ギアーズ博士の人事ファイル
Drgears.jpg

SCP-███で作業中のギアーズ博士

ギアーズ博士 (人よんで「歯車人間 (COG)」)


Euclidクラスの専門家

セキュリティクラス: [削除済]

任務: 実地評価、現地回収、SCPの開発と評価、研究


履歴:

財団は初期の頃からギアーズ博士に接近しました。博士は当時から、数件の回収および収容プロジェクトを支援し、いくつかの案件、特に [データ削除] の際には貴重な提言をもたらしてくてました。

ギアーズ博士は通常のヒトで、ゆえにSCPによる汚染を特に回避します。しかし、彼は主に感情的な反応の観点で、特筆すべき差異を持ちます。博士は外からの刺激に対し、ごくわずかな例外を除き、感情的な反応ができないようです。また、博士は驚きに対する反射機能と「闘争か逃走か (fight or flight)」反応の基本型が欠如しているようです。例えば、[データ削除]。内出血やかすみ目の両方を負ったにも関わらず、ギアーズ博士は落ち着いて試験の終了を要求し、30分後に内科病棟へ自力で歩いて行きました。

これらの特異性について尋ねられると、博士は「私はプレッシャーに強いんだ」と答えます。職員のうちの何人かは博士はロボットかSCPではないのかと尋ねます。そのような質問はギアーズ博士本人に直接訊くべきでしょう。


年次評価面談の抜粋:

O5-██: [データ削除]

ギアーズ博士: いいえ、「問題が我々にもたらされた」のではありません。何ら問題はありません。データを吟味してください、ほとんどのSCPが積極的に害を与えようとしているわけではありません。これはSCPの基本機能の延長であり、車が排気ガスを出すようなものです。いくつもの有毒薬物を害をもたらすために産み出しているという傾向はありません。これはSCPの機能の1つに過ぎません。

O5-██: [データ削除]

ギアーズ博士: ごくわずかな例外を除き、違います、私はこれらがそうであるとは信じていません。我々がこれらの存在すること自体を怖がっているだけです。他の生き物はこれらを子どもの玩具か点火プラグのようにみなすでしょう。これらの世界から取り除かれます。

O5-██: [データ削除]

ギアーズ博士: どうして我々のもとに送られたのか? 我々は全員「マーズ・アタック!」のカードを片付けて現実に戻らなければなりません。我々は攻撃されてはいません。我々は「最終防衛ライン」ではありません。我々は新時代の嚆矢にもいません。誰も我々にとって問題ではありませんし、誰も我々を救おうともしません。これらはただそこに在るために在り、することをするのです。我々が偉大な計画や潜在的な理由があって欲しいと考えることが、我々の抱える問題だと考えます。我々は孤独で、この宇宙は我々を何とも思ってません。少なくとも、私は心からそうしないことを願います。


現在の課題:

SCP-882 - 機械
SCP-053 - 幼女
SCP-409 - 伝染性の水晶
SCP-718 - 凝視眼球
SCP-162 - とげとげの塊
SCP-238 - 複合建造物
SCP-455 - 貨物船
SCP-015 - 悪夢のパイプ
SCP-682 - 不死身の爬虫類
SCP-914 - ぜんまい仕掛け
SCP-028 - 知識
SCP-104 - 孤独な球体
SCP-184 - 建築家
SCP-172 - 歯車男
SCP-201 - 空白世界
SCP-212 - "改善"手術台
SCP-217 - 時計仕掛けのウィルス
SCP-236 - 擬態"ガニ"
SCP-229 - 電線草
SCP-261 - 異次元自販機
SCP-280 - 暗闇の中の眼
SCP-293 - 強迫観念
SCP-352 - "バーバ・ヤーガ"
SCP-386 - 不滅の真菌
SCP-470 - 繋がれた廃墟
SCP-510 - 柔らかな死
SCP-575 - 人食い闇
SCP-775 - 腹ペコマダニ
SCP-716 - 列車
SCP-367 - 小さな犬
SCP-791 - 水の珠
SCP-084 - 空電の塔
SCP-106 - オールドマン
SCP-673 - 細胞組織
SCP-695 - ウナギ
SCP-1013 - コカトリス
SCP-197 - Crystal Spiders
SCP-216 - Water Absorber
SCP-039 - The Parasite
SCP-306 - Frog Rot
SCP-527 - 死のブロック
SCP-218 - ヤツメウナギ群体
SCP-406-ARC- 謎の生命体

補足文書:

インタビュー882-1
ゴードン・リチャーズの個人記録
ポール・マーティンの個人記録
ギアーズ博士の個人記録
実験記録187-1
実験記録914
アップグレードログ
事件076-2/682のアーカイブ
実験記録T-98816-OC108/682
CoTBG "Bible" Fragments
セル-3から回収された文書
レベルB-8保管庫で発見された複写本

追加文書:

ギアーズ博士の作業方針
文書8668206-DG
Dr. Gears storytime entries
Electronic Shadows project

Perfection - Mr. McCredie and the former SCP-138
Epitaph──墓の上に── - アイスバーグとギアーズの会話が実り多くなることを……
王は死んだ - もしも…
ストレージレベルB8から発見された転写 - 他の偽装情報は?
Clockwork Time - Who can say what you might find, if you look back far enough?
破片 - 「人は一人では生きていけない」

  • 最初の一手 - ときどき、君は自分でも気が付かないうちに上手にゲームを開始する。
  • Queen to Pawn - Every piece is useful, somehow.

The Lockdown - Containment breach incident of SCP-110

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。