マン博士の人事ファイル
mann-by-sunnyparallax.jpg

"エヴァレット・マン博士、外科医、科学者、紳士。"
画像提供: Sunny Parallax

氏名: エヴァレット・マン博士

セキュリティクリアランス: 2

職務: 医学研究員

履歴: エヴァレット・マンは伯父、というよりは一人の型にはまらない医学研究者に育てられました。同僚たちをはねつけ、この大マン博士は甥を自分の後継者として育てました。彼は田舎の診療所でひっそりと、貧困者に対して非人道的な実験を施すのを幼い少年に手伝わせました。

結局彼は逮捕され、投獄され獄死しました。幼いエヴァレットは次々と里親の家をたらい回しにされました。彼は他の子どもたちにからかわれ、とうとう彼が心配しはじめたように完全に孤立しました。エヴァレットは自分が他の子どもたちと違うことを分かっていましたが、なぜそうなのかは理解しませんでした。彼は打ち解けようとしましたが、どうしてか彼の努力は実りませんでした。

18歳になると、彼は伯父の遺産を相続しました。遺産は十分な額であり、[編集済]大学の入学に使用し、彼はそこで最終的に[編集済]。大学は示談の末彼に学位を認可し、彼は研究課程を始めました。

博士号を取得するまでに、既に神経外科の分野で名を馳せておりましたが、未だ厄介者だとみなされていました。財団職員と接触したのはこの時です。職員たちは公売に出された家に隠された伯父の文書の一部に興味を持ち、伯父の保管室を調査する許可を得ました。保管室で彼らは[編集済]を止め、マン博士と職員の1人は負傷しました。マン博士は部屋に保管されていた古い装置と、そして伯父に教わった技術を利用し自身と職員の命を救いましたが、副作用がいくらか残りました。財団はこの若い博士に関心を持ち、数週間後に適切な地位を約束し勧誘しました。

彼は大きなカイゼル髭とマトンチョップ髭1でほとんどの研究者と簡単に見分けられます。

SCPs:

SCP-J:

Tales:

The Lombardi Tales

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。