

彼は無限の力を約束されていた。彼の目標は星を破壊することだったのだが、小さな町ひとつで疲れていた。それは楽しいものだったが、期待したほどのものではなかった。それらは、憎しみの本質である神話的な禁忌や、単純な悪ⓒの純粋なエネルギーを求めるべきかどうか、彼に悩みを抱かせ始めた。スーパーパワーを持つ男としては、彼はまだいくつかの制限を持っていたが、彼はそれを受け入れなくてはならなかった。

彼は遠くに落ちてきた物体を見つけた。長くて明るい輝きを放って、その神秘的な物体は、空を明るく照らしていた。それは、地球に向かって飛んでいた。

星だ!流れ星だ!

宇宙の支配者™は、落ちる星を眺めるのに多くの伝統がそうするように、願いを考えることも、赤ちゃんを探すこともしなかった。彼はできるだけ大きく(彼の力はこのことに関しても無限ではなかった)微笑んで、彼は高笑いをした。

— そうだそうだ、私はいかにも宇宙の支配者™だ。宇宙の王の私が叫べば、星が喜んで曲がるのだ。―

彼は、星が彼の方向に向かって落ちてきていることに気づかなかった。

そして、それは星ではなかった。星がアーマーに身を包み、銃を握っているものなのではない限り。


技術、異常存在、男性の複雑な組み合わせと、2000人以上のプロジェクトスタッフの支えにより、われわれは「人工現実」と呼ばれる技術を成功に導くことができます。MR-2000は任意の存在もしくはオブジェクトを、制御された世界に次元と時空の両方で移動させ、利用可能な任意の武器を持って戦うことができます。現実のコントロール担当者と協力して、MR-2000の操縦者は、あらゆる可能性のある脅威を克服し、同等のルールでの戦いを減らしたり、彼の行為で行動したりすることができます。人工現実では、異常存在の優位性は一切考慮されません。


傷病者となり、脚を失い、脊椎の4箇所の骨折をしていたにもかかわらず、宇宙の支配者™であるとされる人間は、彼にそれをした人間を見据えていた。それは重いアーマーをつけ、ヘルメットの後ろに隠れた顔で、横たわっている犠牲者を見下ろしていた。

それはこんなはずではなかった。それに固執していない、と彼は思った。救世主の到着の前には、常に古代の予言があり、選ばれた人は、奇跡的に命を免れなければ鳴らなかった。最後の戦いでは、敵対者の不愉快な独り言の後、彼は奇跡を起こすことができるのだ。

この男は、ここで、すべてのルールを破った。

— お前はなんなのだ、なぜお前は私より強い?―彼の陣所の瞬間に、宇宙の支配者™はたずねた。

疑問、永遠の疑問だ、とBadgaiは思った。どうしてこういうやつらは常に最後にロマンチックで弱弱しくなきゃならないんだ?なんで毎回こうなんだ?

彼は、彼のヘルメットを明けると、Olsenの横たわっているところにタバコを吐き捨てた。スーツの内側からロックンロールの音楽が流れていた。

てめえは俺が殺すときに死ぬんだよ!


特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。